ぐりんぱに行ってきた!対象年齢と楽しく遊ぶコツ・お得情報も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏だ!夏休みだ!ってことで、家族で静岡県にある遊園地ぐりんぱに行ってきました。

ぐりんぱの評判を見ると、意外と酷評が多いのですが、6歳の息子と11歳の娘はたっぷり遊んで大満足でしたよ。

 

そこで今回は、遊園地ぐりんぱに行ってきた体験談をレポート!対象年齢や楽しく遊ぶコツも伝授します。

ぐりんぱとは?

ぐりんぱとは富士山2合目にある遊園地です。

…と言っても、「遊園地」だと思って行くと、正直かなりガッカリします。

 

なぜならば、アトラクションの乗り物がとにかくショボイから。

 

年季入りまくりで、あちこち塗装がはげていて、昭和臭漂いまくりなのです。

とりあえず、アトラクションについて1つずつ体験コメントをさせていただきます。

 

ウルトラセブンコースター
ミニジェットコースターです。しかし、速度が物凄く遅くて「ちょっと急カーブする汽車的乗り物」って感じでした。6歳の息子は喜びましたが、アンコールはありませんでした。11歳の娘は全然物足りなかったようです。

 

ウルトラマン・グランプリ
ゴーカートです。スピードは出ませんが、エンジンのブルンブルンした感じが臨場感あり!6歳の息子は運転できませんが、助手席に乗ってるだけでも楽しかったようです。11歳の娘は運転を楽しめました。

 

フライングウルトラマン★シュワッチ
遊園地でよく見かける回転型の乗り物です。回転しながら高度が上がり、6歳の息子はニッコニコ。11歳の娘は「風が気持ち良かった」との感想でした。

 

ウルトラマンスタースウィンガー
こちらも幼稚園でよく見かけるブランコ型回転式の乗り物です。休止中でした。

 

みんなのかんらんしゃ
1周9分程度の大きな観覧車です。高い場所から景色を楽しめました。2歳以下でも楽しめます。

 

ふわふわウルトラマン
入っていませんが、良くあるふわふわ遊具です。

 

メリーゴーランド
乗っていませんが、良くあるメリーゴーランド(ミニ型)です。2歳以下でも楽しめます。

 

ビーバーフィーバー
水陸両用自転車型の乗り物です。コースによっては結構濡れます。そして、足がめちゃくちゃ疲れます。

 

風車のお家~気球であそぼ~
ゆっくり回転、ゆっくり高さが上下する平和な乗り物です。2歳以下でも楽しめます。

 

おもしろ自転車であそぼ
いろいろな面白自転車に乗れますが、種類は豊富ではありません。15分の入れ替え制です。

 

そよかぜサイクリング
良くあるペダルをこいで進む乗り物です。めっちゃ足が疲れます。

 

フジヤマの風
自分でカートを運転します。運転手は要免許です。1周3キロのロングコースで景色がきれいです(乗ってないけど)。2歳以下でも楽しめます。

 

お空のかんらんしゃ
超ミニミニ観覧車的乗り物です。2歳以下でも楽しめます。

 

ティーカップ
遊園地に良くあるティーカップです。室内にあるのでかなりミニ型です。2歳以下でも楽しめます。

 

フロッグホッパー
フリーホールのミニミニ版みたいな乗り物です。

 

みんなでシュシュポッポ
遊園地内を移動できる汽車型の車(?)です。線路はありません。2歳以下でも楽しめます。

 

いっぱいあるようで…、めちゃくちゃ幼児向けの乗り物が殆どなので、遊園地としての満足度はかなり低いと思います。

乗り物を楽しめるのは、幼児からせいぜい小学生までってところでしょう。

 

毎年GWにとしまえんで遊び倒す子供たちも、「一応乗るけど、1回で問題なし」って感じでした。

 

ちなみに、としまえんの体験レポートはこちら!

https://kosodate-ouenraita.com/2019/05/07/tosimaen/

 

では、なぜあえてのぐりんぱに行ったのか。

 

答えは、アスレチックが充実しているからです!!

 

ぐりんぱにはアスレチック型アトラクションが複数あります。単なるアスレチックではなく、それぞれテーマがあって面白いんです。

1つずつレポートします。

 

カッパ大作戦
水辺の上にあるアスレチックです。水に浮かべたイカダやタルに乗って進むアスレチックもあります。HPの写真を見るといかにも濡れそうですが、普通にやっていればまず濡れません。息子と娘が一番楽しかったのがこれで、3回もやりました。

 

ピカソのタマゴ
想像力や知能、運動能力など総合的能力を使って遊べるアスレチック。21コースあり、さまざまな運動ができます。他ではちょっと体験できない面白いアスレチックです。開園して間もなくだったので殆ど人がおらず貸し切り状態!家族みんなで楽しめました。本気でやると大人でもかなり筋力と体力を消費します。

 

忍びの掟
5階建ての建物内に、忍者の修行アクティビティがいくつもあります。ハットリコース、サルトビコースがあり、全て体験するなら2周しなければなりません。建物内では忍者っぽいBGMが流れていて、個人的感想ですが演出的にとっても良かったです。アクティビティは幼児~小学生が楽しめる内容ですが、運動という面で見れば大人でも体験する価値ありです。

 

ココドコ
遊園地やテーマパークでよく見かける立体迷路です。迷路内で謎解きをしながら8種類のスタンプを集めます。ただし、謎解きしなくてもスタンプの場所がわかりやすいので辿り着いてしまいます。とは言え、8カ所全部のスタンプを集めるには、かなりウロウロしなければなりません。アップダウンが激しくて、体力のない私は途中で投げ出したくなりましたが、子供たちは楽しそうでした。

 

ワイヤーマウンテン
安全綱であるワイヤーロープをつけて、高い場所で行うアスレチック。一番の目当てで行ったのに、当日はアトラクション不良でやっていませんでした(涙)。やりたかったなぁ…。

 

無料のうそつき林のアスレチックがありますが、小さな施設で完全に幼児向けでした。

 

この他、ぐりんぱには「おもちゃファクトリー・キッズフジQ」という、屋内遊戯施設もあります。

ボールプール、プラレールやトミカ、おままごと遊びのセット、ボードゲームなどがたくさんあり、入園料だけで遊べます。

ちなみに、ティーカップとフロッグホッパーはこの中にあります。その他有料(フリーパスOK)で迷路や小さなアスレチックもあります。

内容としては未就園児がターゲットかな?就学前ならそれなりに楽しめますが(息子は楽しそうだった)、小学生以上なら「休憩場所」になるでしょう。有料ですがマッサージチェアがありました。

 

それから、ぐりんぱの売りでもあるシルバニアファミリー等身大のおうちがあります。

かわいらしくて見ていて和みますが、シルバニアファンじゃなければ、ものの数分かからずに終わる内容です。

 

ぐりんぱの混雑状況

私たち家族がぐりんぱに行ったのは、夏休みの日曜日。

東名高速道路の渋滞を予想して、朝早く出発!ぐりんぱ駐車場に着いたのは8時15分頃でした。

 

その日の開園は9時で、駐車場はガラガラ。私たちより早く来ていた家族は数組程度。

9時に開園して最初の1時間は、ほとんど貸し切り状態でした。

 

お昼に近くなると、徐々に人は増えてきたのですが、やっぱりガラガラ(笑)

このガラガラ状態がぐりんぱの魅力かもしれません。とっても快適~。

 

だけど、アトラクションの回転率が悪いので、ものによっては20分位待ち時間が発生します。ガラガラなのに並ぶこともある遊園地です。

 

しかも、日によっては団体客(しかも中国人)がどっと押し寄せるときもあるそうです。

 

ぐりんぱの対象年齢は?

ぐりんぱはTHE!子供向け遊園地です。

大人のデートには向きません。

 

楽しめる年齢は幼児~小学生くらいまで。中学生になると、アスレチック以外はおもしろくないと思います。

 

ちなみに、ぐりんぱはペット同伴OK(ペットにも入園料がかかる)でドッグランもありますが、ペット連れの客はごく僅かでした。

 

ぐりんぱのお食事環境は?

ぐりんぱ園内にはレストランが複数カ所あります。

しかし、田舎の遊園地だから仕方ないかもしれませんが、値段が高い上にあまりおいしくありません。

 

ぐりんぱの口コミ情報でも酷評されています。

 

食事が割高なのは仕方ないが、歴史に残る不味さ。特にご飯。米の炊き方知らない人が炊いてる様な米のクオリティ。行った人全員が衝撃を受けてた。なので持ち込み推奨です。

 

食事は980円ほどのまるでレトルトの食品。しょっぱすぎて普段大食いの家族全員が残した。

 

レストランではかったーい薄い牛肉がライスの上に乗った「ステーキプレート」なるものが1800円で自販機のお茶を買いに行けば210円。

 

我が家は園内レストラン「ワイルドグリル・ハングリー」へ行きました。

 

  • 鉄板ハンバーグ(ライス付き):1000円
  • 鉄板ハンバーグカレー:1100円
  • 富士見焼きそば&ウィンナー:1000円

 

ハンバーグもカレーもレトルト感満載!富士宮焼きそばは既にできあがったものを盛り付けるだけ。

まずくはないけど美味くもないって感じでした。

 

一番割高感があったのは焼きそばです。量も大したことなくって「これで1000円!?高っ!」って感じです。

 

ぐりんぱは持ち込みOKなので、余裕があるならお弁当持参をおすすめします。

 

ぐりんぱを楽しく遊ぶコツ

ぐりんぱを楽しむために最も重要なのが天候です。

 

とにかくアトラクションが天候不良に弱い!

我が家が行った日はお休みのアトラクションが1カ所だけでしたが、口コミによるとほとんど全滅状態の日もあるんだとか。

 

有料道路510円、駐車場1000円払って現地到着。そしたら天候不良でスケート場しかやってない。入場前にこれだけお金払ってたら引き返せないから仕方なくスケートのみ楽しむ。
午後2時頃からようやくいろんな乗り物が動き始めたけどフリーパスの割引があるわけでもなく、非常に不親切。

 

平日だからか,天気は晴れ微風なのにアトラクションはほとんど動かさず.2人乗りゴーカートも1回800円も取るくせに,待ち人が10名程いるのにカートは1台しか動かさず.
今まで来た遊園地で最低レベルの「接客」です.
9:30オープン,晴天なのに10:30時点で利用できるアトラクションは2割程度です.

 

行く日は選んだ方が良い。

 

当日朝方雨予報も、ガイドマップで雨対応のアトラクション多数でした、しかし開園時雨も上がり子供達とチケット売り場へ、そこで目にした物は、稼働アトラクションが5個以下!

 

3月半ばなのに、温度が低くて中止って7℃あるけど、やる気なし過ぎ、一部やってますと書いてあって、聞けばわからない。わざわざ来てこれ。

 

曇りの日に行きました。裾野インターから降りて向かい、有料道路510円、駐車場1000円、もう後戻りはできない感じで、チケット売り場に行くとアトラクションはほとんどが運休。
子供が楽しみにしていたカッパ大作戦、ビーバーフィーバー、ココドコ、忍の掟、ワイヤーマウンテンは全滅。
雨ではできないと書いていますが、朝方霧雨でアトラクションが濡れているという理由で運休でした。

 

このように、運が悪いと、せっかく行ってもお目当てのアトラクションができません。

 

かと言って、晴天ならOKかと言うと…正直夏の晴天時もぐりんぱはおすすめしません。

なぜならば、日影が少ないからです。

 

富士山2合目でも、夏場の気温はかなり上がります。しかも紫外線が強いです。

そんな中、屋根なしアスレチック系アトラクションは、はっきり言って苦行です。

 

我が家は曇りを狙ってぐりんぱに行きました。結果大正解!爽快な気分で運動できました。

 

ぐりんぱは行く日を先に決めるよりも、「天気がこれくらいだったら行く」という目安をつけて、候補日をいくつか当てて当日、もしくは前日の夜に行くか行かないか決めるのが良いと思います。

 

ぐりんぱでお得に遊ぶ方法

ぐりんぱの料金は以下の通りです。

 

  • 入園料:(おとな1,300円、こども・シニア850円)
  • ワンデークーポン(おとな3,700円、こども・シニア2,700円)

 

だけど、超簡単な方法でもっともっとお得に遊べるようになります。

 

その方法とは、ぐりんぱのメルマガ会員になるだけ!

 

ものの5分で登録できちゃいます。

メルマガ会員になると、下記特別料金になります。

 

  • 入園料:(おとな1,150円、こども・シニア700円)
  • ワンデークーポン(おとな2,900円、こども・シニア2,300円)

 

しかも、メルマガ会員だけの特別なパック券も購入できるようになります。

 

  • 特別券【入園+アトラクション3回】(おとな2,000円、こども・シニア1,800円)
  • ファミリーパック4名【人数分ワンデークーポン+おもちゃクーポン1,000円】(11,000円)
  • ファミリーパック3名【人数分ワンデークーポン+おもちゃクーポン1,000円】(8,800円)
  • キッズパス【おとな1名未就学児のこども1名分のワンデークーポン※適用外のアトラクションあり】(4,800円)

 

我が家はおとな2人、こども2人の家族で、ファミリーパック4名を購入しました。

ちなみに、ファミリーパックのおもちゃクーポンは、ぐりんぱ内の売店にある商品なら何でも使えます。ただし、おつりは出ません。我が家はおみやげのお菓子を購入♪

 

詳細はぐりんぱHPをチェックしてくださいね。

http://www.grinpa.com/plan/

 

しかし、我が家は車で行ったので、駐車場代(1,200円)と有料道路料金(510円)がかかっています。

 

実は、ぐりんぱは有料道路を使わないと入れない位置にあるのです。

 

しかも、有料道路に入ってすぐの位置にあります。1kmどころか100mくらいしかないんじゃないか?

510円払って有料道路に入ると、本当に即今度はぐりんぱ駐車場ゲートになり、更に1,200円払うので、なんだか物凄くたくさんお金がかかっている印象を受けます。口コミでも、結構な悪評です。

 

有料道路(510円)内にあることに驚愕。
しかも、有料道路入ってすぐにぐりんぱの入り口。

 

入園手前で510円、すぐに駐車場が二重取りに感じる。

 

公共機関を使ってぐりんぱに行く場合は、御殿場駅、三島駅、富士駅からバスが出ています。

バスを使ってぐりんぱに行くなら、往復バスセット券が断然お得です!

詳細はコチラ
http://www.grinpa.com/access/

 

ぐりんぱで体をたくさん動かそう!

口コミを見ると、ぐりんぱの評価はかなり大きく分かれています。

実際に行ってみて、確かに客層がかなり絞られているなぁと感じました。

また、田舎ならではののんびりした従業員の対応に、イライラする人もいるようです。

 

だけど、我が家にとっては楽しい遊園地でした。

下調べをしっかりして、元々体を動かす目的で、しかも絶妙な天候を選んで行ったのが大正解でした。

 

ぐりんぱに遊びに行くなら、バッチリ情報を調べることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA