女性からの告白がありの理由!告白するタイミングと方法も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな人がいても、女性からの告白はためらいますよね。
勇気が必要だし、断られたら今までの関係が壊れそうだし、何よりやっぱり男性から告白してほしいというのが本音でしょう。

だけど、告白しないと横から好きな人を取られちゃうかも!
それに、今は男性に恋愛のリードを期待するのは酷な時代です。
好きな人がいるなら、女性から告白した方が上手くいく可能性が高いんですよ。

今回は、女性からの告白が大いにありの理由を解説!
女性から告白するメリット、タイミング、告白のコツも教えちゃいます。

女性からの告白がありの理由4つ

女性からの告白が大いにありの理由は、デメリットがほとんどないからです。
「告白して気まずくなるのが恐い」と思うかもしれませんが、仮に断られてもあなたがその後の行動に配慮すれば、良い関係を継続できます。
女性からの告白がなぜありなのか、具体的な理由を解説していきましょう。

告白する男性が減っているから

「男性は好きな女性に積極的。自分を好きなら告白してくれるだろう」と思ったら大間違い。
今は、自ら告白する男性が減っているのです。

以下のデータが、草食男子、絶食男子の増加を物語っています。

恋人がいる人の割合【20~30代男性】

  • 恋人がいる:20代31.7%、30代24.6%
  • 恋人がいない(異性と付き合ったことはある):20代28.8%、30代39.5%
  • 恋人がいない(異性と付き合ったことがない):20代44.3%、30代30.8%

引用:https://souken.zexy.net/research_news/love.html
出典:ブライダル総研「恋愛・結婚調査2019」

なんと!20代で10人中約4人、30代でも10人中約3人が交際未経験!
ごく普通の恋愛歴を辿っていると思いきや、あなたの好きな人は恋愛レベルゼロの可能性もあります。
もしも、見た目に寄らず恋愛未経験ならば、「自分から女性に告白」は非常にハードルが高いですよね。

また、こんなデータもあります。

恋人がいない理由【男性】

  • 出会いがないから:53.4%
  • 異性との出会いの場所がわからないから:35.7%
  • 異性に対する魅力に自信がないから:32.5%
  • コミュニケーション力に問題があるから:28.5%
  • どのように声をかけてよいのかわからないから:27.1%
  • どうしたら恋人になれるのかわからないから:26.5%
  • 容姿が劣っているから:25.9%
  • 今は好きな人がいないから:25.3%
  • 恋愛交際の進め方がわからないから:23.6%
  • 性格に問題があるから:21.5%
  • 経済的な問題があるから:21.3%
  • そもそも恋人はほしくない(作ろうとしていない):7.8%

引用:https://souken.zexy.net/research_news/love.html
出典:ブライダル総研「恋愛・結婚調査2019」

今時の若者の自己肯定感の低さが露呈した結果になっています。
男性は「恋愛したいけど、そんな力量が自分にはない」と、自信喪失状態。
しかも、恋愛の仕方がわからないのです。

あなたの好きな人が、彼女が途切れないモテモテ男子なら話は別ですが、一見ごく普通に見える男性でも、根底に恋愛へのコンプレックスを抱えているケースは少なくありません。
そんな彼らに「好きだから私に告白して!」と期待するのは、如何に酷なことかわかるでしょう。

もちろん、好きな人のタイプに寄りますが、今は女性が「私と一緒に恋愛勉強しよ!」と、優しい気持で告白した方が、関係が進展しやすいのです。

告白した後悔よりしない後悔の方が大きいから

告白した後悔は、「フラれて辛い」「気まずくなった」と、一時的なものに過ぎません。
多くは時間が解決してくれます。
しかし、告白しない後悔は「あの時告白していたら別の未来が待っていたかもしれない」という期待を伴うため、引きずりやすく大きくなります。

以下のようなデータでも、告白した後悔よりしない後悔の方が大きいことを表しています。

  • 告白して振られて後悔したことがありますか?:ある23%、ない77%
  • 告白をしなくて後悔したことがありますか?:ある52%、ない48%

引用:https://www.unilever.co.jp/news/press-releases/2011/the-survey-results-announced.html
出典:ユニリーバ・ジャパン「恋愛と告白に関する調査」

上記の調査では、お互い両思いだと思っていたけど、告白がなかったため自然消滅した経験者が約3割いるという結果も出ています。

告白していれば好きな人と付き合えた可能性が高かったのだとしたら、後悔してもしきれませんよね。
やはり、好きな人がいたら、性別を問わず気持ちを伝えた方が良いのです。

