小学校ではどんな支援が受けられる?通級や個別級について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の息子は高機能自閉症の年長さん。今年度は就学の年!

 

ということで、小学校ではどんな支援が受けられるのかを調べてみました。

小学校には特別支援教育制度があって、いろいろな支援の方法があるんですよ。

 

今回は、小学校の特別支援制度に含まれる一般級での支援、特別支援教室、通級指導教室、個別支援教室について解説します。

小学校の特別支援教育とは?

文部科学省では、特別支援教育について以下のように説明しています。

 

「特別支援教育」とは、障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、適切な指導及び必要な支援を行うものです。平成19年4月から、「特別支援教育」が学校教育法に位置づけられ、すべての学校において、障害のある幼児児童生徒の支援をさらに充実していくこととなりました。

引用:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/main.htm
参照:文部科学省

 

特別支援教育は学校教育法に基づいているので、基本どこの小学校でも対応してもらえます。

要は、必要であれば小学校はそれぞれの子供に合った支援をしてくれるということです。

 

具体的な支援内容は、大きく分けると4つあります。

 

  • 一般学級での支援
  • 特別支援教室
  • 通級支援教室の利用
  • 個別支援教室の利用

 

一般学級での支援と特別支援教室は、各小学校によってどこまで対応するのかに幅があります。

小学校生活で子供に困難さがある場合、保護者が小学校と個別に相談をして、どんな形で支援をするのか、どこまで支援ができるのかを決めていきます。

 

一方、通級支援教室と個別支援教室は、特別支援教育総合センターでの判定が必要です。

 

別予算になる為、個人や小学校ではなく、外部の機関でしかるべきモニタリングをして、通級や個別の支援が必要かどうかを判定します。

残念ながら、「一般学級がふさわしい」という判定が出てしまうと、本人が希望しても通級や個別級の支援は受けられません。

 

就学相談については、下の記事に詳しく書いてあるので要チェック!

就学相談ってなにするところ?相談までの流れを解説!

 

一般学級で受けられる支援

一般学級は、以下のような仕組みになっています。

 

  • 1クラスの人数:最大40人(1~2年生は最大35人)
  • 教育課程:学習指導要項で定められた内容

 

一般学級でも個別支援は受けられますが、上記の内容が基本となっています。

授業スピードは決められており、個別支援学級のように本人の理解度に合わせた進度はできません。

 

では、一般学級では具体的にどのような支援が受けられるのでしょうか。一例を紹介します。

 

  • 座席の配慮(気が散りやすい場合最前列にする等)
  • 教材の工夫(書字障害の場合タブレットを導入する等)
  • 言葉がけの工夫(個別での声掛け等)
  • その他メディアの活用(板書が難しい場合デジカメで撮影する等)
  • イヤーマフの導入
  • クールダウン場所の確保
  • 支援員の導入
  • 特別支援教育コーディネーターを介したその他個別支援
  • 特別支援教室の開催

 

これらは一例であり、対応範囲は小学校によって変わります。

 

最後の特別支援教室ですが、これは自治体によっても内容が変わるようです。

私が住む自治体では、特別支援教室は「児童が在籍学級を離れて特別の場で学習するスペース」という位置付けです。

 

  • 遅れが大きい教科のフォロー学習
  • 社会性獲得に向けた指導

 

上記が特別支援教室の内容の一部で、先生や教室の数など、小学校の状況によって対応範囲は変わります。

 

一般学級の支援の場合、保護者が率先して小学校とコミュニケーションを取り、子供に必要な支援体制をお願いするのが必須となります。

 

ちなみに、一般学級に就学するけど個別の支援を必要とする場合、次のような流れになります。

 

  1. 小学校の校長先生と面談(具体的支援の相談)
  2. 口内委員会で支援内容を検討、決定
  3. 就学通知書の発行
  4. 就学健康診断
  5. 一般学級就学

 

通級も希望する場合、別途就学相談が必要です。

 

通級支援教室について

通級支援学級とは、一般学級に在籍しながら、一時的に学級を抜けて必要な支援教室に通う支援方法のこと。

所属は一般学級で、当然成績もそのクラスでつくため、「学習がおおむね理解可能」という条件がつきます。ストレートに言えば、知的に問題がない子供が対象の支援です。

 

通級指導教室は大きく2つに分けられます。

 

  • 情緒通級(自閉症スペクトラム、ADHD等)
  • 言語通級(吃音、難聴、発音不明瞭等)

 

自治体によっては、難聴と言語の通級が分かれていたり、弱視やLDに対応した通級もあるようです。

私の自治体では、情緒通級と言語通級では、次のような違いがあります。

 

情緒通級

  • 指導回数:概ね週1回~月1回(保護者と相談)
  • 指導形態:小グループ
  • 指導内容:SST(対人関係、コミュニケーション、認知の学習)

 

言語通級

  • 指導回数:概ね週1回~月1回(保護者と相談)
  • 指導形態:個別
  • 指導内容:言語、発音に関する内容、機器利用の訓練等

 

私の自治体では通級は一部の小学校にしか設置されていません。そのため、親の送迎が必要です。

また、どちらの通級も保護者付き添いが必須。運良く自校通級でも、結局保護者が付き添わなければなりません。

通級指導は療育と同じで、保護者にとっても学びの場なのです。

 

ちなみに、息子は吃音があるので言語通級を狙っています。

 

通級に通いたい場合、就学相談が必要になります。

 

前述しましたが、通級は知的な遅れがなく、小学校の授業についていけるのが大前提です。

ウワサによると、これがなかなか厳しく、IQ100でも「授業を抜けたらついていけないんじゃないか?」的な質問がぐっさぐっさとくるそうです。

 

しかも、情緒通級はかなりの激戦!先輩方からは「情緒通級狙うなら、どうしても行きたいんです!って強くアピールした方が良いよ」とアドバイスをいただいております。

 

情緒、言語に関わらず通級指導教室を希望する場合、以下のような流れになります。

 

  1. 小学校の校長先生と面談(具体的支援の相談)
  2. 就学相談(特別支援教育総合センター)
  3. 通級判定(判定が一般級の場合、通級は断念)
  4. 通級指導教室初回面談
  5. 入学後通級指導開始

 

個別支援学級について

個別支援学級は通級とは異なり、籍は一般学級ではなく個別支援学級になります。

 

  • 学級種:知的障害クラス、情緒障害クラス、弱視クラス(自治体によって異なる)
  • 学級規模:児童8名に対して担任1名
  • 教育課程:特別な教育課程を編成

 

ちなみに、自閉と知的を併発しているケースは多いと思いますが、私が住む自治体の場合、IQ75以下なら知的、超えている場合は情緒という明確な基準があります。

 

学級規模は知的、情緒、弱視別になります。全員が情緒障害ならば8名まで担任1名になりますが、知的、情緒、弱視が混ざり合っている場合、それぞれ別に担任が1名となります。

 

ここで問題なのが、個別支援学級の児童数が多かった時です。

最大8名パンパンのクラスだと、正直担任1名では手が足りないケースが多いのが現実です。

 

子供のタイプによっては、個別ではなく一般学級の方が落ち着いた学校生活を送れる場合もあります。

 

入ってみなければわかりませんが、個別と一般どちらにするか迷うのであれば、焦らずじっくりと情報収集した方が良いでしょう。

 

個別支援学級の場合、指導計画は個別に製作されます。勉強の進み方も子供によって違います。

ここも、先生の力量によって大きな差が出るところです。

 

個別支援学級を希望する場合、通級と同じように就学相談をします。

 

小学校でどんな支援を受けるかをじっくり考えよう

我が子に発達障害がなければ、一生知らなかった知識がどんどん入ってきます。

この情報が、我が子の小学校生活を快適にするか否かを大きく左右するのだと痛感しています。

 

息子が楽しい小学校生活を送れるように、これからも小学校とのコミュニケーションを密に取っていこうと思います。

 

今は、お願いすれば合理的配慮として小学校もかなり強力的な支援をしてくれる時代です。

就学に不安があるなら「なるようになる」ではなく、どんな支援があって我が子には何が必要なのかを良く考えてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA