子供の酷い偏食の原因と対処法!発達障碍の因果関係はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「子供の偏食がすご過ぎる…」

 

子育て中、子供が「食べない」という悩みはとても深いですよね。栄養面が気になるし、作ったものを拒否されるのは精神的にかなり辛いです。

 

子供の偏食があまりに酷いと、「もしかして発達障碍?」という考えが頭をよぎることもあるでしょう。

私の息子は自閉症スペクトラムという発達障碍で、現在通年療育にも通っていますが、療育仲間のママさんの中には、子供の酷い偏食に悩んでいる人も多いです。

 

そこで今回は、子供の酷い偏食の原因と対処法を紹介!発達障害との因果関係についても解説します。

子供の酷い偏食の原因とは?

酷い偏食の子供を見て、心無い人は「親の躾が悪い」と言います。

 

でも、それは違います!

 

「子供を黙らせるためならお菓子だけの生活でも厭わない」という極端な例を除き、子供の偏食は親の努力と全く関係ないケースが非常に多いのです。

そもそも「子供の偏食が辛い」と悩んでいる時点で、あなたや充分子供の栄養と成長を考えて頑張る素晴らしい親です。

 

では、好き嫌いの度を超えた子供の酷い偏食には、一体どんな原因があるのでしょうか?

 

感覚過敏

子供、特に幼少期の子供に多いのが、触感が苦手で食べられないタイプの偏食です。

私の息子も、葉物は触感が苦手で基本的に食べません。私も、触感が苦手でナスを受け付けません。ナスを口に入れた瞬間、悪寒が走るんですよね。

 

偏食までいかなくても、子供には多少の好き嫌いがあるものですよね。

味の工夫をしても食べてくれないのは、触感が苦手だからです。

特に、口内の感覚が非常に鋭いタイプの子供は、どんなに小さく切り刻んでも、口に入れた瞬間わかります。

 

感覚過敏の子供は、「口の中がチクチクする」「ぐちゃぐちゃするのが気持ち悪い」など、苦手なものを口に入れると、普通の人が感じない強い苦痛を感じてしまうのです。

 

嗅覚過敏

「臭いが苦手で食べられない」というのは、大人でも良くあることですよね。当然子供にも当てはまります。

 

特に、嗅覚が敏感で、特定の臭いが極度に苦手な場合、対象の食べ物を口に入れるのなんて絶対無理!

食卓に並んでいるだけでも、臭いが嫌で大丈夫なものまで食べられなくなってしまうこともあります。

 

嗅覚には個人差があります。多くの人が「美味しそうな匂い」だと思っていても、本人は「臭くて辛すぎる」というケースもあるのです。

嗅覚の苦手は簡単に乗り越えられるものではありません。私も子供の頃親が家でギンナンを炒めていた臭いが衝撃で、未だにギンナンは食べれません。

 

視覚的拒否感

普通の人が見て「美味しそう」と感じる食事。だけど、子供から見たら「なんて気持ち悪いんだ」と感じる場合もあるんです。

 

例えば、食文化が全く違う国へ行き、今まで見たこともないような食材、食事を出されると、口に入れるのに抵抗感がありますよね。

あの感覚を物凄く強くしたのが、視覚的に受け入れられないのが原因で起こる偏食です。

 

うちの娘は2歳からイチゴが食べられなくなりました。

小5の今も嫌いです。理由は「ツブツブがイヤ」だから。視覚的にも無理だし、口に入れた時の触感も無理なんだそうです。

 

強い食への拘り

偏食の原因が、触感や味覚ではなく、強い食への拘りの場合もあります。

何かのきっかけで、子供の中に食事へのマイルールが構築されてしまうのです。

 

例えば、病気で食欲がなかった時に、かろうじて食べられたもの、美味しく感じたものに強い拘りが芽生えると、それだけを食べたがるようになります。

また、体調不良と同じタイミングで食べた物に対して、因果関係がなくても「これを食べたがら具合が悪くなる」と認識して、拒否することもあるのです。

 

私の場合、貝類が苦手です。身近にカキに中った人がいて、嘔吐恐怖症の気がある私は、それが原因で貝類全般が食べれなくなりました。

 

食べ物の誤認識

子供が「これは食べ物ではない」と誤認識しているため、偏食に陥っているケースもあります。

なぜ誤認識してしまったのか、その経緯はともかく、「食べ物ではない」と思っているのですから、食べられないのは当然ですよね。

 