積極的に恋愛した方が彼氏できる率が高いから

告白した方が彼氏ができる率が高いのは、以下の統計が証明しています。

告白した平均人数【女性】

  • 恋人がいる:1.3人
  • 恋人がいない(異性と付き合ったことはある):1.1人
  • 恋人がいない(異性と付き合ったことがない):0.3人

告白した人のうち、OKだった平均人数

  • 恋人がいる:0.8人
  • 恋人がいない(異性と付き合ったことはある):0.7人

引用:https://souken.zexy.net/research_news/love.html
出典:ブライダル総研「恋愛・結婚調査2019」

告白経験者の方が過去も含めた恋人がいる率が圧倒的に高いです。
また、告白成功率は6割以上もあります。

告白しなければ、交際に至らないかもしれないのですから、この確率なら告白で勝負をかけるべきと言えるでしょう。
どちらにしても、恋愛に積極的な女性の方が、彼氏いる率が高いのは間違いありません。

告白されて嬉しくない男性は稀だから

断言しますが、告白されて嬉しくない男性は稀。
殆どの男性が、OKするか否かは別として、女性からの告白は嬉しく思います。
なぜならば、モテた実績になるから。
男性とは、モテたい生き物なのです。

もちろん、「断らなければならない」「傷つけないためにどうすれば良いか」と、悩んだり困ったりする男性はいるでしょう。
しかし、それと喜びは全くの別問題。
「断ったら死を選ぶ」「断ったらキレて命を狙われる」みたいな極端な例は別として、とにかく男性としてモテるのは嬉しいのです。

だから、「告白したら迷惑かも…」という心配は無用。
好きな人が喜んでくれる好意なら、ためらう理由はありませんよね。

女性から告白するメリット

女性から告白すると、あなたにも多くのメリットをもたらします。

最大のメリットは、好意が伝わり男性があなたを意識し始めること。
男性は特に察する能力が弱いので、あなたが好意のサインを見せても気付いていないケースがあります。
告白して、初めてあなたを女性として意識し、恋愛感情の芽生えのきっかけになるかもしれません。
一度告白を断られても、それがきっかけで後に交際が始まるカップルもいます。

告白を完全に断られてしまっても、「悔いが残らない」というのは大きなメリットです。
可能性を打ち砕かれてダメージを受けますが、だからこそ次の恋愛に目を向けられます。
どんな失敗も経験になるため、立ち直った後は以前よりポジティブに恋愛できるでしょう。

更に、告白を達成することで、今後の恋愛が能動的になります。
白馬の王子様は女性共通の憧れですが、リアルで受け身の恋愛をすると、自分の要求を上手く伝えられず、恋愛に不満や不安が溜まりやすくなります。
しかし、告白して自分で道を切り開く経験を積むと、「自分はどうしたいか」「好きな人とどうなりたいか」「2人でどのように幸せになりたいか」を深く考えられるようになるのです。
すると、不満や不安があっても、解決するために思考し、自主的に行動できるので、恋愛が上達します。

告白は勇気が必要で、時には深く傷つく行為ですが、だからこそあなたの人生の糧となります。

女性から告白するタイミング

女性からの告白は大いにありですが、なりふり構わず告白すれば良いわけではありません。
関係ができあがっていないのに、突然「付き合ってください!」と告白しても、好きな人はポカンとしてしまうでしょう。

何事も計画と準備が重要!
告白はタイミングが命!
ということで、女性から告白するタイミングを伝授します。

まずは仲良くなることから始める

顔見知り程度の男性に告白しても、OKしてもらえる可能性は低いです。
まずは、仲良くなることから始めましょう。

職場や学校など、日常的に顔を合わせる関係なら、挨拶や日頃のやり取りから好感度を高めて、徐々にプライベートに踏み込んでいきましょう。

職場でのアプローチ方法を以下の記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。
職場の好きな人にアプローチする方法とNG行動

合コンや街コンなど、いわゆる恋愛を前提とした出会いならば、とりあえずご飯や飲みに誘うと良いでしょう。
1対1が厳しそうなら、グループ飲みやレジャーに誘うのがおすすめです。

デートの誘いに応じてくれれば第1段階突破

適度に仲良くなったら、デートに誘いましょう。
ただし、職場の場合は慎重になるべき。
最初から「デートしてください」とストレートに誘うのではなく、「ついでのランチ」「ついでの夕食」といった感じで、仕事の流れで2人で食事することから始めると良いでしょう。

また、最初のデートは「ご飯行きませんか?」と、ライトに誘うのがコツ。
2時間前後のデートならば、男性も応じやすくなります。

とりあえず、あなたからの誘いに好きな人がOKしてくれたなら、少なくとも、あなたと2人で時間を過ごすのは嫌ではないということ。
第1段階突破です。

デートを誘い返してくれるなら第2段階突破

あなたとのデートが楽しくて、また会いたいと思ったら、次は男性からデートに誘ってくれる可能性はかなり高いです。
少なからずあなたに好意を抱けば「ここで誘わないと、脈なしと思われてしまう」という焦燥感もあるはず。
好きな人の反応を見るためにも、最初のデートの後は、あなたからすぐに次の誘いをせず待ちましょう。

ここで、好きな人がデートを誘い返してくれるなら好感触!
最初のデートを楽しんでくれ、あなたともっと親しくなりたいという意思表示です。
順調に第2段階突破しています。

しばらく待っても好きな人からデートの誘いがないなら、あなたから連絡をとり、軽い感じでもう一度デートに誘ってみましょう。
奥手な男性は女性に好意を抱いても、いろいろと考えてしまい、自分からなかなか誘えません。
あなたがデートに誘って応じてくれているなら、交際に発展する可能性は高いですので、諦めないでくださいね。

デートで好意を匂わせ反応が良ければ最終ステージへ

好きな人からの反応が良ければ、デート中具体的に好意を匂わせましょう。
態度や言葉で、以下のように好き好きオーラを出してください。

  • デート中は始終笑顔
  • 「うれしい」「楽しい」を連発
  • 2人で歩くときなどさりげなく距離を縮める
  • チャンスがあれば軽くボディタッチ
  • 恋愛の話題を出して好きなタイプを聞く

「〇〇が彼氏だったら、幸せだろうな」など、ギリギリ思わせ発言もあり。
「〇〇なところが好き」など、具体的に長所を褒めた後に「好き」を入れるのも有効です。

あなたの思わせぶりな言動に好きな人が嬉しそうな反応を見せれば、既に半分以上落ちています。
いよいよ最終ステージへ!
告白のときです。

女性から告白するコツ

タイミングを見計らったらついに告白!
成功率を上げる女性から告白するコツを伝授します。

直接会って告白が基本

告白は直接会ってするのが基本です。
なぜならば、対面の方がずっと情報量が多いから。

LINEやメール、電話だと、相手の顔が見えない分緊張せずに告白できるメリットがありますが、好きな人もあなたの表情がわからないため、解釈に誤解が生まれる可能性があります。
例えば、冗談だと思ってスルーされたり、逆に重く受け止め過ぎて気まずくなったりするかもしれません。

直接会えば、お互いの顔が見えるため、気持ちが通じやすくなります。
告白に対してイマイチな反応でも「あと一押しで落ちそう!」など、その場で臨機応変な行動が可能なので、成功率も高まります。
また、万が一断られた場合も、涙をこらえてあなたが明るく対応すれば、気まずさを回避できるでしょう。

余程の事情がない限り、直接会って告白しましょう。

デートの別れ際の告白が無難

告白はデートの別れ際が最も無難です。
既に何回かデートをしているでしょうから、「そろそろ」と思ったタイミングで、別れ際に「実はね」と伝えると自然な流れになります。
仮にその場で断られても、後はお互いそれぞれ帰るだけというのもメリットです。

告白のために呼び出すのも、場合によっては良い演出効果になりますが、妙な警戒をされるリスクもあります。
また、お互いの緊張感がものすごいことになりますので、あまりおすすめしません。

告白は簡潔でストレートに明るく

男性への告白は、簡潔でストレートな言葉を選ぶのが重要です。
回りくどい表現を使うと、告白だと気付いてもらえないリスクがあります。
男性はあなたが思う以上に鈍感なのです。

次のように、誰が聞いても告白だとわかる表現が良いでしょう。

  • 気付いてるかもしれないけど、実は好きです。付き合ってください。
  • あなたが好きです。私を彼女にしてくれませんか?
  • 一緒にいると楽しい。私の彼氏になってください。

「好きです」だけだと、返事に困ってしまうかもしれませんので、「はい」「いいえ」で答えられる告白にするのがコツ。

重い雰囲気にならないよう、明るく可愛い告白も心がけましょう。
緊張でそれどころではないかもしれませんが、「プレッシャーをかけたくない」「雰囲気を良くしたい」と、あなたが気遣って頑張っていることが伝わります。

返事をすぐに求めない

告白を即OKしてもらえない場合、返事をすぐに求めないようにしましょう。
好きな人が返答に困っているなら、とりあえず一押しだけして、それでも答えを出せなければ「返事はいつでもいいから、考えてくれると嬉しいな」と、猶予を与えるのです。

また、「ごめんなさい」と断られた場合も、「返事はや!もう少しだけ考えてくれないかな?」と、返事を先延ばしにして粘るのも作戦1つ。
それでも断られたら諦めるしかありませんが、あなたが食い下がって好きな人が悩んでくれるなら、わずかな希望が残っています。

告白してあなたが恋愛をリードしよう!

好きな人から告白されるのは女性の夢。
しかし、今は女性が恋愛をリードする時代です。
肉食系男子は少数派となり、受け身の男性が増えました。
好きな人がいるのに、あなたからアクションを起こさなければ、何も始まらないかもしれません。

好きな人と幸せになりたいなら、あなたからアプローチしましょう。
その過程で好きな人が告白してくれたら大ラッキー☆
告白してくれないなら…、あなたから告白すれば良いのです。

ちなみに私は、プロポーズを自分からしました!
その後も紆余曲折ありましたが無事結婚。
幸せな家庭を驀進中です。

あなたも続いてくださいね。
進め!恋する乙女!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*