トイレトレーニングを2歳4カ月で始めるのは早い?娘の場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和の時代は、1歳代でオムツが取れるのは割と良くあることらしい。

私の姉は、1歳後半でパンツになったんですって!

私も2歳前半には、もうすっかりパンツだったらしいです。

 

ならば!私の娘も2歳前半でトイレトレーニングを終了させようではないか!

 

そう思った私は、まだトイレ間隔が大して開いていない娘が2歳4か月の時に、トイレトレーニングを決行しました。

今回は、上の娘のトイレトレーニングを2歳4カ月で始めた時の記憶を振り返ります。

トイレトレーニングを2歳4カ月で始めようと思った理由

今時は、3歳からのトイレトレーニングも決して遅くない、どころか、2歳代でパンツだと「早いね~!」と褒められるくらいです。

それでも、娘が2歳4カ月でトイレトレーニングを始めようと思ったのは、次のような理由でした。

 

  • 2歳の誕生日頃から言葉がメキメキ成長し、会話がスムーズになった
  • トイレに興味を持っていた
  • お風呂の時、浴室で全裸になった娘に「ちっちでる?」と聞くと、5割くらい出た

 

育児書を読むと(第一子の時は真面目だった私)、2歳4ヶ月の娘は、トイレトレーニングを始める準備OK状態ではありませんか!

 

この状態に加えて、第一子の育児に気合が入っていた私。

「人より早くトイレトレーニングを完了させてやる!」という、良くわからない見栄のようなものがありました。

娘は早生まれなので、「入園に間に合うように」と少々焦っていたのもあります。

 

実は、この頃の娘は、まだまだ頻尿で、1時間立たずにオムツが濡れることも非常に多かったのですが、「トイレトレーニングすれば、間隔が空くかも」と、これまた良くわからない勝手な予感を信じて、トイレトレーニング開始を決めた私です。

 

いざ開始!2歳4ヶ月でトイレトレーニングの内容

時はきた!

1月生まれの娘は、5月で2歳4ヶ月になっていますが、お出かけ三昧のゴールデンウィークが終わってからトイレトレーニング開始することにしました。

 

私がどのように娘のトイレトレーニングを行ったのか、順序立てて説明します。

 

娘にトイレトレーニングを始めると予告

まずは、準備段階として、娘にトイレへの興味を持たせる工夫をしました。

 

  • 一緒にトイレに入る
  • 自分が超楽しそうにトイレをする(傍から見るとアホな位に)
  • 娘がトイレに興味を持っても、あえて「まだ早いよ」ともったいつける
  • ままごとや人形遊びでトイレを取り入れる

 

こうして、娘へのトイレの興味が最大限になったところで、「ゴールデンウィークが終わったら、娘ちゃんもトイレの練習しようね」と、笑顔で語り掛けました。

そして、3日前くらいから、寝る前に「〇日からトイレの練習だよ。楽しみだね」と、娘の気持ちを盛り上げていました。

 

オムツにして時間でトイレに誘うことから開始

さて、ついにトイレトレーニング実行の日がやってきました。

と言っても、初日はオムツで過ごし、要所要所でトイレに誘うというやり方です。

 

トイレトレーニング初日はこんな感じでした。

 

トイレに誘った時間と成功記録

6時半 起床後 → なし
8時前 テレビの前 → ウンチ&おしっこ成功☆
9時半 お出かけ前 → なし
12時 お昼寝前 → なし
16時半 帰宅後 → おしっこ成功☆
18時半 お風呂前 → なし
19時半 就寝前 → おしっこ成功☆

おしっこ 3回成功
うんち 1回成功
使用したオムツ 5枚

 

なんと!初日なのにトイレで3回もおしっこできたよ~!

 

うちの子、もしかして天才?

と、舞い上がった私です。

 

ちなみに、娘は便秘体質で、ウンチが非常に固いせいか、オムツよりトイレの方が出しやすかったらしく、初日に成功してからずっと、ウンチだけは自己報告し、必ずトイレでできるようになりました。

 

出だしが良かったので、このままオムツでトイレトレーニングを続けました。

 

トイレトレーニング2日目
おしっこ:2回成功
うんち:1回成功
使用したオムツ:6枚

 

トイレトレーニング3日目
おしっこ:3回成功
うんち:1回成功
使用したオムツ:6枚

 

トイレトレーニング4日目
おしっこ:1度も出ず
うんち:1回成功
使用したオムツ:6枚

 

トイレトレーニング5日目
おしっこ:2回成功
うんち:1回成功
使用したオムツ:6枚

 

トイレトレーニング6日目
おしっこ:2回成功
うんち:1回成功
使用したオムツ:6枚

 

お気付きでしょうか?

トイレでおしっこすることはあっても、私用するオムツの数が、トイレに行こうが行くまいが変わらないことを…。

 

ウンチをトイレでできるようになったのは大収穫だけど、2歳4カ月でトイレトレーニングを開始して1週間、「これって、やっている意味あるのかなぁ…」と、私の方が軽く疲れてしまいました。

 

家ではパンツ、外ではオムツでトイレトレーニング開始

オムツでのトイレトレーニングに行き詰まりを感じていた私は、娘と良く行く支援センターの保育士さんに、トイレトレーニングについて聞いてみました。

 

相談した保育士さんには娘がいて、2歳の誕生日を境に、いきなり布パンツで過ごさせるという方法でトイレトレーニング始めたそうです。そして、1ヶ月で完了!保育士さんの娘は、僅か2歳1ヶ月で完全パンツマンとなりました。

 

すごーい!やっぱり、訓練すると結果がでるのかなぁ。

でも、娘はまだおしっこの間隔がそこまで開いていない…。

 

そこで、保育士さんに「おしっこの間隔があかないまま布パンツは危険ですか?」と聞いてみました。

すると、こんなお答えが帰ってきましたよ。

 

「それは、やってみなければわからないかなぁ。布パンツでおしっこが出ることを実感して、徐々に間隔が空いてくる場合もあるし、膀胱が未発達で、間隔があかない場合もあるし…」

 

結局は、母親次第ということらしい。

トイレトレーニングにおもらしはつきもの。それ故に、洗濯物が増えたり、床掃除が増えたり、着替え回数が増えたりするけれど、その手間を惜しまずやるかどうかの母親判断だと言っていました。

 

この話を聞いて、若干萎え気味だった気合が復活した私は、娘とパンツ生活を始める決意をしたのです!

そして、次の行動に出ました。

 

  • 娘と一緒に可愛いパンツを買いに行き、気持ちを盛り上げる
  • 可愛いパンツを家で見せながら、「明日からおうちではパンツで過ごそうね。オムツとは違って、パンツでおしっこするとビショビショになっちゃうよ。だから、おしっこはトイレでしようね」と言い聞かせる。

 

娘もノリノリです。

 

次の日、娘が大好きなドキンちゃんのパンツをはかせると、初パンツに超ご機嫌!

「ドキンちゃんのパンツ履いたの~!」と、めっちゃ嬉しそうでした。

 

が、僅か15分後におもらし。

 

「ちっち出ちゃった…」と、気まずそうな娘でしたが、私は「教えてくれてありがとう。次はトイレでできるといいね」と、ニコニコで対応。

その後、お気に入りのテレビを45分位観て、おもらしなしで過ごし、お出かけ前にトイレでおしっこをして、オムツに履き替えて外出。

 

おお~、おもらし1回だけ!もしかしたら、このまま上手く行っちゃう?

 

そう思った私が甘かった!

外出から帰宅し、パンツになると、1時間でおもらし3回…。

 

娘はおもらししたことで相当プライドを傷つけられたらしく、ご機嫌斜め。

それが悪く影響して、トイレに連れて行っても出ない、そしておもらしを繰り返しました。

 

それでも、家ではパンツ、外ではオムツでトイレトレーニングを続けると、トイレでの成功率がアップ。

トイレトレーニングを始めて16日目で、パンツ時のおもらしゼロを初めて迎えたのですが、オムツの時はオムツにする娘。

 

このまま順調に進むかと思いきや…、この後、2歳4カ月で始めたトイレトレーニングは後退をはじめます。

 

2歳4カ月でトイレトレーニングを始めて親子でトイレ地獄に堕ちる

私も娘も、トイレトレーニングを開始してから、寝ても覚めてもトイレのことで頭がいっぱい。

 

娘はおもらしをするのが嫌で、でもおもらしをしてしまうから、段々パンツを嫌がるように。

しかも、トイレに座ったら、おもらししたくないから、おしっこが出るまで30分座り続けることも…。

 

私も、おもらしを大らかに受け止めるつもりでしたが、なんせ回数が多いので、「もう断念したい…」という気持ちが大きくなっていました。

しかも、結局おもらしは1日数回するのが常。

今思い返せば、明らかに膀胱がまだ未発達でした。

 

それでも、ズルズルとトイレトレーニングを続けた結果、トイレに生活を支配される感じで、私の方が先に「もう嫌!」となってしまったのです。

 

で、梅雨の洗濯が乾きにくい時期、娘が2歳5ヶ月の時に、トイレトレーニング完全停止となりました。

 

2歳4ヶ月でトイレトレーニングを始めたメリットとデメリット

結局殆どふりだしに戻り、なんだか無駄に過ごした1ヶ月のようですが、実はメリットもありました。

 

  • ウンチは完全にトイレでできるようになった(これは大収穫!)
  • 親子で1つの課題に取り組むという経験ができた

 

大変だったけど、親子で悪戦苦闘した経験は、決して無駄ではなかったと思います(っつーか思いたい)。

もちろん、2歳4カ月でトイレトレーニングを始めるデメリットもありました。

 

  • 時期尚早で、親子でストレスが半端ない
  • 「お昼寝前にトイレでおしっこ」(出なければ延々入っている)という、面倒臭い拘りができてしまった

 

早いタイミングでのトイレトレーニングは、成功することもありますが、私と娘のように、挫折することもあります。

結局、トイレトレーニングはやってみなければわからないという、保育士さんの言葉通りの結果となりました。

 

娘のトイレへの拘りも、完全オムツに戻してしばらくするとなくなり、ウンチ以外は完全オムツ生活です。

娘のトイレトレーニング第一弾は、これにて終了となりました。

 

再開したのは、夏休みが終わった2歳8ヶ月から。

この時の話は、また別の機会に…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA