5歳自閉症の息子の個人面談!幼稚園の先生の配慮に感動☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の息子は自閉症スペクトラム。現在5歳の年中さん。

先日、幼稚園で年中になって初めての個人面談がありました。

 

年少とは担任が代わり、輪を乱さないタイプとは言え、配慮が必要な息子について何を言われるのかドキドキ…。

 

今回は、5歳自閉症スペクトラムの息子の幼稚園の個人面談の様子をレポート!

自閉症児が幼稚園で安心して過ごす為に大切なことについてお話します。

5歳自閉症スペクトラム年中の息子の個人面談内容

4月生まれの息子は既に5歳。昨年3年保育でこの幼稚園に入園しました。ちなみに、一昨年は同じ幼稚園のプレに通っています。

 

年少の担任は、娘が年中の時の担任の先生でした。

ものすご~く優しくて、しかも愛情と熱意のある先生で、たくさんの配慮が必要な息子なのに、常に臨機応変に、親身になって動いてくれました。

 

年中の担任は、昨年新卒でこの幼稚園に入り、まずはフリーの先生として主に年少のフォローをしてくれていた方です。

明るく元気で、そして一生懸命。

 

入園前に、少し息子の特性についてお話する機会があったのですが、年少の担任からバッチリ引継ぎがされており、「え?そんなことまで知ってるの?」と驚きました。新しい担任には1つだけ先に伝えたいことがあったのですが、既に知っていたんです。

 

だから、担任をするのが初めての先生でも、不安はありませんでした。

不安なのは、「果たして息子が幼稚園生活を無事送れているか」です。

 

個人面談の時、私は以下の質問をしました。

 

  • 息子は幼稚園生活を問題なく送れているか
  • お友達と上手に接しているか
  • 恐ろしく不器用だが制作等に問題はないか
  • 吃音について

 

私の質問に対し、先生は丁寧に応えてくださいましたよ。

 

息子は幼稚園生活を問題なく送れているか

特に遅れもなく、大きな困りごともなく、幼稚園生活ができています。

朝泣いてしまうこともありますが、それで活動ができないということはないですよ。

 

お友達と上手に接しているか

息子さんは朝の準備が終わると、すぐ探検に行ってしまうので、誰と仲が良いかとか、何をしているかは良くわからないんですよね。

(息子の幼稚園は、朝のお支度の後外遊びの時間までは、幼稚園の建物内を自由に行動できます。でも、教室から出る前に先生に「探検に行ってきます」と伝えるお約束があります)

 

でも、幼稚園の活動でペアになるような時、1人になってしまうことはありません。

すぐにペアのお友達を見つけて仲良くやっていますよ。お昼も最近「好きなお友達と食べていいよ」と言っていますが、それも1人になることなく、毎日誰かと食べていますから大丈夫ですよ。

 

私が「お友達とのトラブルはありますか?あ、単独行動だからないかな…?」と言うと、にっこり笑顔で「はい。ありません」という答えが返ってきました。

 

恐ろしく不器用だが制作等に問題はないか

今日工作でハサミを使ったのですが、最初上手に切れなくて、持ち方を丁寧に教えて揚げたら切れました。

それから、線を書くワークがはじまったのですが、鉛筆が上手に持てないようです。

 

ああ…やっぱり。

 

これについては想定内。自閉症スペクトラムの診断と療育については既に伝えていますが、先日の受診で作業療法(OT)が始まったことを伝えました。

また、息子の利き手がまだ決まっておらず、ほぼ100%左利きだろうけど、エジソンの箸を右利き用を使わせていたことから右手で使うようになり、やっぱり不器用さが際立つので、これからは左に統一したい旨も伝えました。

 

息子の不器用さは、発達の凹の部分。今後の課題だなぁ…。

 

吃音について

息子は昨年夏頃から吃音が出始め、今年から言語療法(ST)にも通っています。

吃音には波があるけど、酷い時はかなりどもるので、幼稚園で吃音の様子を聞きました。

すると、こんな答えが返ってきました。

 

確かにどもることもありますが、それを気にして発言を控える様子は見られません。

むしろ、人に対して積極的に話しかける姿勢がありますよ。これはとても良いことだと思います。

私がカリキュラム(息子の幼稚園はフラッシュカードや時計など、毎日の活動で決められたことをやる時間があります)でうっかり抜かしてしまうと「あれ?時計やってないよ」なんて言われます(笑)。

 

余計な一言を…(汗)この辺もやっぱりアスペっぽい。

 

私が慌てて「すみません…」と言うと、「いえ、全然いいんですよ。私も助かってます」と、笑顔で答えてくださいました。

また、幼稚園ではそこまで気になるような吃音がない様子。息子はやっぱり、緊張感がある方がどもらないみたい。

 

「やっぱりこの幼稚園で良かった!」と心から思った瞬間

息子は自閉症スペクトラムですが、いわゆる社会性やコミュ力に問題はありません。

 

でも、発達の凹凸が物凄いことになっています。

 

幼稚園生活で最も凹が目立つのが「お遊戯ができない」という点です。

運動の発達ものんびりの方ですが(5歳でスキップできない)、外遊びが大好きで活動的なので、かけっこや遊具遊びは人並みにできるんです。そして、耳が良く音楽の旋律も覚えて歌も歌えます。

 

それなのに、お遊戯が本気で出来ません。っつーか、ラジオ体操的なのも無理。

 

幼稚園ってお遊戯たくさんしますよね。息子の幼稚園は毎日リトミックをするし、全園児が毎朝外でやる朝の会では、月替わりでお遊戯体操をします。もちろん息子は出来ません。

 

だから、昨年2月に行われた年少の時のお遊戯会は壊滅的でした。

それでも、担任の先生から曲と最も簡単な振り付けを教えてもらい、家で練習して(といっても単なる足踏み)「幼稚園でも頑張って練習してみよう」と声掛けして頑張りました。

先生もすごく力になってくれ、上手に声掛けして褒めてくれ、最初は「見学する」と言って皆がするお遊戯を見るだけだった息子も、後半は練習に参加できるようになりました。

 

そして本番当日。ほぼ棒立ちだけど、かすかに手足を動かし、そして隊形移動もきちんとできました。

 

私たち家族は拍手喝采!息子も「できたよ」と嬉しそうに達成感を持って取り組めました。

でも、傍から見たら「あの子どーした?」ってくらいできていませんでした。

 

この個人面談で、その時の話を「お遊戯が壊滅的」という話の流れから先生にしたのですが、なんとなんと!先生方は息子の努力と成果をきちんと認めてくれていたんです!

 

「あれは本当に息子さん頑張りましたよね!私もA先生(年少の担任)も、『すごいすごい!』って言ってたんですよ」

 

こう言ってくれたんです。もう本当に感動しちゃって、ちょっと泣きそうになっちゃいました。

 

だって、傍から見たら「サボってる」「ふざけてる」「何にもできていない」と言われかねない息子の様子だったんですよ。

息子のことを知ってる家族だから「すごく頑張った」ってわかるんです。

 

それを、幼稚園の先生方が理解して下さっている!

 

これほど嬉しいことがある?

 

もちろん、この裏には私が息子の特性について担任の先生にお話した上で、「それでもできるように頑張りたい。家庭でもフォローする」という態度を見せた背景があります。

 

でも、そんな親の気持ちと子供の努力を見てくれるって、簡単にできる事じゃないよね。

毎日子供たちに眼差しを向けて、心ある指導をしてきたからこそだと思います。

この話を聞いた時、「やっぱりこの幼稚園で良かった!」と思ったのでした。

 

自閉症児が幼稚園で安心して過ごす為に大切なこと

年中の担任の先生は、若くて経験が浅くて、担任は初体験。でも、私が幼稚園の先生に求めるのは経験じゃありません。

 

子供への愛情と幼児教育の熱意。そして、親の話に耳を傾け、眼差しは子供に向ける。

 

私が幼稚園に求めるのはこれです。

経験なんて後からいくらでもついてくる。だから、経験よりも幼稚園の先生になりたいと思った時の志の方が大切って思います。

子供への愛情と「幼稚園の先生をやりたい」という熱意って、そう簡単に変えられるものじゃないと思うから。

 

そして、自閉症児が幼稚園で安心して過ごすために大切なのが、「親の話に耳を傾け、眼差しは子供に向ける」ということではないかと感じます。

自閉症児の扱いに慣れていなくても、「この子はどんな子?」と向き合ってくれ、型にはめるのではなく、子供の個性に合わせて対応してくれるのであれば、きっと子供にとって安心できる場所になるんじゃないかな。

 

自閉症スペクトラムには様々なタイプがいて、息子のように集団行動に困難さがない子供もいれば、辛くなると癇癪を起こしたり、立ち歩いたりする子供もいます。

実は、息子の学年には息子以外にあと2人、自閉症スペクトラムと診断済みの子供がいて、それぞれタイプが違います。

 

今回、たまたまの事例だと思います。上の子もこの幼稚園だったけど、この時発達障害の話なんて全く聞いたことなかったから。

この幼稚園が特に自閉症児に特化しているわけではなく、むしろ、昨年入園したうちの3名が診断済みというのは、かなり異例な事態。

 

それでも、少々の困りごとがありつつも、何とかかんとか、それぞれ楽しく幼稚園生活を送れるのは、やっぱりこの幼稚園が子供にきちんと眼差しを向けているからなんだろうな。

 

幼稚園の配慮と心遣いで、自閉症児の園生活は大きく変わるんです。

 

だから、あなたの子供が自閉症スペクトラム、もしくはグレーの状態で、今幼稚園を探しているなら、まずは幼稚園に子供の様子を良く話してみましょう。

そこで、親身になって考えてくれるかどうか、「自閉症」という言葉だけで切り捨てようとせず、目で見て接して判断しようとしてくれるかどうか、幼稚園側の対応をみてください。

 

評判や人気に惑わされず、実際にあなたの目で見て話をすること。

 

これが、様々な配慮を必要とする自閉症児の幼稚園選びのコツです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す


CAPTCHA