息子の療育センターの勉強会では、「同じオレンジジュースでもメーカーが変わるともう飲めない」という子供の話を聞きました。

子供にとって、指定のメーカーのみオレンジジュースという認識で、他のメーカーはパッケージが違う時点で、もう「オレンジジュースではない=飲めない」のだそうです。

 

食への無興味

生まれながらにして食に興味がない子供もいます。偏食というより、小食タイプです。食べられるものさえ大して食べないので、栄養面で最も心配です。

 

実は、私がこのタイプでした。

幼少期は小食でガリガリ(と言っても、一応成長曲線内には収まっていたようですが)。当然体も弱く、幼稚園は月2ペースで休んでいました。

子供の頃「お腹が空いた」という感覚が殆どなかったように思います。

私にとって食べる行為は「生きるための作業」でした。

 

そんな私は、今は人並みに食べるようになりましたが、基本胃弱なため、疲れ過ぎたり体調不良になったりすると、真っ先に食欲が減退、そして体重がストンと落ちてしまいます。

 

子供の酷い偏食5つの対処法

子供の酷い偏食の原因に、「味覚」について触れていなかったことに気付きましたか?

 

「偏食=味が嫌い」と発想してしまいがちですが、実は味覚が問題なら対処法は簡単なんです。

味を変えれば良いだけですから。

 

しかし、子供の酷い偏食は、味覚以外の要素が複雑に絡み合っています。

だから克服が困難だし、無理強いは子供にとって強いストレスになります。

 

では、子供の酷い偏食には、どのように対処していけば良いのでしょうか?

 

食べられるものを食卓に並べる

まず、食卓には必ず子供が食べられるものを並べましょう。

「食べられるものだけたくさん食べて、結局偏食が治らない」と杞憂する気持ちはわかるけど、酷い偏食の場合、食べられるものがなければ食べないという選択を子供がしてしまいます。

すると、栄養面で深刻な問題が発生する可能性があります。

 

また、食べたいものが並ばない食事が続くと、食事という行為そのものを苦痛に感じるようになります。こうなると、偏食改善どころではなくなります。

 

発達障碍で酷い偏食の子供を持つママは、医者からこう言われたそうです。

 

  • 今の日本で餓死することはない
  • 小6までチョコレートしか食べなかった子供を知っている、健康に異常はなかった
  • とりあえず食べる行為を続けることが大事

 

極論ですが、納得でもあります。

 

偏食が酷いと、栄養面についてすごく心配になりますよね。

でも、戦後満足に食事もできなかった世代が、今長生きしていることを考えると、少しだけ気持ちが軽くなりませんか?

 

「栄養バランスが大事!」と言われるけど、案外何とでもなるものだと、親が気楽に構えるのが大切です。

この呟きに、私は全面的同意なのです。

 

苦手なものも食卓に並べる

好きな物ばかりを食卓に並べるのではなく、苦手なものも並べましょう。

 

と言うか、子供が酷い偏食の場合「子供が食べてくれるものは何か」を模索するのではなく、子供が食べられるものは確保し、それ以外は自分が食べたいものを作っちゃえば良いんです。

 

で、食べないとわかっていても、一応子供の分も並べておきます。

その横で、あなたは自分のために作った食事を「美味しい美味しい」と食べれば良いのです。

 

親が美味しそうに楽しそうにしている姿は、子供にとって強い興味を惹くものです。

段々「もしかしたら、美味しいんじゃなかろうか」と思い、「一口食べてみよう」という気持ちになる日が来るかもしれません。

 

これは、医師からのアドバイスでもあります。

子供の酷い偏食を相談したママ友は、医師からこう言われました。

 

「好きな物だけ食べさせれば良いけど、嫌いなものも普通に毎日並べて。食べなくていいから」

 

子供の酷い偏食は、如何に「食べるのは楽しい行為」と印象付けるかがカギなのです。

 

でも、嗅覚過敏や視覚過敏がある子供の場合、嫌いなものを食卓に並べただけで食欲減退してしまいます。ですので、子供の様子を見ながら行っていきましょう。

 

食べ物を勧めない

偏食の子供に「美味しいから食べてごらん」と勧めるのは逆効果なのでやってないけないNG行為です。

 

人は、他者から強く勧められたものに対して強い警戒心を抱く心理があります。

「食べろ食べろ」と言われると、より一層「食べたくない」という思いが増強されてしまいます。

 

私は偏食小食の子供でしたが、「食べなさい」と言われるのが苦痛でした。

私の母親はあまり「食べろ食べろ」とは言いませんでしたが、幼稚園や小学校の給食で、お残りさせられた記憶が未だに嫌な思い出として残っています。

 

食べたくないものを食べろと言うのは、食べたい人に食べるなというのと同じかそれ以上の苦痛を感じます。

如いては、「どうせまた『食べろ』って言われるんだ」と、食べる行為そのものが嫌いになってしまう可能性もあるのです。

だから、偏食の子供にはむしろ「イヤなら食べないでいいからね」と言った方が良いのです。

 

私は子供たちの好き嫌いを推奨しています。

 

だって、私自身が苦手な物を無理に食べる苦痛を強く感じてきたから。

 

「食べなさい」と言われるより「食べなくていいよ」と言われた方が、案外「食べてみようかな」と思うものです。

子供は勿体つけられた物への期待値が上がり、我がものにしたいという心理が働きます。

偏食の子供に「食べなさい」は禁句ですよ。

 

食べる時期が来るのを待つ

子供の酷い偏食は辛いですよね。少しでも食べて欲しいと、創意工夫試行錯誤の毎日でしょう。

だけど、あまりに頑張り過ぎると「食べて欲しい!」という気持ちが強すぎて、それが子供の負担になります。

幼少期は様々な要因が絡んで偏食になりますが、成長と共に過敏や拘りは和らぐケースが多いです。

 

だから、「いつか食べる日がくるさ」と、呑気に構えているのが正解です。

 

小食偏食の子供時代を過ごした私は、中学生になったころ、いきなり成長期がやってきました。

 

なんだかお腹が空くのです。もっと食べたいと思うのです。

 

「なぜそうなったの?」と聞かれても、「わからない」としか答えようがありません。そういう時期だったんだと思います。

 

いきなり成長期がやってきた私は、中1から中2にかけて、身長10cm、体重10kg増えました。

時を同じくして初潮もきました。

元々ガリガリだったので、それでも痩せ型でしたが、病気をしなくなり、中学3年間は無欠席です。

 

ちなみに、好き嫌いについては社会人になって外食の機会が増えると、食べられる食材がぐっと増えました。

外食をしない家庭だったので、純粋に外で食べっる食事が新鮮で楽しかったんですよね。

 

幼少期病弱だった私は、今も体力はない方ですが、大きな病気をすることもなく、トラブルなく子供を2人生んで、普通に生活しています。

偏食小食への一番の対処法は、時間だと思います。

ほら、ここにも「偏食は時間が解決する」の生きた証拠がありますよ。

 

成長に支障をきたす場合は偏食外来受診も検討

酷い偏食でも、それなりに成長して、病気も人並み程度なら、のんびり構えていて大丈夫。

だけど、あまりに食べず、明らかにガリガリで、成長曲線を下回るようなら、専門機関に相談した方が良いでしょう。

 

偏食の多くは、時期的なもので、大きな問題になることなく成長期になるとある程度改善します。

しかし、中には酷い偏食が摂食障害に繋がるケースもあるのです。この場合、やはり専門家のサポートが必要です。

 

まずはかかりつけの小児科や、自治体の相談機関に連絡し、それでも解決が困難ならば、偏食外来を探して受診を検討しましょう。

まだまだ偏食外来の医療機関は少ないですが、こちらのリンクはとってもおススメなので参考にしてくださいね。

 

子供の酷い偏食は発達障害の可能性あり?

今は情報社会で、発達障害の認知も広がりつつあります。それは良いことですが、反面「何でもかんでも発達障碍に繋げる」という現象も起きています。

子供に酷い偏食があると、「もしかして、うちの子発達障碍?」と、更なる不安を募らせる人もいることでしょう。

 

確かに、発達障碍は感覚過敏(嗅覚、味覚、触覚、聴覚)が起こりやすいため、普通の子供に比べて極端な偏食に陥るリスクは高いと言えます。

 

だけど、発達障碍=偏食ではありません。

もちろん、酷い偏食=発達障碍でもありません。

 

発達障碍の特性はまた別物で、併発して偏食もありますが、必ずしもセットでは起こりません。

だから、あなたの子供が偏食なだけで、その他の困難さがないならば、過度に発達障碍を心配しなくても大丈夫です。

 

一方、偏食以外にも困り感満載で、あなたが育児に困難を感じているようなら、発達障害の有無は別として、あなたのためにサポート機関に繋がることをお勧めします。

 

子供に関わる手は多ければ多いほど良いんです。

だって、社会で育つのが子供だから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA