幼稚園を断られた酷い話!まだ発達障害グレーなのに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幼稚園の願書提出、面接の時期が過ぎ、「幼稚園断られた!」という嘆きの声が続出中です。

 

私の友人も、1歳半健診で要観察になっただけで、発達障害グレーってだけなのに、幼稚園から酷い断られ方をした人もいます。

 

そこで今回は、「幼稚園断られた!」という嘆きの声を集め、幼稚園からあまりに酷い断られ方をした友人の話を紹介。

自閉症や発達障害グレーの子供は幼稚園をどうするべきかについて、自信の体験談を踏まえながら解説します。

「幼稚園を断られた!」という嘆きの声

Twitterでは「幼稚園を断られた!」という嘆きの声があがっていますよ。

 

健診でひっかかっただけで、まだ自閉症グレーの状態でも、それを正直に伝えただけで、幼稚園側から断られるというのは、結構ある話なんですよね。

幼稚園入園前なんて、まだ2~3歳で、経過観察が多い中、電話でそのことを相談しただけで、顔も見ずに断られたという話もあります。

 

しかも、人気の幼稚園程、強気に断ってくる傾向が強いです。

 

「困ったちゃんを受け入れるくらいならば、手のかからない賢い園児の方が良い」

という、子供を選り好みする精神なのでしょうね…。

 

曲がりなりにも教育者がそのような考えでいいの?

発達障害とか、健常とか関係なく、子供は1人1人違うのに。

 

子供を良く見もせず、簡単に断る幼稚園は、親にも子供にも全く誠意が感じられないと思います。

 

幼稚園を断られた酷い話!発達障害グレーに冷たすぎる園長

私の友人(仮称Aさん、後に自閉症スペクトラムと診断される息子Bくんとする)で、幼稚園から酷い断られ方をした人がいます。

年少ではなく、プレ入園を断られた話です。

 

その幼稚園は、地域ではかなり人気で、毎回定員オーバーで願書の争奪戦が物凄いところでした。

 

でも、B君にはお姉ちゃんがいて、そこの幼稚園に通っていたので、優先枠があったんです。

優先枠の人は、プレ入園の際に説明会に参加して、プレの願書配布などの日程を聞き、願書を購入して提出すればOKという流れです。

 

B君は言葉が遅く、1歳半健診で要観察で多動気味ではあったものの、他害のない穏やか君。

Aさんは説明会、願書購入、願書提出、プレ保育料の一括納入までスムーズに済ませました。

 

が、全ての手続きが終わった後に、どうやら要観察中という話が園長の耳に入り、そこから事態は一転!

 

なんと、園長先生がB君の様子をチラッと見ただけで、Aさんにこう言ったんです。

 

「B君は、まだお母さんと一緒にいた方が良いのではないですか?」

 

私だったら、は?って園長二度見するよ絶対。

これって、遠回しを装った、超ストレートな受け入れ拒否。

 

Aさんは「それって、受け入れられないってことですか?」と園長先生に聞きました。

すると、園長は、続いてこんなことを言ったんです!

 

「お子さんの為に、お母様と一緒の方が良いと思うのです。その方が、きっと安心できるのではないですか?

それに、先生の数も限られてますし、B君がプレに入っても、このように自由に動いてしまうので、安全が保障できるかわかりません。

他にプレを希望している方もいらっしゃるし、譲られてはいかがでしょう?」

 

信じられないですよね!超酷過ぎる!!!

 

この話をAさんから聞いた時、全く他人ごとに思えなくて、物凄い憤りを感じた私です。

 

実は、私この幼稚園のプレ説明会に参加したんですよ。家から最も近い幼稚園で、預かりも充実していたので。

だけど、説明会の時に息子が1歳半健診で要観察中で、定期的に発達相談を受けているという話をしただけで、そこにいた先生の顔色が曇り、「園長先生に相談しますので、後日また電話いただけますか?」と言われたんです。

 

説明会の時の子供の扱い方にも疑問を感じたし、うちには兄弟枠もなかったので、激戦を勝ち抜く苦労をする価値を感じず、私はさっさと退いたのですが…。

あの時の勘は、見事的中していたってことですよね。

おっと、話がそれました。

 

充分酷い話なのですが、本当に酷いのはこれからです。

 

上の子の時には感じなかった不信感を幼稚園に抱いたAさんは、「安全が保障できない」と当たり前のように園長が発言するようなところに大切な息子を預ける気にもならず、「では、辞退します」という話になったのですが…。

 

なんと、一括納入済みのプレ保育料の返還を拒否されたんです!!!

 

確かに、説明会で貰ったプリントには、「プレ保育料納入後は、いかなる理由があっても変換いたしかねます」という一文がありました。

 

でも、それとこれとは話が別じゃない?

 

最初に入園可としてプレ保育料を受け取った後に、「お子さん、ちょっとあれなもんで、入園しないでほしいんですけど」的な事を園長自ら発言して、Aさんに辞退を促しておきながら、「貰ったお金は返せない」って、詐欺ですよね!?

 

当然、Aさんは抵抗しました。何度か幼稚園に足を運び、園長と直接交渉したのですが、「ここに書いてある通りです」と、お金を返さないの一点張り。

 

そこでAさんは、消費者相談センターに電話しました。

速攻対応してくれ、消費者相談センターから幼稚園に指導の電話がいったようです。

 

すると、手のひらをくるっと反して、園長から「お金を変換します」という電話がかかってきたそうです。「元々お金を返すつもりでしたよ」的な言い訳をされたのだとか。

 

とりあえず、数万円単位の散財を免れたけれど、このやりとりでAさんは超疲労…(そりゃそうだ)

チラ見しただけで、大切な我が子をあれこれ好き勝手評価しただけではなく、金銭トラブルになったんですから、そりゃもう精神的ストレスはハンパないです。

 

私がこんなことされたら、近所というのもあって、この話、可能な限り風潮しまくってやるけど!!!

こんな幼稚園が人気だっていうんですから、評判なんて全く当てにならないですよっ!

 

同じような体験をした人は少なくないようです。

 

自分は悪者になりたくない姿勢

この主任の先生のずるい所は、あくまであなた達のためを思って言っている、うちの幼稚園は本当はどんな子も排除しない温かい園風だ(だけど人員が足りなくて…)という姿勢を崩さず、自分を絶対に悪者にしない言い回しを心がけている所です。

だから絶対に、入園はお断りですとは言いません。
私が、落としてくれてもいいから受けたいと思っている、と言うと、すっごーーーく困った顔をして、「でもね…」と言うだけです。

ですが本心では、発達障害とかその疑いありとか、療育に行っているとか、何かありそうな厄介者は受け入れたくないと思っているのがよくわかりました。

とりあえず受けるだけでも、嫌なようです。
「落とす」ということをすると、寛容でない幼稚園のようになってしまうから、それすらが嫌なのでしょう。

引用:http://kuromitukinako.tokyo/archives/4609453.html

 

障害の疑いがあると判断された
子供って (´・ω・`)

幼稚園から、入園を拒否される。。。。って

親にとっては
最初 受け入れがたい事実です。

(幼稚園入園前のプレは別かな ← でも、明らかに一人浮いてたw)

だって、

親の稼ぎが~
とか
こどもの定員がいっぱいで~

じゃない。

こどもが、適性検査で 「落第」するんですよ!

しかも。
勉強で落第するんじゃなくって
子供の知能や行動をみて

「適性無し」 って

大人(幼稚園など)に 判断をくだされるのって・・・・

本当に キツイ

引用:http://80yamaru.com/post-1568/

 

適当な対応で入園拒否する幼稚園なら通わせなくて正解!

発達グレー、もしくは自閉症スペクトラムをはじめとした発達障害を持つ子供が幸せな幼児時代を送れるかどうかは、「どこで過ごすか」というのが物凄く大きく影響します。

 

親としては、「幼稚園が見つからない!」というのは、超焦る出来事だし、ぶっちゃけ「来年も24時間密着保育なんて、しんどすぎて倒れる」という人もいるでしょう。

 

でもね、適当な対応で入園拒否する幼稚園なら、通わせなくて正解なんですよ。

そんな幼稚園に通っても、大小さまざまな困難に向き合ってもらえず、通っている子供がやさぐれるだけです。

 

「じゃあ、どんな幼稚園がいいの?」という問いには、下の記事でお答えしております。

自閉症グレーの幼稚園の選び方!子供が幸せな園生活を送る方法

 

今や、10人に1人と言われる発達障害。軽度、グレーを入れると、恐らくもっとパーセンテージは高まります。

 

どなたかが「AB型と同じくらいの人口」と評していたけど、決して珍しくない存在です。

その分、発達障害の特性は十人十色で、私の言っていることも発達障害全体に言える事ではないのだけれど…。

 

「幼稚園を信頼できるかどうか」は、発達障害に関わらず、子供の預け先として最低限の条件だと断言します。

 

幼稚園の立場から見れば、「子供の為を思えばこそ、受け入れられない」という結論を出す場合もあるでしょう。

だけど、断り方にも誠意ってあるんですよね。

充分な時間をかけて我が子を見てくれ、親身に相談に乗ってくれ、その上で「こちら側の力不足」という態度で断られれば、凹むけど、でも幼稚園を恨むようなことにはならないと思います。

 

発達に不安のある子供の親にとって、幼稚園探しは大きな壁で、ただでさえ疲れ切っている所に、心無い言葉であっさり断られたら、そりゃ傷つきますよ。

 

でも、こっちが傷つくなんて損!

 

「あ~あ~、そんな態度じゃ教育者じゃなくて守銭奴ですね!こっちから願い下げ!」

 

くらいの虚勢を張ってでも、突っぱねちゃいましょう!

苦労を重ねれば、きっと我が子をそのまんま受け入れてくれる場所が見つかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. あんり より:

    幼稚園教諭です。
    入園拒否、そんなに酷いことですかね?
    幼稚園には子供を選ぶ権利があります。
    障害のある子を受け入れるせいで、目が行き届かなくなる。
    教育のレベルをその子に合わせることになる。
    …他の子に迷惑ですよね?
    自分と自分の子供のことしか考えていないんですね。
    親が自分の子を見ればいいだけでは?

  2. kikitadesu より:

    あんり様、コメントありがとうございます。
    入園拒否が悪いのではなく、入園拒否する時の対応が悪いのです。

    時間をかけて我が子をみてくれ、それでも「うちの幼稚園では充分な支援は難しい」という誠意ある判断をしてくれるなら、私たちは怒り狂ったりなどしません。
    断られたとしても、幼稚園からの配慮を感じれば「仕方ない」と受け入れます。
    発達障害を持つ多くの親が、精一杯子供に支援を考えてくれる幼稚園に感謝し、こちら側もできる限り協力したいと思っています。

    でも、「療育」「発達障害」「グレー」という単語を聞いただけで拒否反応を示し、オブラートに包んだ言葉を選びつつ、表情にはありありと「迷惑」が出ているから、断られた人に悪い印象を与えるのでしょう。

    そもそも「障害=迷惑」という発想が勉強不足です。
    専門家じゃないので仕方がないと思いますが、言い切る前に、せめて勉強をして欲しいと思います。
    発達障害の中には、むしろ周囲に合わせ過ぎて、負荷を物凄く感じてしまうタイプもいます。
    うちの息子のように、いわゆるあなたのような先生が「定型」と思うタイプの子供よりも、聞き分けが良い場合もあります。

    もちろん、発達障害という診断がつくくらいですから、配慮を求めることはありますよ。
    でも、定型の上の子を育てた経験上、必ずしも「著しく幼稚園のレベルを下げる行為ではない」「定型の子供よりも逸脱して大変とは限らない」と、これまた経験で知っています。
    障害のない子供でも、いつ、どんな時に困り感が出るかなんてわかりません。
    その時、幼稚園に協力を求めようとしたら「迷惑」なんですか?

    「自分と自分の子供のことしか考えていないんですね」

    というお言葉には、

    「自分の幼稚園のレベルばかりに着目していると、発達障害とか関係なく、子供の個性を見逃しますよ」

    と、忠告させていただきます。

  3. 園長 より:

    幼稚園の園長をしています。
    私の幼稚園は発達障碍児の受け入れを積極的にしていますが、受け入れ拒否なさる園の事情もよく理解できます。
    幼稚園や保育園は限られた人員で運営しており、また発達障害のお子さんの保育をするためには、かなりの技量と経験が求められます。
    その中で、五人の子供と一人の子供を天秤にかけたとき、経営的にも、保育の質を維持するためにも、五人を選ぶのは当然であると思います。

    また文中にあった人気の園の園長がAさんに言ったという言葉も、私にはどこが悪いのかわかりませんでした。
    私が察するに、その園長の言う通りB君はお母さんと過ごした方が本人にとっても有意義ではないかと思います。
    発達障害というのは、あくまで「遅れている」ということですので、後々発達する余地は十分にあります。
    逆を言えば、発達しはじめた時期にどのような環境で過ごすのか、ということは非常に重要です。
    無理して幼稚園に通いストレスにさらされるよりも、B君の成長を待つ間お母さんとしっかり触れ合う方が、発達は早いことでしょう。
    私は状態を見極め、自園では受け入れられないと決断したのは、むしろ誠意がある対応だと思います。

    はっきり言いますが、本当に悪質な園は、障碍児も受け入れます。
    そしてほったらかします。
    障碍児は補助金が下りるので、お金になるからです。

    プレ保育料に関しては、状況が分からないので何とも言えませんが、規約に書いてあるのであれば、必ずしも対応が間違っているとは言えないと思います。
    大変残念なことですが、特例措置をとるとゴネて園に不利益をもたらす保護者はたくさんいます。
    その園長はAさんの反応を見て、注意が必要な保護者であると思ったのかもしれません。
    私の場合、子ども自体の障害の度合いよりも、親の方に注意を払います。

    上記のコメントについても、「時間をかけて我が子をみてくれ云々」とありましたが、実は障害の度合いは短時間で見てわかる場合もあります(オウム返し、耳ふさぎ、逆ピースなど自閉症児特有の行動から、多動性など自園での適正まで)。
    実はプレ保育は、侵入園児候補の様子を見て、人員配置などを考慮するために、園側が子どもの様子を見る機会でもあるのです。

    以上、批判的なことを書いてしまいましたが、私もわが子が発達障害と診断された方々の不安や悲しみは理解したいと思っていますし、理解するよう努力し続けているつもりです。
    しかしそのうえで、私の意見を述べさせてください。

    私は発達障害(そもそも発達障害という言葉に問題があると思いますが)の子どもたちは、むしろ積極的に専門の知識やノウハウを持った施設を利用するべきだと思います。
    入園拒否されたということは、その園ではお子さんは十分な保育は受けられないということです。
    これは態度や観察の時間とは関係がありません。
    プロが見て、自分たちにはこの子の可能性を高めることは無理であると判断した、ということです。

    このとき、「オブラートに包んだ言葉を選びつつ」入園拒否をお伝えしないのであれば、そのように対応するのが正しかったのでしょうか。
    ストレートに「あなたの子は私たちには面倒が見れません」と言うべきだったのでしょうか。
    迷惑かどうかは私には判断できませんが、ほかの子の保育に影響が出るのは事実です。
    「おたくの子が入園すると五人の子の保育が出来なくなるのでちょっと受け入れは出来ませんね」とか「おたくの子は発達障害専門の施設じゃないと無理だと思いますよ」と言う方が残酷であると私には思えるのですが……。

    教育はサービス業ではありません。
    教育は福祉であり、教育にかかわっている者は、性格や人間性に違いはあれ、みんな子どものことが大好きで、子どものことを第一に考えています。
    逆を言えば、親は第一ではないということです。

    私はちゃんと検査を受け、療育に参加すれば伸びる子どもたちが、親が拒否することで成長の機会を失っていく様子を何度も目にしてきました。
    幼稚園にはそれぞれ出来ることと出来ないことがあります。
    出来ないといわれたからと言って恨みを抱くよりも、親御さんご自身がお子さんの特性をちゃんと見極めて、成長の機会を増やしていってあげてほしいと思います。

    最後になりますが、「私がこんなことされたら、近所というのもあって、この話、可能な限り風潮しまくってやるけど!!!」とありましたが、幼稚園の悪評を吹聴するのはおやめになった方がよいかと思います。
    幼稚園よりも、ご自身が不利益を被る可能性の方が高いです。

    長文失礼いたしました。
    お子さんの健やかな成長をお祈りしています。

    1. kikitadesu より:

      園長先生から直々にコメントをいただき、恐縮しております。貴重な時間に大切なお考えをお聞かせいただき、本当にありがとうございます。

      私の文章が拙いため、うまくつたわらない部分もあったのでしょう。だけど、チラッと見ただけで、しかも一度受け入れをして入金を受け取っている後に、辞退を促すような対応は、どう考えても誠意がありません。

      チラッと見ただけでも判断できる人もいるとおっしゃいますが、それは何人もの発達障害児を実際に診察して診断している専門医でないと、かなり難しいことだと思います。

      受け入れが難しいなら、もちろん幼稚園側から断るのが誠意ですが、ならば、入金前になぜしっかりと判断できる環境を持たなかったのでしょうか?

      私はただ断ることがひどいと訴えているのではありません。きちんと判断できる体制をとっていないのに、辞退を促しお金だけは持ち去ろうとする園長の守銭奴的な感覚がひどいと言いたいのです。

      発達障害は多種多様です。親は専門医や心理士などとつながりながら、子供が生きやすいように試行錯誤しながら育児していますが、度合いも全く違います。

      その上で、並行通園という形で、幼稚園に協力してもらいながら、成長を一緒に見守ってもらっている仲間はたくさんいます。

      現在進行形で話を聞きますが、発達障碍児を積極的に受け入れる幼稚園ではなくとも、保護者と子供に寄り添って、できる限り対応してくださる幼稚園もあります。

      息子の通う幼稚園も、発達障害児の受け入れの前例は殆どありませんが、できる限りのフォローをしてくださり、先生全員で情報共有をして支えてくださいます。感謝しかありません。

      幼稚園が受け入れ無理と判断するなら、断るのは仕方のないことです。オブラードにつつむとか、利益について語るとかではなく、なぜ保育が難しいのか、真摯に具体的に伝えていただければ、それで十分だと思います。

      最後に「幼稚園の悪評を吹聴」とありますが、悪評ではなく事実を周囲に言うだけです。何を困ることがあるのでしょう?(今回は自分のことではないので、聞き役に徹していますが)
      ウソのうわさを流すなら名誉棄損ですが、事実ですから。

      ママたちの間では、良い評価も悪い評価も幼稚園や習い事の情報交換はごく普通に行われてますよ。

コメントを残す


CAPTCHA