ママ友という名の呪縛…久しぶりに感じた孤独感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供も1人目の時は、所謂「ママ友活」というのを結構頑張っていました。でも、2人目が生れて忙しくなると時間に追われ、元々人と仲良くなるのが苦手な私は、特に自分から動くことなく流れに任せていました。

そして、娘が小学1年生の時に同じクラスで役員をしたママグループに属することに。年に数回ランチをする程度の中で、個人的にお付き合いしている人はいません。

 

私としては、気が合うわけでもなく、合わないわけでもなく、流れに任せて誘われるままに参加しているグループですが、きっと私以外にメンバーも「たまたま一緒の役員だったから、成り行きで誘い続けているだけ」なのだろうと思います。

 

今日は、ふとそんなことを考えてしまうような気持ちになりました。

学生時代、クラスで浮いていたあの時の気持ちを久しぶりに感じたのです。

 

今回は、ただただ「ママ友」という名の呪縛に未だ振り回される、弱い私の愚痴を吐かせていただきます。

先に言います。中身ありません。

ママ友と繋がりがあるからこそ感じる孤独

私は1人目となる娘の育児は、結婚後夫の転勤地に引っ越しして、友人知人親戚皆無の状態だったので、「とにかく友達を、知り合いでもいいから増やしたい!」という気持ちでいっぱいでした。自分から動いたし、自分から誘ったし、随分ママ友活を頑張ったと思います。

県庁所在地で「石を投げたら転勤族に当たる」ってくらい転勤族が多かったので、私と同じように考えているママさんと自然に出会い、意気投合して楽しいママ友生活を送りました。

 

その時のママ友とは、お互い転勤して別の地に引っ越した今でも、1人だけ関係が続いています。

彼女はもやはママ友ではなく私の友達です。

 

しかし、娘が年少の時、再び夫が転勤となり転園。

新しい幼稚園に途中入園し、既に固まっている関係にグイグイ入る勇気もなく、また私もだけど娘が極度の人見知りだったので、「ママ友作りは横に置いて、娘のことをきちんと見よう」と腹をくくり、自分からの積極的な行動を控えました。

 

それでも、礼儀正しいママが多い幼稚園で、顔を合わせれば挨拶し、雑談する適度な距離感で、それなりに快適に幼稚園生活を送りました。

 

一方、娘が小学校入学になると、一度関係がリセット。冒頭にもありましたが、同じクラスで役員が一緒だったママグループ(6名)に流れで属し、流れで年に数回ランチに参加しています。

別に、嫌じゃないんです。むしろ、皆からのいろんな話を聞くのは楽しいです。

 

でも、既に何回も一緒にランチした中だけど、グループという単位ではなくなると、何を話して良いのかイマイチわからない私…。

 

恐らく、根本的なところで気が合っていないんだろうと思います。

 

中学生の時クラスメイトに言われた言葉を今も引きずる私

息子は自閉症スペクトラムですが、遺伝があるなら私からかな、と思う程度に、私は結構感性が個性的で、恐らくかなりの男性脳。

そのため、思春期は友達関係に苦労し、クラスで浮いた存在、というか、影が非常に薄い存在でした。特定の友達意外からは、「一緒にいてもつまらない奴」と思われていたと思います。

 

今でも覚えています。中学生の時、同じクラスの同じ掃除当番の女子から、聞こえるように言われた言葉。

 

「ききたさんじゃなくて、Aちゃんだったら良かったのに」

 

今でも軽いトラウマです。

私は心のどこかでいつも、「きっと私意外と話したい人がいるんじゃなかろうか」「私と話して楽しいんだろうか」「私との話題がなくて気まずいんじゃないか」と、実は気にするところがあるんです。

 

でも、ママ友として付き合わず、「同じ幼稚園のママ同士、協力関係」という、ある種仕事の同僚のような関係だった幼稚園の時は、そんなことを思いもしませんでした。

だって、そんなこと思う程距離が近くなかったから。

 

礼儀正しく接するのが仕事で、幼稚園に通う子供たちが楽しく過ごせるために働く、そんな意識でした。

それが、私の性に合っていたんですよね。

 

私にとって、学生時代は暗黒。

働き出してから自分のポジションがわかりました。

 

仕事はいいですよね。やるべきことをきちんとやれば評価され、仕事を一緒に考える仲間同士、自然に会話が生れるから。だから、社会人時代は本当に快適でした。

 

しかし、ママの世界になって、1人目の転勤後は割り切っていたのに、2人目の息子の時に流れでグループに属したことで、私は久しぶりに「学生時代に感じていた孤独感」を感じています。

先日、特にそんな気持ちになったのは、本当に些細なことがきっかけです。

 

ママ友グループに属して「下位の自分」を感じた時の孤独

グループの中でも社交的で誰とでも上手に話せるBさんと、たまたまタイミングがあって並んで歩くことになったのですが、あいさつの後彼女が何も言わないので、話題を振ったら曖昧に返事をされてサクッと会話を終了され、彼女は私の更に前を歩いているCさんに笑顔で話しかけたんです。

ただ、それだけ。

 

「あ、そうか。彼女は私のことはアウトオブ眼中なのね」

 

直感的にそう思いました。

 

私は、「仲の良い友達を作りたい。そのためには横にいるどうでもいい人には構ってられない」という人が苦手です。

嫌いじゃないけど、すごく苦手。話しかけても無駄な気がして。

 

きっと私からBさんに話しかけるのは、今後Bさんと2人きりになったシーンの時しかないと思います。

私だって、Bさんだって、2人きりなのに無言で過ごす程無礼でも非常識でもないから。

 

実は、このグループには、Bさん以外にもう1人、恐らくBさんとタイプが同じで、友達とつるみたくて頑張るタイプのDさんがいます。

Dさんも、彼女の方から私に話しかけることは殆どありませんし、私から話しかけても表情が変わらず、話を続ける気がなさそうだというのがわかります。

 

私とはタイプが違うから、彼女たちは彼女たちで楽しくやればいいと思いますよ。

だけど、「話しかけた人に誠意をもって対応しろよ」と、少しムッとした気分になるし、やっぱり中学時代のあの発言を思い出して凹みます。それで、凹む自分が嫌になるの。

 

働いている時、「私は学生のような友達関係よりも、職場で仕事と繋がっているこの関係の方がずっと居心地が良くて快適なタイプなんだ」と察したのに、悟ったはずなのに、凹む自分が本当に嫌。

 

恐らく、このプライドの高さが、女性とつるむのが下手な原因なのかもしれないですね。

 

私のような小さな疎外感や孤独感は、きっと母親をしていたら1度や2度どころじゃない回数、皆が経験している事なんだと思います。

 

それを乗り越えて、自分を楽しい環境に置こうとママ友活をする人を否定しないし、偉いと思うけど、あからさまなのがバレていますよと、ツッコミを入れなければ、今は立ち直れそうにありません。

 

ああー!人間ちいせぇなぁ私!

 

ランチ会に参加して「このブログのネタができた」とほくそ笑むくらい図太くなりたいよ。

 

>私は、「仲の良い友達を作りたい。そのためには横にいるどうでもいい人には構ってられない」という人が苦手です。嫌いじゃないけど、すごく苦手。話しかけても無駄な気がして。

 

ここ、訂正します。

 

やっぱり私、人の好意に律儀になれない人って嫌い!

 

それでも、やっぱり好奇心とネタと、それ以外の人との会話が楽しいので、グループには属し続けますけどね。

したたかにやりますわ。

だって私、元々表と裏を使い分けて重宝された派遣社員ですもの。ママ友付き合い位、仕事として華麗にこなしてみせますわ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. りえ より:

    4月から年中になる4歳の男の子の母親です。
    すごい気持ちわかります。相手に悪気はないのかもしれないけど、軽んじられてるというか、あまり話したくないのかな、みたいな。他のお母さんとは楽しげに話しだしたりするととてもヘコみます。またそういうことがたくさんあると私に原因があるように思えてくるし、でもそんな風にヘコむ自分も情けないし。そういうことを気にしない人間になりたいけど、なかなか難しいですね。

  2. kikitadesu より:

    りえ様、コメントありがとうございます。こういう話って、なかなかリアルではできませんよね。だから、モヤモヤをひとりで抱えることになり、更に凹むんだと思います。

    だから、こうやってコメント頂けて嬉しいです。「私と同じように感じて凹んでいる仲間がいたんだ」と実感できるから。とても励みになります。

    私自身、万人受けする性格ではないという自覚があります。だから、気が合う仲間を大切にして、後は無難にやりすごしていこうと思っています。心からへっちゃらになるのは難しいけど、ポジティブにがんばりたいです。

コメントを残す


CAPTCHA