クラウドワークスであなたが稼げない8つの原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドワークスは初心者でもできる案件が多いクラウドソーシングサイトです。

 

それなのに、巷には「クラウドワークスで稼げない!」と嘆く声が多数。

私のリアルな友達も、クラウドワークスを始めたけど稼げないからと、止めてしまった人が知っているだけで2人います。

 

一方、私のようにド素人の状態でクラウドワークスを始め、個人事業主申請する程稼いでいる人も存在します。

 

この差は一体どこからくるのでしょう。

今回は、クラウドワークス歴3年の私が、クラウドワークスで稼げない人の原因を解説しちゃいますよ。

 

クラウドワークスであなたが稼げない致命的な8つの原因

なぜ、あなたがクラウドワークスで稼げないのか。

たまたま運が悪い?

いやいや、そんなことはありません。

 

クラウドワークスで稼ぐには、必要なスキルとコツがあるんです。

あなたは、そのスキルとコツを会得していないから、クラウドワークスで稼げないんですよ。

 

では、具体的に何が原因なのかを解説していきましょう。

耳が痛い辛口意見になるので、ガラスのハートの持ち主は、この先読まないでくださいね。

 

タイピングが遅い

クラウドワークスの初心者向けの案件の殆どは、ライティングとデータ入力です。

ライティングとデータ入力は、文字打ってなんぼの世界。

 

だから、タイピングが遅い人は、クラウドワークスで稼げません!(断言)

 

タイピングが遅いのは、稼げない致命的な原因になるんです。

クラウドワークスで稼ぎたいなら、とにかくタイミングが早くなることが先決。

 

ちなみに、私のタイピング速度は、約150文字/分。

思考するのとほぼ同じ速度で、タイピングが可能です。

 

ここまでの早さは求めませんが、せめて80文字/分程度のタイピング速度を達成してください。

そうでなければ、ライティングもデータ入力も、非常に効率が悪い働き方になります。

クラウドワークスで稼ぎたいなら、正しいポジションを覚えてタイピングの訓練をするべきです。

 

文章作成能力が激しく低い

タイピングが早くても、文章作成能力が激しく低い場合、クラウドワークスでは稼げない原因になります。

 

現在クラウドワークスで募集されている、初心者歓迎の入力案件は、とにかく単価が安いです。

例えば、クラウドワークスで募集しているデータ入力の仕事はこんな感じです。

 

  • 名刺のデータ入力。1枚6円換算。

 

うぇへ!?マジか!?

私は入力速度が早いと自負していますが、人の名前は全く別物!読み方がわかっても、五発で変換できるとは限らない。場合によっては特殊文字を探さなければならないんです。

この世で最もタイピングが難しいのは、人の氏名です。

 

また、名刺の内容にはメールアドレスと電話番号が含まれていますよね。これがまた面倒臭い!しかも間違ったら意味がないから、とにかく気を使う!

 

名刺の入力業務は、派遣社員時代に何度もやったことがありますが、最もやりたくない仕事の内の1つでした。

どんなに早くても、1枚の名刺のデータを入力するのに、5分はかかります。見直しもするから。

ということは、1時間に入力できる名刺の枚数は、せいぜい12枚。でも、1枚6円だから、20枚入力してもたったの72円。

 

これじゃ、稼げないのも必然ですよね。

こんな感じなので、クラウドワークスのデータ入力で稼ぐのは、かなり困難なんです。

 

ということは、初心者がクラウドワークスで稼ぐためには、ライティングに手を出すしかありません。

しかし、「小学生の頃、作文泣くほど苦手だった」という場合は、文章作成能力が低く、ライティングの仕事を請けても、単なる苦行になった挙句、納期を守れず契約解除という骨折り損のくたびれ儲けになる可能性大。

 

やはり、ライティングで稼ぐには、ある程度の文章力が求められます。

せめて、「文章を書くのが好き」という前向きな気持ちが必要です。

 

50円以下の案件に手を出している

クラウドワークスにはタスクという仕事があります。

初心者が取り組みやすく、ノンスキルでも可能なアンケート案件も多いです。

 

ただし、現在のクラウドワークスのタスクは、激安価格というか、ほぼボランティア価格に近い案件が激増中!

例えば、誰でもOKのアンケート案件は、選択式の質問に答えるだけという超簡単なものではありますが、単価は1円から3円程度と超激安!

 

どんなに簡単でも、一応説明文を読まなければならないので、1つのアンケート案件をこなすのに、最低2分はかかります。

すると、どんなに頑張っても1時間30案件程度(いや、タスクは仕事を探す時間もかかるから、実際はもっと少ない)。

時給換算すると、僅か30円~60円という超激安単価!

 

これを、ボランティアを言わずして、何と言いましょう。

あなたが稼げない原因は、稼げるはずもない案件に手を出しているからなんです。

 

タスクの作業は、せめて50円以上の単価を目標にしてください。

そうしなければ、クラウドワークスで稼げない地獄から這い出ることは不可能です。

 

自分の能力を過小評価し過ぎている

驚くべきことに、たった1円の報酬しかないアンケート案件にも、多数の応募者がいます。

この応募者の数は、クラウドワークスで稼げないと嘆く人の数でもあります。

 

ではなぜ、こんなにも安い案件にわざわざ手を出すのか。

その理由は、自分の能力を過小評価し過ぎているからです。

 

私もそうだったのですが、クラウドワークスを始めた当初は、「え?私の文章がお金になるの?」という驚きと感動がありました。

元々文章を書くのが好きで、ケータイ小説やブログを執筆していましたが、当然報酬は発生しません。

そんなド素人な私の文章がお金になるなんて、なんかすんませんって気分でした。

 

でも、この謙虚な気持ちは、食い物にされる原因となります。

 

クラウドワークスでは、初心者の心細さや謙虚な気持ちを利用して、安く買い叩こうとするクライアントも多数存在するんです。

そういう人たちにとって、「どんなに安くても受けてくれるクラウドワーカー」は、まるで天使のような存在。

 

最初の1ヶ月こそ、激安案件に手を出しても良いとは思いますが、それで承認してもらえるなら、ライティングに必要な最低限の文章力を、あなたは既に持っているということです。

自分を過小評価せず、もっと単価の高い仕事にチャレンジしてみましょう。

 

私は、知識ゼロのド素人状態から始めて、現在クラウドワークスでの収入は以下のようになっています。

クラウドワークスのライターの月収は?私の稼ぎを発表します!

 

タスクばかりしてプロジェクトの仕事に踏み出せない

初心者にとって、クラウドワークスのタスクは、短時間で1つの案件がこなせるのでやりやすい仕事です。

だけど、タスクの仕事だけで、クラウドワークスで稼ぐのはかなり困難!

その理由は以下の通りです。

 

  • タスクはプロジェクトより文字単価が低い傾向が強い
  • 頑張って書いても「非承認」を食らえば無報酬
  • 自分ができる仕事を探す時間も無報酬
  • タスクは突発的案件多数で継続性がない
  • タスクの仕事だけではライターのスキルが身につかない

 

とにかく、タスクの仕事は非効率。

 

もちろん、タスクの中には美味しい案件もチラホラあります。だけど、そのような案件は競争率が高く、常に画面で見張っていないと、あっという間に締め切られてしまいます。

好条件のタスクの作業ができるかどうかは、タイミングと運次第なんです。

 

だから、タスクの仕事のみをしていると、クラウドワークスで稼げない原因になります。

クラウドワークスで稼ぎたいなら、やはりプロジェクトに挑戦するべきです!

 

人情深くて安いクライアント様との仕事を続けている

クラウドワークスのプロジェクト案件では、初心者に優しいクライアント様も多数存在します。

私も、最初は「初心者歓迎」で、且つウェブライティングのノウハウを教えてくれるクライアント様に育てていただきました。

 

このように勉強できる案件は、安価ではありますが、今後クラウドワークスで稼いでいきたいなら、初心者がやっておくべき仕事だと思います。

 

しかし、育ててもらった恩返しは程々にしておくと良いでしょう。

義理人情に厚く、「育ててもらったクライアント様だから」と、あなたのスキルが高くなっているのに、いつまでも安い単価で請け負っていると、クラウドワークスでは稼げないのです。

 

クラウドワークスで稼ぐためには、段階を踏んで文字単価の高い仕事をゲットする必要があります。

そのために、義理人情を果たしたら、育ててくれたクライアント様を卒業し、新たな案件に挑戦してください。

 

ちなみに、私が最初に請けたプロジェクトの仕事はこんな感じでした。

 

  • ジャンル:育児関連
  • 1記事当たりの文字数:1000文字以上2000文字以下
  • 1記事当たりの単価:300円
  • 1回の契約記事数:10記事

 

私はこのクライアント様から、Webライティングに大切なSEOの初歩を学ばせていただきました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

しかし、1年でこちらから契約辞退を申し出て、少しずつ稼げる案件にシフトしていきました。

自分で仕事をコントロールして、上を目指すのが、クラウドワークスで稼ぐコツです。

 

情報収集力が低い

「色々頑張っているのに、クラウドワークスで思うように稼げない…」

それは、情報収集力が低いのが原因です。

 

クラウドワークスには豊富な案件がありますが、仕事のパートナーとして社会的常識を持ち、ライターを対等に扱い、且つ支払いなどの事務作業を円滑に行うクライアント様は、実は多くありません。

 

クラウドワークスで稼ぐためには、数多ある仕事の中から、稼げる仕事、仕事相手として尊敬できるクライアント様を自力で見つけなければならないのです。

 

そして、その為には情報収集力が必要。

 

情報を制するものは全てを制す!

 

これは、クラウドワークスに限った話ではありません。

仕事でもプライベートでも、上手くいかない時は、何かしら原因があります。

その原因を突き止め、どうすれば良いのかの情報を収集し、事を上手く運ぶ行動力と判断力が必要です。

 

だから、情報収集力が低いならば、クラウドワークスといった自分の行動が資本となる仕事は本来避けるべき。

雇われ人となって、指示通り動く働き方の方が、よっぽど効率良く稼げます。

 

楽に稼ごうと思っている

「クラウドワークスで稼げない」と言っている人に限って、仕事の認識が甘い傾向が強いと、常々感じています。

 

もしかして、「楽して稼ごう」なんて思っていませんか?

 

  • 初心者歓迎!
  • 主婦歓迎!
  • カンタン作業!

 

こんな文字に、踊らされて「楽して稼げたらラッキー☆」とか思っていませんか?

 

報酬が発生する時点で、それは立派な仕事です。そして、楽して稼げる仕事なんて、この世に存在しません!

 

存在するなら、皆がその仕事やってるでしょ。

誰でもできる、簡単な仕事で、楽して大金稼ごうなんて考えていたのだとしたら、初っ端から認識が間違っていますよ。

労働に対する考え方の甘さが、クラウドワークスで稼げない最たる原因です。

 

あなたは本当にクラウドワークスで稼ぎたいと思っていますか?

まずは、自分のやる気を見つめ直すことから始めてくださいね。

 

クラウドワークスで稼げないのには必ず原因がある!

ネット上で様々なうわさや憶測が飛び交うクラウドワークスですが、実際に利用していて思うのは、「稼げないのはクラウドワークスのせいではなく、本人のスキルが原因」ということ。

 

クラウドソーシングに関わらず、自分の能力が報酬に見合うレベルにない場合、稼げないのは必然なんですよね。

 

だから、クラウドワークスで稼げないなら、その原因を明白にしてください。

 

  • なぜ稼げないのか
  • どんなスキルが不足しているのか
  • そもそもクラウドソーシングという働き方が自分に適しているのか

 

家に居ながらにして報酬を得られるクラウドワークスは、確かにメリットもたくさんあります。でも、確実に稼ぎたいなら、メリットに目を眩ませず、自分に合った働き方を考えるべきです。

そして「クラウドワークスで稼ぐ!」と決めたら、正しい情報を得ながら、レベルアップするべく、日々努力を惜しまないことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA