ちゃおフェス2018横浜に行ってきました!混雑状況と攻略法教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10歳の娘は「ちゃお」が愛読書。

 

娘の希望で、ちゃおフェス2018(横浜)に2人で行ってきました。

 

実は、ちゃおフェス2017(横浜)にも、去年行っています。

昨年は、旦那に車で送ってもらって、10時過ぎにのんびり到着したら、想像以上の混雑&娘がかなり楽しんだので、今回は9時開園の前に並ぼうと、気合を入れて行ってきましたよ。

 

今回は、娘行ったちゃおフェス2018(横浜)の体験談リポート!

鬼混み超混雑状況と、ちゃおフェスを楽しむための攻略法も教えちゃいます。

ちゃおフェス2018横浜は入場開始時刻前から長蛇の列!

「今回は朝イチで行こう!」

 

ちゃおフェス2018横浜の入場開始時刻は9時。

娘と気合を入れて、ちゃおフェス2018会場である横浜パシフィコ8時45分に到着するよう家を出ました。

定刻通りにちゃおフェス2018会場に到着。当然長蛇の列ができております。

 

ちゃおフェス2018は、横浜パシフィコのホールDで行われるのですが、私たちが到着した8時45分には、既に最後尾はホールBのところまで来ていました。

並んだところから長蛇の列を写真撮影!こんな感じで~す。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、9時間近には、ホールAの方まで列が長くなっていました。終わりが全然見えませんでした。

 

ネット情報では、定刻より前に入場が開始されることもあるという人もいたのですが、9時になっても、列が動く気配が殆どありません。

ようやくサクサク前に進みだしたのは、9時10分頃でした。

 

「もうすぐ入れるね」

 

娘とそう言っていたのですが、想定外に列が長かった…!

私と娘は、列はこのようにできていると思っていました。

 

しかし、現実はこれ!

 

 

見えない部分に、こんなにも並んでいたのかとビックリ。

「うそでしょ!?」と、娘とギャーギャーうるさく騒いでしまいましたよ。

まだまだ、こんなに並んでた~…。

 

ちゃおフェス2018では、入場前に簡単な荷物検査が行われますが、この大人数だと1人数秒の荷物検査でも、中に入る時間に多大なる影響が…。

 

結局、ちゃおフェス2018会場に入れたのは、9時35分でした。

 

な、長かった…。

 

ちゃおフェス2018横浜が最も混む時間帯は?

「あれだけ長蛇の列なんだから、会場はさぞかし大混雑だろう…」

と、思いきや、並んだ効果で、まだ会場内は余裕がありました。

 

入場口近くにある少女コミックブースで、10分くらい待って射的をやり、レターセットをGET。

 

その隣の、同じく少女コミックブースで待ち時間ゼロで水風船ゲームをして、ヨーヨーGET。

 

パイロットインキブースのシールづくり体験に15分位ならんで、シールづくり体験もしました。

 

その後、ちゃおフェスのスタンプラリーを始めたのですが、この時の時刻が10時半頃。

 

会場全体がすし詰め状態でした。

スタンプラリーの為、会場内をウロウロしたのですが、通勤ラッシュの電車の中を移動するような感じです。

 

どうやら、10時半は長蛇の列が入り切った時刻のようで、どこへ行っても人!人!人!

 

最初待ち時間ゼロだったヨーヨーが30分待ちになってました。

グッズ販売とコミックのレジには、物凄い長蛇の列が!

 

恐らく、ちゃおフェスで最も混雑するのは、10時台のようです。

 

ちゃおフェスでは、直筆サイン入りコミックや限定品など、他では手に入らないものが販売されていて、どうやら並んでいる人は、それ目当てみたい。

その他、アイカツやプリチャンなどは、ゲームするにも整理券が必要で、その整理券も午前中でなくなってしまうものが少なくありません。

そういった、早い者勝ちを楽しみたい人たちが、長蛇の列を作っているようです。

 

娘は、その後「ネコ・トモ」の体験をして、一番のお目当て、編集部ステージで行われる「クイズ大会」を30分前から並び、特等席をGET。

クイズ大会で、憧れのちゃおガールを見て堪能し、会場を後にしました。

 

私たちがちゃおフェス会場を出たのは12時半頃なのですが、この時には随分と混雑が落ち着いていた様子です。

 

恐らく、朝イチで限定品目当てで怒涛のごとく押し寄せてきた人たちが、購入し終わってある程度帰ったのだと思います。

 

ちゃおフェスの攻略方法

ちゃおフェスには楽しみ方が2つあります。

 

  • 限定品GETしたい
  • のんびり並んでも良いから色々な体験をしたりノベルティをもらいたい

 

もしも、限定品をGETしたいなら、遅くとも1時間前には会場前についていた方が良いでしょう。

でも、私たちは実際1時間前の様子を知らないので、果たして1時間前で充分なのかはわかりません。

12時の時点で、サイン入りコミックスは既に売り切れ状態になっていたことだけを報告します。

 

一方、メーカーブースの体験をのんびり回りたいのであれば、早い昼食を食べて、12時ごろからくるのが良いかもしれません。

 

ちゃおフェス10時台はカオス状態。何をするにも60分待ちは当たり前状態でした。

本当は、娘は太鼓の達人とすみっコぐらしの体験もしたいと言っていたのですが、どちらも10時半の段階で60分待ち…。

実はこの日、夕方から予定があり、12時半には会場を出ようと約束していたので、取捨選択をし、娘は「ねこ・とも」と編集部ステージのクイズ大会を選んだわけです。

 

でも、午後も時間がとれたなら、のんびりブースを回ってまだまだ楽しめたなぁと思います。

まぁ…親は疲れますけどね…。

 

整理券配布のブースを諦めるのであれば、午後からゆっくり遊びに行くのは、1つの作戦です。

私と娘は、特に限定品も整理券も「なければないでよし」だったので、来年は10時過ぎに来れば良いかと話していました(それでも10時過ぎなのは、本当は並んでもやれるものは全部楽しみたい欲張りさんだから)。

 

ちゃおフェス2018に娘と行った感想

朝っぱらから出発した甲斐あり、娘はちゃおフェス2018を楽しみましたよ~!

色々なお土産ももらえて、ホクホクです。

 

今回の戦利品を発表します☆

全部無料ですよ~。

丸1日遊ぶなら、もっと色々もらえたかな~なんて思います。

それから、娘にねだられて撮った直筆サイン色紙です。

次のちゃおフェスは来年の夏ですが、お子さんが「行ってみたい」と言うなら、是非とも連れて行ってあげて欲しいです。

ちゃお好きならば、必ず楽しめます!

 

ただし、ちゃおに興味がない兄弟児がいるなら、お留守番させるのが正解です。

 

あちこちで付き合わされて愚図りまくる子供を目撃しましたよ。

うちの息子は、パパとお留守番してもらいました。

あの混雑の中、特に興味もないものに数十分並ばせて、ニコニコしてくれる息子じゃないので…。

 

娘は「来年も絶対行く!」と張り切っています。

ちなみに、来年はちゃおガールオーディションに応募するらしいです。

何事も経験ってことで、やらせてみようと思います。

 

これでも娘は、1歳前後の可愛いピークの時、遠くから知らない人に「あの子可愛い…!」と囁かれたことが何度もあるんですよ。

今は、普通の小学生ですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA