としまえんに行ってきた!混雑・攻略・ランチ・お得に遊ぶ方法を伝授!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

としまえんは昭和時代から東京都内になる、歴史ある遊園地。

子供時代、家族と何度も行きました。

 

そして親になった今、今度は自分の子供を連れて、ゴールデンウィークに遊びに行くのが、毎年の恒例行事となっています。

 

そこで今回は、2019年最新!としまえんの混雑状況、攻略法、ランチ情報を写真満載で徹底解説!

としまえんをお得に遊ぶ方法も教えちゃいますよ。

としまえん基本情報

まずは、としまえんの基本情報から紹介します。

 

所在地
東京都練馬区向山3-25-1

 

電話番号
03-3990-8800

 

アクセス
電車:西武池袋線「豊島園」駅下車、徒歩1分
バス:西武バス練47「豊島園」下車、国際興業バス赤01「豊島園」下車

 

駐車場
メインゲート横(常時):1日最大1,500円
西ゲート横(臨時・HPでスケジュール要チェック):1日最大1,500円

 

参照:としまえん公式HP

 

料金は後術。お得に遊ぶ方法と一緒します。

 

としまえんの混雑状況

私たち家族がとしまえんに行くのは、遊園地で遊ぶのに最も適した春のゴールデンウィークです。そのため、結構な混雑です。

 

車で行ったのですが、10時開園で9時30分頃としまえんの駐車場に到着。

としまえんは住宅街の真ん中にある遊園地ですが、この時間は周辺道路の渋滞は特になく、駐車場もまだ余裕たっぷりでした。

 

しかし、ゴールデンウィークを舐めてはいけません。既にメインゲートにはチケット購入の列ができていました。

 

 

まだチケット販売が始まっていない故の行列です。

その後、いつもより早くチケット販売が開始、開園は早めの9時50分でした。

 

ゴールデンウィークや連休のとしまえんは、それなりに混雑します。

特に、人気のアトラクションは40~50分待ちになります。

 

また、家族連れが多いので、幼児でも楽しく乗れるアトラクションも割と並びます。

平均して20分くらい待つかな。

 

2019年のゴールデンウィークは悪天候が多かったためか、私たちが行った晴天日は、昨年のゴールデンウィークよりも混雑しており、一切並ばずに楽しめるアトラクションは殆どなしでした。

 

ちなみに、平日のとしまえんはガラガラの様です。

 

ただし、夏場はプールが大人気なので、この限りではありません。

 

としまえん攻略法3つ!

としまえんはガラガラの平日に行けたら、攻略法なんぞ不要です。

だけど、なかなか平日には行けませんよね。土日祝日やゴールデンウィークは混雑必須です。

それでも、快適に楽しむための攻略法は、以下の3つ!

 

  • 朝イチを狙う
  • 昼食も早め(できれば11時半前)にする
  • 混雑するアトラクションを先に乗ってしまう

 

特に、混雑するアトラクションを朝イチに済ますのがコツ。そして、混雑するアトラクションはコチラ!

 

  • サイクロン
  • フリュームライド
  • チャレンジトレイン

 

その中でも、チャレンジトレインは真っ先に乗るべきアトラクションです。

 

 

これ、ミニトレインを自分で運転できるのですが、とにかく回転が悪く、少ししか並んでいないのに超待たされます。

時間が経てば経つほど列が長くなるので、乗りたい場合は入場後ダッシュで並ぶべき!

 

サイクロンは回転なしのコースターなので、「乗ってみたい」という対象者が多く結構待ちます。

2019年のゴールデンウィークは40~50分待ちでした。

 

そして、フリュームライドも「乗ってみたい」と思う人が多い人気アトラクション。

回転があまりよろしくないため、こちらも40~50分待ちが平均です。

 

 

その他、意外にも並ぶのがミニフリュームライド。

 

 

最高に回転が悪いので、少し並んだだけでかなり待ちます。30分待ちは覚悟しましょう。

 

ここまできて、おわかりでしょうか。

 

としまえん攻略法は、列の長さではなく回転の悪さを考えるのが最大のコツ!

 

この他、回転の悪いアトラクションで割と混みやすいのは以下の通り。

 

  • バタフライダー
  • スナッピー
  • スカイトレイン
  • ミニサイクロン
  • フロッグホッパー
  • オートスクーター

 

幼児向きのアトラクションは、1回に乗れる人数が少なく、結構混みます。

 

逆に、「いつでも殆ど並ばずOK!」なアトラクションは以下の通り。

 

  • カルーセルエルドラド(メリーゴーランド)
  • カーメリーゴーランド
  • 模型列車
  • ブラワーエンジン(コースター)

 

乗り物以外のアトラクションで、幼児が楽しく遊べるものもあります。こちらもまず並びません。

 

  • ミラーハウス(鏡の迷路)
  • ジャングルハウス(屋内アスレチック)
  • こどもの森(屋外アスレチック)

 

休日にとしまえんへ行くなら、朝イチ(と言っても10時開園なので、そんなに早起きしなくても大丈夫)で入場、真っ先に混雑するアトラクションに乗って、後は混雑状況を見ながら調整するのが攻略法です。

 

としまえんランチ情報

としまえん園内には、レストランやスナックフード販売、フードカーなどがいくつもあるので、食べる物には困りません。

 

  • レストラン「カリーノ」(ファミリー向けレストラン)
  • レストラン「マサラ」(カレー専門店)
  • レストラン「キュートリバティーベル」(なんと1日飲み放題のドリンクバーあり!)
  • シャトルスナック・フラパイスナック(ラーメン、アメリカンドック、ソフトドリンクなど)
  • ディッピンドッツ(つぶつぶアイスクリーム屋さん)
  • くまさんのカステラ
  • マリオンクレープ
  • ばくだん焼(お好み焼きをボール状にしたみたいな食べ物)
  • インドNAN(ナンのカレー屋さん。コーヒー100円で飲めます)
  • グッドデイズ(ホットドックやチュリトスなど)

 

この他、車型店舗で、ラーメン、ホットグ、焼きそば、メロンパンなどが売られていました。

食べ物の価格帯は400~1,000円程度です。

 

12時頃になると、どこも長蛇の列になるので、ランチ購入予定の場合は、11時半前に済ませてしまうのが並ばないコツですよ。

もちろん、持ち込みOKなので、お弁当やパンを持参するのもおすすめです。

 

としまえんをお得に遊ぶ方法

としまえんの正規料金は以下の通りです。

 

入園券
大人:1,000円(中学生以上)
子供:500円(3歳~小学生)

 

のりもの1日券(入園+乗り物フリー)
大人:4,200円
子供:3,200円

 

キッズ乗り物1日券(入園+乗り物機種限定フリー)
大人:2,900円
子供:2,400円(3歳以上で身長110cm未満の子供)

 

しかし!としまえんはお得に遊ぶ方法がいくつもあるんです。

 

まず、ベネフィットステーション。我が家はこれを使っています。

乗り物1日券が、大人1,800円、子供1,000円なので、家族4人1日遊んでもたったの5,600円也!安いっ!

会社の福利厚生がベネフィットステーションなら、絶対に利用すべきです!

 

その他、有料制会員優待サービスでも、としまえんがお得になります。

 

  • dエンジョイパス
  • デイリーPlus
  • 駅探しバリューデイズ

 

ただし、このサービスは別途月会費がかかるので、他にも利用する優待があるかを考えて、入会するかどうか判断しましょう。

 

これらの有料会員サービス以外では、以下の方法でとしまえんがお得になります。

 

  • クレジットカード決済の前売りチケットを購入する(キャンペーン価格あり)
  • SEIBU PRINCE CLUBカードをチケット購入時に提示する(400円割引)
  • JFAカードをチケット購入時に提示する(300円割引)
  • としまえんの公式LINEを友達登録する(300円割引)
  • Club OFFを利用する(会社が入会している時に限り利用可能)

 

どうせ行くなら、お得に楽しまないとね!

 

ちなみに、としまえんには年間フリーパス(木馬の会)もあります。

家族で購入できるファミリーカードの場合、4人家族の場合は1人あたり約1万円程度で年パスが買えます。

入園はもちろん、1年中乗り放題、そして夏場はプール入り放題です。

 

詳細は木馬の会公式HPをチェックしてくださいね。

http://www.toshimaen.co.jp/ticket/mokubanokai.html

 

としまえんは子供から大人まで楽しめます!

私がまだ小学生だった頃も、毎年としまえんへ行きました。

30年以上経った今でも、充分楽しめるのが、としまえんのすばらしいところです。

 

幼児向けから、本格ジェットコースターまであるので、幅広い年齢層が楽しめるんですよ。

昭和のままのレトロな雰囲気が残っていながら、時代に合わせて新しいアトラクションを作っているので、時代が変わっても楽しさは変わりません。

 

特に、小学生中学年~高学年には、規模や乗り物種類がピッタリな遊園地だと思います。

11歳になる娘は、今年ついに2回転するコースターデビューしました。

 

お得にチケットをゲットすれば、コスパの満足感もたっぷりなので、遊びに行ってみてくださいね。自信を持っておすすめします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA