幼稚園の勉強系VSのびのび系対決!どっちが子供に良い環境?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が普段から良く見ているサイトで、「子供の幼稚園は、勉強系とのびのび系どっちが良いですか?」という質問があり、たくさんの回答が並んでいました。

その殆どが「子供にとって良い環境はのびのび系」という意見。

勉強系幼稚園に通わせている人の意見は超少数でした。

 

うちの息子(自閉症スペクトラム)が通う幼稚園は、いわゆる勉強系。

だから、「ふ~ん」という感じで眺めていたのですが、読んでいる内に「もしかして、専業主婦VSワーママみたいに、勉強系VSのびのび系みたいな図式ある?」と感じてきた私。

 

そこで今回は、実は根深い幼稚園の勉強系VSのびのび系について考察します。

幼稚園の勉強系VSのびのび系の図がすごい

今回私がたまたま目にしたのは、「子供の幼稚園は、勉強系とのびのび系どっちが良いですか?」という質問。

これについての回答の内容の一部を抜粋します。

 

幼稚園は勉強系がおすすめの意見

  • 色々な経験ができる
  • 小学校入学に不安がない
  • 子供にハマるとすごく楽しめる

 

幼稚園はのびのび系がおすすめの意見

  • 子供にとって最も重要なのは遊び
  • 勉強は家でもできるが、子供同士の遊びの場は幼稚園でしか経験できない
  • 子供同士のぶつかりあいから人間関係を学ぶ
  • 毎日本当に楽しそうに幼稚園に通っている

 

幼稚園の勉強系のびのび系どちらからもあった意見

  • 入学直後に差はあっても夏休み頃には足並みがそろう
  • 大人になって「どこの幼稚園出身か」なんて問われることはない

 

で、私が個人的に気になったのは、のびのび系押しの勉強系幼稚園への偏見。

  • 勉強系幼稚園は子供を押さえつけている
  • 行事がまるで保護者を喜ばせる目的みたい
  • 喧嘩してもただ謝らせておしまいだから、人間関係を築くのが下手な子が多い
  • 幼稚園で先取りしてるから、入学後授業が簡単すぎてダレる
  • 自分はできるという優越感から、できない子供を馬鹿にする嫌な奴が多い
  • 幼児期に遊びが足りなくて可哀想
  • 結局自分の周囲で優秀なのは勉強系ではなくのびのび系幼稚園出身者ばかり

 

うっわ…。勉強系幼稚園の印象悪過ぎなんですけど…。

 

これをね、勉強系幼稚園出身の人が言うなら、まだわかるんですよ。

でも、これらの意見を言うのは勉強系を選ばずのびのび系の幼稚園に行かせた人ばっかり!

 

お~い、それって机上の空論ってやつじゃねーの?

人のうわさ話ばかりで、自分の経験を語っていないんですけど…。

 

幼稚園は勉強系よりのびのび系の方がその後優秀?

なんだ?のびのび系幼稚園ママの勉強系幼稚園への敵意は!?

そう思った私は、「幼稚園 のびのび系 勉強系」で色々検索してみましたよ。

 

そしたら、やっぱり「のびのび系か勉強系か」で悩む人の相談スレが結構あって、そこへの回答がまたたくさんあって、しかも傾向が今回私が読んだものと同じ。

 

多くが「幼稚園はのびのび系が良い」という意見。

そして、自分が行ってもいないのに「勉強系幼稚園の子供たちは…」と勉強系幼稚園サゲの意見。

 

一番ビックリしたのは「子供の幼稚園を検討中ですが、勉強系幼稚園出身のお子さん、小学校生活はどうですか?」という質問に対して、勉強系幼稚園卒ではなく、なぜかのびのび系幼稚園卒の母親たちからたくさんの意見が投稿されていたこと。

その内容は、やっぱり「のびのび系最高!勉強系サゲー」の意見。

 

いや、聞いてないでしょ、あんたたちにはって感じ。

 

どのスレを見ても、勉強系幼稚園の人の意見は少なく、のびのび系幼稚園の意見が殺到しているんですね。

 

特に「のびのび系幼稚園で勉強がなくても、小学校では問題ない。むしろ優秀なお子さんが多い」という意見がとにかく多い。

でも、蓋を開けると、それは幼稚園の系統からくる差ではないんですよね。

 

小学校でも問題なく、高学年になって伸びるお子さんって、親が教育熱心で、のびのび系幼稚園に通わせつつ、家庭では幼児教室他習い事を複数通わせ、小学生も早い内から塾通いさせているような家庭なんですよ。

 

結局「習い事やお教室で充分お勉強は事足りてるから、幼稚園で改めておっそい進度で勉強中する必要はない」という人たちなんですね~。

 

もちろん、そういう方が選ぶのびのび系幼稚園は、超厳選されています。

ただの放牧のびのびではなく、良く聞くと体験型の行事がとても充実していて、先生の数が多く目も手も良く行き届いている整った環境。

 

子供を小学生受験させた友人がいますが、通っていた幼稚園は有名私立小学校付属で超のびのび系でした。

付属に関わらず、後に優秀になるお子さんが通うのびのび系って、そういうところなんですよね。

 

「子供にとって何より遊びが大切!」とか言っていて、実は裏でガッツリ勉強させているのが、優秀な子供がのびのび系出身に多い本当の理由。

 

家庭環境が同じなら、ぶっちゃけのびのび系だろうが勉強系だろうが、「大差なし」というのが現実なのだと思います。

 

だけど、のびのび系幼稚園最高意見派は、そういう家庭環境(経済含む)を無視!

 

「子供は遊ぶもの。遊びこそ至高」

 

だから、「幼児期にお勉強なんてかわいそう。ぎっちぎちで不幸。強制されて叱られるなんてとんでもない」となるんですね。

きっと、ふざけた子供を廊下に立たせる幼稚園なんて、「とんでもない!」って思うんだろうなぁ。

 

で、そんな勉強系幼稚園に通っている子供は、抑圧されてるから小学校では返ってひねくれて、その内落ちこぼれるんだという論理になるわけですよ。

なんで、そんなに勉強系幼稚園を敵視するかなぁ。

 

のびのび系幼稚園の良さを語る時に、勉強系サゲ発言いらなくない?

 

勝手にライバル視しないで欲しい。

あんたら、のびのび系しか経験ないんだから、のびのび系のことだけ語ってろよって思う。

 

発達障害の息子が通う幼稚園はいわゆる勉強系

のびのび系幼稚園最高意見が鼻息荒い中、勉強系幼稚園卒の母親の意見は冷静でした。

 

  • うちの子供には合っていた
  • 色々な体験ができるのが楽しそうだった

 

勉強系幼稚園に通うメリットというより、「うちの子には良かった」という意見が多く、「何系かより、子供が楽しく通えるかどうかを優先した方が良い」というアドバイスが基本でした。

 

もちろん、「幼稚園のアドバンテージなんてすぐ埋まる」というのは、勉強系幼稚園の人たちは重々承知です。

 

私の息子は発達障害ですが、通っている幼稚園は勉強系で、以下のような特色があります。

 

  • 毎朝園庭での活動(色々なサークル運動)あり
  • 朝の会では発声練習、リトミックあり
  • フラッシュカードあり
  • 時計や数字を読む時間あり
  • 漢字教育で絵本は漢字も使われふりがななし
  • 漢文や俳句の音読あり
  • 運動会、お遊戯会、音楽発表会は練習時間が多く昼食時間が遅れることあり
  • 靴を揃える、姿勢を綺麗に保つ、順番を守るなど躾もしっかり
  • 専任講師による体操の時間、英語の時間あり
  • 年中で運筆、年長でひらがな、アルファベットの書き取りあり

 

わ~、いかにものびのび系最高はに嫌われそうな内容~。

実際、「え?あそこの幼稚園に通ってるの?」という反応されたこと、かなりあります。

 

でもね、私がここの幼稚園を選んだのは、勉強系だからじゃありません。

 

上の子が転勤で転園しなければならなくなった際、3カ所の幼稚園を見学したのですが、ここの幼稚園の子供たちが一番快活な笑顔を見せてくれ、先生方の眼差しが子供たちに向けられており、何より「できることは自分で」という教育理念と、それでいて「できるまでゆっくり待つ」という暖かな見守りの姿勢があったから。

そして、超人見知りで真面目な上の子には、規律ある幼稚園の方が合っていると思ったから。

ぶっちゃけ、漢字教育やフラッシュカードに興味はありませんでした(笑)。

 

私の思惑通り、見事娘は幼稚園にハマりました。

まぁ、泣きましたけど、これは想定内。

行事の度に楽しそうに練習の様子を語ってくれ、本番では満面の笑顔で生き生きと活動していました。

 

さて、第二子の息子は発達障害(自閉症スペクトラム)で、最初は別の幼稚園も探していたのですが、娘の経験上幼稚園への信頼が厚く、「やっぱりここが一番」と思って通わせることに。

 

のびのび系幼稚園最高派からのご意見「勉強系幼稚園はできない子供を叱りつけて委縮させる」などということは一切なく、丁寧に、本当に心あたたまるフォローをしていただき、息子は泣くこともあるけれど、先生もお友達も大好きで、安心して幼稚園生活を送っています。

また、規律があるのは息子にとってわかりやすいようで、カリキュラムがあるのも見通しがつきやすく、これは想定外にカチッとはまってくれました。

 

実は、娘がこの幼稚園に転園する前の幼稚園も「軍隊式」なんぞと言われる躾に厳しい幼稚園でした。

でも、厳しいと言っても、別に特別な事をしているわけではなく、当たり前に挨拶をし、行事には一生懸命取り組むだけ。

結局転勤で半年しか通えなかったけど、私の方が寂しくなる位素敵な幼稚園でした。

 

恐らく、勉強系幼稚園を選ぶ父兄の多くは、「勉強に強いから」という要素以外にも多くの魅力を感じて幼稚園を選んでいるのでしょう。

だから、「勉強系とのびのび系、どっちの幼稚園が良い?」「勉強系の幼稚園に通わせてどうですか?」と聞かれても、ピンとこないんだろうなぁ。

 

だって、勉強させるつもりで幼稚園に通わせているわけではなく、我が子に合った幼稚園が、たまたま勉強も取り入れているだけって感じでしょうから。

 

息子の幼稚園に通っている母親たちも、「この幼稚園だから勉強は完璧っ!」なんて、誰も思ってません(苦笑)。

 

そもそも、フラッシュカードも漢字教育も「小学校の先取り」ではなく、当たり前にふれることで脳を活性化させ、子供に合わせたテンプでカリキュラムを組むことで、より楽しく活動的になるのが目的なのです。

「勉強系幼稚園の先取り教育なんて、入学後はすぐ追いつかれちゃうわよ」という意見は、見当違いなんですよ。

 

子供にとって良い環境は勉強系かのびのび系かでは選べない

子供にとって、幼稚園は勉強系が良いのか、のびのび系が良いのかという質問をたまに見かけるけど、結局重要なのは「我が子にはどっちが合うのか」を親が見極めることなんですよね。

 

まぁ、子供には順応性があるので、結局どこに行っても「今自分が所属している場所が一番好き」となるのが殆どなんだけど、特色が分かれる幼稚園だからこそ、「全然合わなかった…!」となった場合、辛いのは子供です。

とは言え、殆どの幼稚園が、子供への愛情を持って接してくれるから、仮に合わなくても乗り越えられるでしょう。

子供って柔軟だからね。

 

うちの息子のように発達障害がある場合は、ちょっと話は違いますが…。

発達障害やグレーな子の幼稚園選びで気をつけるべきことについては、コチラの記事をごらんください!

自閉症グレーの幼稚園の選び方!子供が幸せな園生活を送る方法

 

それから、同じ勉強系、のびのび系でも幼稚園によってカラーも教育理念も変わります。

 

だから、幼稚園選びで最も重要なのは、口コミではなく自分で幼稚園に直接問い合わせて対応を知り、見学して自分の目で幼稚園を見ることです。

 

不明点や不安なことは、幼稚園に直接聞くのが一番。

そのやり取りの中で、「この幼稚園ならば!」と思う所を選べば、間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA