「モテる」の意味とモテの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「モテる」の意味をあなたは知っているでしょうか。

「モテる」恋愛だけではなく、今はさまざまなシーンにという言葉は使われています。
今回は「モテる」の詳しい意味と、さまざまなモテの種類について解説します。

「モテる」の意味とは?

「モテる」の意味とは、異性から恋愛感情を抱かれている状態のこと。例えば男性が女性に「モテそうだね」と言うのは、「女性として魅力的だね」「男性からの誘いが多そうだね」という意味になります。

しかし、現在「モテる」の使い方は多様化しています。

例えば、「子供にモテる」「同性にモテる」「中高年にモテる」というように、恋愛以外のシーンにも使われることが増えました。

「モテる」は恋愛市場において異性から人気がある場合が主な使い方ですが、「人気者」「多くの人から好かれている」「交換を持たれる」という意味でも使われています。どちらにしても、「モテる」は褒め言葉と受け取って間違いありません。

「モテ」の種類

「モテる」と言っても、対象はさまざまです。「モテる」の意味をもっと詳しく知るために、モテの種類について解説します。

恋愛で不特定多数にモテる

「モテる」のイメージに最も当てはまるのが、不特定多数にモテる「モテモテ状態」でしょう。女性ならば可愛くて笑顔いっぱい、社交的で明るく、各方面から誘いの声がかかり、告白されること多数といった感じです。モテたい人から見れば、「羨ましい」の一言でしょう。

しかし、不特定多数にモテる=幸せとは限りません。不特定多数の内容によってはトラブルが起こりやすくなり、本人の幸福感は低くなってしまいます。現実は厳しく、ドラマや漫画のように「お姫様的モテモテ状態で、美味しいところを総取り」というケースは稀です。

恋愛で好きな人にモテる

いわゆる「相思相愛」の状態です。恋愛で幸せになるためには絶対に外せないモテになります。不特定多数にモテても、自分の好きな人にモテなければ、意味がないと言っても過言ではありません。

また、好きな人からは継続的、永続的にモテるのが幸せの道につながります。一時的に好きな人にモテても、その時期を通り過ぎて気持ちが離れると、恋愛は悲しい結末を迎えるだけ。結婚でも同じです。

恋愛で好きじゃない人にモテる

意外とあるあるなのが、全然好きじゃない人からなぜかモテるという現象です。「好きじゃないからこそ意識せず自然体でいられるため、それが相手に好印象を与える」というのが良くある図式になります。

好きじゃない人からモテたのがきっかけで相手と向き合い、幸せになるケースもあるでしょう。しかし、多くは「好きになってもらえたのに、自分は相手を好きになれない」という問題にぶち当たります。

家族にモテる

恋愛以外でもモテるシーンは多数あります。「家族にモテる」は、主に親子間や兄弟姉妹間に起こる現象です。シンプルに表現と「家族と仲が良い」となります。家族に気を使い、家族の言いなりになるのは「家族にモテる」とは言いません。

ちなみに、家族と言っても夫や妻は別格。こちらは恋愛関係の先の世界になります。しかも、元々恋愛関係だったため、今更「モテる」という表現を使うのが照れ臭く、新婚やラブラブ夫婦以外からは敬遠されるワードです。

友達にモテる

友達から好かれ、誘いの声が多くかかる状態です。相談や秘密を打ち明けられるなど、友達から頼りにされる場合も「友達からモテる」となります。社交的で顔が広い人気者のイメージがしっくりくるでしょう。

しかし、友達からの「モテ」に人数は関係ありません。その場にいる人と楽しい時間を共有デキたり、親友と呼べる人と一緒に過ごしたりするのも、充分モテていると言えるでしょう。

目上の人にモテる

先輩や上司、学校の先生などから好印象を持たれるのが、目上の人にモテている状態です。学生ならば、「関心・意欲」の評価が高い、先生から良く誉められるなどが該当します。先輩や上司のモテる人は、良く面倒を見てもらえたり、仕事でもプライベートでも声をかけられやすかったりするのが特徴です。

仕事や勉強で高評価を受けたい、成功したい人には不可欠なモテになります。やはり、目上の人から好かれると、圧倒的に物事を進めやすいです。

目下の人にモテる

学校や職場の後輩など、自分より年齢や立場が下の人にモテる状態です。目下の人から多大な信頼を受け、頼りにされる存在になります。

穏やかで優しいイメージがあるかもしれませんが、目下の人にモテるのに恐さや優しさは関係ありません。好かれているだけではなく、尊敬されているか否かが重要なポイントです。

子供にモテる

なぜか子供に好かれる状態です。知らない子供から話しかけられたり、親戚の集まりなどでいつの間にか子供に囲まれていたりします。大人にモテるのとは違い、「見るからに優しそう」「物腰が穏やか」「優しい雰囲気に満ち溢れている」が必須条件です。

万人にモテる

恋愛シーンに限らず、ありとあらゆる場所で多くの人から好感を持たれる状態です。クセがなく、礼儀正しく常識的で、誰にでも合わせられる柔軟で器用な人が多いです。

万人からモテると、どこへ行ってもすぐに馴染むので、本人のストレスはかなり少なくなります。どのような環境でも適応できる順応力が高く臨機応変な性格は、社会で生きていくのにかなり有利なスキルと言えるでしょう。

限られた人にモテる

万人にモテるのと対極にあるのが、限られた人にモテる人で、誰もが必ず当てはまります。人の好みや価値観は千差万別。どんなにマイノリティでも「そこが好き!」という人が必ずいます。限られた人にモテている実感は、幸福感に直結する大切なことです。

「自分を好きな人なんて1人もいない」と言うなら、まだ巡り合ってないだけ、もしくはあなたが気付いていないだけ。人間はそんなに単純ではありません。

厄介な人にモテる

厄介な人とは、あなたを搾取したり、利用したりする人のこと。そんな人には自ら近づきませんよね。しかし、なぜか厄介な人ばかりにモテてしまう人がいます。

厄介な人ほど自分が得する人間関係を好み、それが実現できる人を吟味して狙いを定めます。心優しく人が好く、不穏な空気が苦手で断れないタイプは、厄介な人にとって格好のターゲット。いわゆる「性格が良過ぎる人」は注意が必要です。

自分が幸せになるモテを探そう!

「モテ」は恋愛に限ったものではありません。人間関係全般に関わるのが「モテ」です。あなたに好意的な人が増えれば居心地が良くなりますし、何かとやりやすくなります。

自分の性格や特性、特技や好みをしっかり把握し、どのようなモテが幸せにつながるのか考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*