オービィ横浜に行ってきた!混雑状況と攻略法を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学5年生の娘は動物大好き!特に、ふれあい系が超大好きです。

 

ふれあい系といえば、ニューリアルしたオービィ横浜が気になる~!

 

ってことで、私、娘、このブログの主人公自閉症スペクトラム5歳の息子、夫の家族4人でオービィ横浜に行ってきました。

口コミでは、混雑が凄すぎて悪評も聞きますが、娘と息子は超満喫してきましたよ。

 

今回は、オービィ横浜の混雑状況と、楽しむための攻略法を伝授しちゃいます。

オービィ横浜とは?

オービィ横浜を知らない人のために、まずはどんなところか軽く紹介します。

 

オービィ横浜は、みなとみらいの「MARK IS みなとみらい」の5階にある、動物とも触れ合える、動物をテーマにした屋内施設です。

 

動物と触れ合えるエキシビジョンは全部で3つ。全て別途料金がかかります(フリーパスで入れます)。

 

  • アニマルガーデン(カピバラ、カメ、鳥さん色々、ヘビ、カエルなどがいます)
  • キャットパラダイス(猫ちゃんといっぱい触れ合えます)
  • アニマルスタジオ(ひよこ、インコ、ハリネズミなど、小さな動物たちと触れ合えます)

 

その他、別途料金のアトラクションは4つ(全てフリーパスで入れます)。

 

  • マウンテンゴリラ(4D映像)
  • シアター23.4(巨大スクリーンで映像を楽しむ他、バードトレーニングなどのイベントもやっています)
  • マウントケニア(25度からマイナス20度の気温変化を体験できます)
  • メガバグズ(無視をテーマにした子供向けのプレイルームです)

 

無料で楽しめるエキシビジョンもあります。

 

  • アースクルージング(スクリーンに空を飛んでいるような映像で、正面から風が吹いてきて、まるで自分が空を飛んでいるような気分を味わえます)
  • インフィニット アクアリウム(熱帯魚のいる水槽が、照明と鏡で神秘的な雰囲気に演出されています。かなり狭くて、すぐ終わります)
  • ベースキャンプ(立体のスクリーンに映像が映っているだけです)
  • アニマルセラフィー(スクリーンに自分を移して、映像が変化するのを楽しみます)
  • タイムスライス(1秒間の動きを、人間と野生動物をスクリーンで比較できます)
  • エクストリームフォトスポット(合成写真を作って楽しめます。写真が欲しい場合は有料です。出来栄えは画面で確認できます)
  • 期間限定無料イベント(私たちが行った時は、なりきりにゃんこ展でした)

 

色々あるように見えますが、無料のエキシビジョンは、ショッピングモールにも良くありそうな、ちょっとしたお遊びスペースみたいな感じです。

 

ぶっちゃけ、大人が700円入場料を払って入っても、無料エキシビジョンだけだと全然物足りないです。

「700円、もったいなかったかも…」と思う可能性大!

 

平日空いた時間、あなたと未就学児の子供だけなら、大人の入場料700円分払って入れば、「まぁ、少しは楽しめたかな…。でも、もう来ないかも」程度の満足感は得られるかもしれません。

 

「有料エキシビジョンに入らないなら、行かなくてもいい」というのが、オービィ横浜へ実際に行ってみた率直な感想です。

 

その他、基本情報も紹介しておきます。

 

営業時間

月曜日~木曜日:9:00~21:00(最終入館20:00)
金曜日~木曜日・祝、祝前日:9:00~22:00(最終入館21:00)

 

所在地

神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目5番1号
MARK IS みなとみらい 5階

 

アクセス

横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」直結
JR・市営地下鉄「桜木町」より徒歩8分

 

料金

入館料:大人800円、中高生500円、小学生300円、幼児0円
フリーパス:大人2,200円、中学生1,800円、小学生1,500円、幼児1,200円
※障碍者手帳、療育手帳があれば特別料金で入れます!

参照:http://orbiearth.jp/(オービィ横浜公式HP)

 

オービィ横浜の混雑状況

オービィ横浜は、土日祝日は親子連れでとても混雑します。

私たちがオービィ横浜に行ったのは、3連休の初日です。

 

家族で朝型なので(っつーか、子供が超朝型で私と夫がひっぱられた)、「どうせ行くなら早い方が絶対いいでしょ」と、8時50分に到着しました。

チケット売り場に並んでいる人数は、ざっと50~60人ってところ。

 

おお、朝イチはやっぱりそこまで混んでないぞ。

 

でも、オービィ横浜は、入場チケットを購入する時にいちいち長い説明があるんです。

しかも、9時会館で、チケット販売も9時ちょうどから始まります。

 

だから、そこまで並んでいないのに、9時ちょうどからチケット販売されて、実際に入館したのは9時10分頃でした。

 

我が家は動物との触れ合いが目的です。というか、オービィ横浜に来る子連れ家族の殆どが、動物との触れ合い目当てできます。

且つ、9時会館のオービィ横浜ですが、ふれあい系エキシビジョンは、1つも9時から始まりません。

 

  • アニマルガーデン(9:30~19:30、最終受付19:00)
  • アニマルスタジオ(10:00~20:00、最終受付19:30)
  • キャットパラダイス(10:00~20:00、最終受付19:30)

 

だけど、最も早く始まるアニマルガーデンには列ができていました。

 

繰り返しますが、我が家の目的は動物との触れ合いなので、速攻アニマルガーデンに並ぶことに。

結局、初回には間に合わず、アニマルガーデンに入れたのは2巡目の10時でした。

 

私たちがアニマルガーデンを出た頃には、既に45分待ちとなっていました。

 

アニマルガーデンを終えた後、速攻でキャットパラダイスに並んだ私たち。だけど、既に45分待ちでした。

と言うのも、キャットパラダイスは他のふれあい系よりも定員が少なく20人で、回転が悪いんです。

結局、キャットパラダイスに45分間並びました。

猫に癒されました~。

 

キャットパラダイスが終わると、私と娘はアニマルスタジオへ。夫と息子はメガバグズへ。

メガバグズは、ぱっと見でもわかりましたが、全く混雑しておらず、すぐに入れたようです。

で、アニマルスタジオですが、これだけが6階にあって、ちょっと盲点的な場所です。だからなのか、行ったら次の回の11時30分に入れることになりました。

 

娘、ハリネズミをだっこ。

 

鳥さんたちとも触れ合えます☆

文章だとわかり辛いので、オービィ横浜での行動を時系列的に書いてみます。

 

8:50
オービィ横浜到着

9:10
チケット購入して入場→アニマルガーデンに並ぶ

10:00
アニマルガーデン入場(待ち時間約45分)

10:15
アニマルガーデン終了後即キャットパラダイスに並ぶ

11:00
キャットパラダイス入場(待ち時間約45分)

11:15
キャットパラダイス終了後即アニマルスタジオに並ぶ
(夫と息子はメガバグズに並ばず入場)

11:30
アニマルスタジオ入場(待ち時間約15分)

12:00
アニマルスタジオ終了

 

ここで一旦オービィ横浜を出て、MARK IS みなとみらいのフードコートでお昼ご飯を食べました。

 

オービィ横浜は再入場が可能です。

 

で、1時過ぎに戻ってきたら、ふれあい系エキシビジョンは大変な待ち時間になっていました。

 

  • アニマルガーデン:75分待ち
  • キャットパラダイス:90分待ち
  • アニマルスタジオ:60分待ち

 

うっぎゃーって感じです。

私たちの再入場の目的は、ふれあい系ではなく、シアター23.4で行われるバードトレーニングだったので、影響なしでしたが、午後から来た人は大変だったろうなぁと思います。

 

ちなみに、酷い時は120分待ちの時もあるんだとか!

ディズニーランドも真っ青ですね。

 

オービィ横浜の攻略法

オービィ横浜の攻略法は、とにかく朝イチを狙う事!

 

今回、私たちは会館10分前に着きましたが、どうせならば、アニマルガーデンの1番目を狙って、もっと早く来るべきでした。

次にもしオービィ横浜に来るなら、私はこうすると思います。

 

  1. 8:30
    オービィ横浜着
  2. 9:00
    会館→入場→速攻でアニマルガーデンに並ぶ
  3. 9:30~9:45
    アニマルガーデンで、終了後即キャットパラダイスに並ぶ
  4. 10:15~10:30
    運が良ければキャットパラダイス2巡目に入れるかも
  5. 11:00
    アニマルスタジオに入場
  6. 11:30
    早めのランチ
  7. 12:30
    再入場してふれあい系以外のエキシビジョンで遊ぶ

こんな感じが理想かな。

触れ合い系以外のエキシビジョンは、そこまで混雑していないので、割とスムーズに入れると思います。

 

我が家は結局、有料エキシビジョンは「アニマルガーデン」「キャットパラダイス」「アニマルスタジオ」「メガバグズ」「シアター23.4」だけでした。

まだ下が5歳で、しかも発達障害で、特定の音や暗い場所を恐がるところがあり、映像系に入ってどうなるか予測不能だったので、やめておいたんです。

 

ちなみに、シアター23.4は、13:30から特別プログラム「バードトレーニング」をやっていました。

実物の鳥さんたちが、シアター内を飛ぶエキシビジョンで、自分のすぐ上を颯爽と飛んでいく様は、なかなかできない貴重な体験でしたよ。

 

その後、無料イベントブースの「なりきりにゃんこ展」へ。

ちょっとしたゲームなどがあり、子供たちは充分楽しんでいました。こちらの混雑状況は、人気のゲームだけ5~6分待つかなぁくらいで、殆ど並ばず楽しめましたよ。

 

フォトスポット。空き具合のご参考に!

自閉症スペクトラムの息子、モザイク入りですが、超笑顔です。

 

ということで、オービィ横浜は、土日祝日は超混んでます。

混雑状況は、公式Twitterでつぶやいてくれますが、混雑日、1日1回混雑状況をツイートしてくれる程度で、あまり当てにできません。

 

だから、土日祝日「ちょっくら行ってみようか」と、ランチ後にオービィ横浜に来るのは、すごーく危険な行為です。

 

もしも、午後から行くなら、パスポートを購入する前に、チケット売りのお姉さんに混雑状況を聞いて確認しましょう。

そうしないと、せっかくのパスポート、元が取れない可能性が出てきます。

 

それから、超重要事項です。

 

オービィ横浜は超並びますが、「受付する前までなら、代表者が1名並んでいればOK」というルールです。

 

触れ合い系エキシビジョンは、次の順番の人たちだけが並ぶスペースがありますが、これが受付です。

受付の時は全員揃っていなければなりませんが、それ以外は代表者のみでOKなのです。

 

私、キャットパラダイスに並んでいた時、たった1人の代表者に、後から子供と大人合わせて10人位ワラワラやってくるのを目撃しました!!!

でも、それでOKのルールなので、どこからも文句が出ません。まぁ…まさか10人も後から来るとは、誰も思ってなかったかもしれませんけど…。

 

だから、オービィ横浜で子供を楽しませたいなら、夫婦、もしくは誰でもいいから大人2名体制で行くべき!

 

大人1人で子供を連れて行くと、長い待ち時間をひたすら子供と待ち続けなければらず、トイレにも行けなくなっちゃいます。

一方、大人が2人いれば、どっちかが並んで、どっちかは待ち時間の間、子供と無料のエキシビジョンで楽しんで時間を過ごすことができるんです。

 

無料のエキシビジョンは、ちょっとしたお遊び程度なのですが、結構楽しかったです。

息子はアースクルージングがお気に入りでした。ガラガラで座れて、しかも風を感じられて涼しくて、とっても快適でした。

 

それから、館内はエアコンが効いていて暑いくらいなので、寒い日でも脱ぎ着できて、調節可能な服装で行ってくださいね。

 

オービィ横浜は動物好きにおすすめ!

超鬼混雑するオービィ横浜ですが、動物好きにはとってもおすすめの屋内施設です。

あれだけの種類の動物と、間近でふれあえる施設って、他に思い当たりません。

 

なので、「子供も私も動物大好き」というなら、行く価値あり!

しっかり攻略法をマスターすれば、効率良く楽しめるので、今回紹介した方法を是非参考にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA