アタマジラミがスミスリンシャンプーだけで安心できない理由と対処法  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アタマジラミにはスミスリンシャンプー」

 

これって良く聞く話ですよね。

確かに、スミスリンシャンプーをすれば、アタマジラミの駆除は可能です。

 

でも、スミスリンシャンプーだけで完全にアタマジラミを駆除するためにはある程度の時間が必要です。

しかも、運が悪いと、いくらスミスリンシャンプーをしてもアタマジラミを完全に駆除できないことがあるんですよ。

 

そこで今回は、アタマジラミに2回感染して、2回共完全駆除に成功した実体験を元に、アタマジラミとスミスリンシャンプーの関係性について解説します。

 

スミスリンシャンプーって何?

スミスリンシャンプーとは、アタマジラミ(後ケジラミも)に有用な殺虫成分が含まれたシャンプーです。

主要成分はフェノトリン。ピレスロイド系殺虫剤で、は蚊、ハエ、ゴキブリに対して即効性はないけど致死率が高いと言われています。

 

おわかりでしょうか。

スミスリンシャンプーは医薬品に分類されますが、その成分は殺虫剤なんです。

 

スミスリンシャンプーをする行為というのは、頭に殺虫剤を塗ったくるのと同じことなんですね。

だから、スミスリンシャンプーを製造しているダンヘルスケア株式会社のHPには、ご利用上のご注意として、以下のことが記載されています。

 

 

  1. 用法及び用量を厳守してください。
  2. 本剤は頭髪又は陰毛等、目的とする局所にのみ使用し、局所以外の人体露出部には使用しないでください。
  3. 使用に際して、目、耳、鼻、口、尿道、膣、肛門等に入らないように注意してください。万一目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い流してください。
  4. 本剤の使用後、手やくし等は、水又はぬるま湯、石けん等で洗ってください。
  5. 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
    以下略

引用:http://www.danhc.co.jp/product/sumithrin_l.html

 

皮膚に優しい低刺激な作りになっていますが、内容が殺虫剤なので、取り扱いには注意が必要です。

 

スミスリンシャンプーの使い方とは?

「頭に殺虫剤をつけるなんて、なんか心配…」

そう感じるかもしれませんが、アタマジラミを駆除するために、殺虫剤であるスミスリンシャンプーを使って生きてる奴らを駆逐するのは、一番手っ取り早い方法です。

取り扱いに注意が必要とはいえ、人体に悪い影響がないように工夫して作られています。

 

私も娘も実際にスミスリンシャンプーを使用しましたが、これが原因で体調不良に陥ることはありませんでした。

だから、アタマジラミに感染したら、スミスリンシャンプーをするというのは正しい選択なのです。

 

「アタマジラミの駆除に、スミスリンシャンプーはどのように使うの?」という素朴な疑問が沸きますよね。

基本は、普通のシャンプーと同じです。

 

詳しいスミスリンシャンプーの使用方法はこちら↓↓↓

 

スミスリンシャンプーの使用方法

  1. シラミが寄生している頭髪又は陰毛を水又はぬるま湯であらかじめ濡らす。
  2. 1回量を用い、毛の生え際に十分いきわたるように又全体に均等になるようにシャンプーする。
  3. シャンプーして5分間放置した後、水又はぬるま湯で十分洗い流す。
  4. この操作を1日1回、3日に1度ずつ(2日おきに)3~4回繰り返す。

引用:http://www.danhc.co.jp/product/sumithrin_l.html

 

「あれ?」と思いましたか?

スミスリンシャンプーは、1回だけではアタマジラミを駆除できないんです。

正確に言うと、生きているアタマジラミはスミスリンシャンプーで駆除できるのですが、産み付けられた卵には効果がないんですよ。

 

だから、アタマジラミを完全駆除するためには、卵の孵化を待って、数日に1度のスミスリンシャンプーを3~4回も繰り返さなければならないんです。

 

アタマジラミがスミスリンシャンプーだけでは安心できない理由

スミスリンシャンプーはアタマジラミの卵には効果がない。

これは、スミスリンシャンプーの致命的な弱点です。

 

生きているアタマジラミを全滅させても、卵が残っている場合、それを放置したら孵化して再びアタマジラミが繁殖を始めてしまいます。

だから、スミスリンシャンプーは数日ごとに複数回使用しなければならないのです。

 

しかも、もっと大きな問題があるんです。

実は、スミスリンシャンプーの耐性を持ったアタマジラミがいると言われているんですよ。

 

生き物は進化を続けていきますよね。アタマジラミは生存をかけて、スミスリンシャンプーに対抗する遺伝子を作り上げたのでしょう。

敵ながら天晴な精神。ひたすら迷惑だけど。

 

もちろん、数としては、恐らくスミスリンシャンプーの耐性を持ったアタマジラミはまだまだ少数派です。

私も娘も、スミスリンシャンプーを洗い流した時、こと切れたアタマジラミが排水溝に流されていきましたから。

 

でも、万が一自分の頭にやってきたアタマジラミがスミスリンシャンプーへの耐性を持っていたら、何度スミスリンシャンプーをしようが、アタマジラミを完全駆除することは不可能です。

ネットの口コミなどを見ると、「きちんとスミスリンシャンプーをしているのに、アタマジラミが完全駆除できない!」という悲痛な声を見かけますが、もしかしたらスミスリンシャンプー耐性型のアタマジラミなのかもしれませんね…。

 

アタマジラミになったらスミスリンシャンプーと合わせ技で対処しよう

「アタマジラミになっても、スミスリンシャンプーをすれば安心だと思っていたのに、一体どうすればいいの!?」

 

頭に虫が住み着いているというだけでも気分最悪なのに、頼みの綱のスミスリンシャンプーが万能ではないだなんて、絶望的な気持ちになるかもしれません。

 

でも、大丈夫!

アタマジラミに超効果を発揮するアイテムが、スミスリンシャンプー以外にもあるのです。

 

それは、ニットピッカー(旧ニットフリーコーム)!

 

ニットピッカー(旧ニットフリーコーム)!とは、アタマジラミの駆除専用クシです。これで髪を満遍なくとかせば、強固にしがみついたアタマジラミの卵を綺麗に除去することができます。

もちろん、生きたアタマジラミもニットピッカー(旧ニットフリーコーム)!に引っかかって駆除することが可能です。

 

アタマジラミに2回感染した経験から、断言します。

アタマジラミの駆除を徹底的、かつ短期的に行いたいなら、ニットピッカー(旧ニットフリーコーム)とスミスリンシャンプーの合わせ技が一番!

 

ニットピッカー(旧ニットフリーコーム)!については、こちらの記事で詳しく解説しているので、是非読んでみてくださいね。

アタマジラミにはニットピッカー(旧ニットフリーコーム)!1日で駆除も可能

 

ニットピッカー(旧ニットフリーコーム)があれば、アタマジラミなんて恐くない!これ、マジな話ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA