息子は自閉症スペクトラム

就学相談ってなにするところ?相談までの流れを解説!

私の息子は高機能自閉症。現在年長6歳で、来年の就学に向けてガンガン動き出しています。

 

先日は療育センター主催の就学相談説明会に行ってきたばかりです。バッチ勉強してきましたよ。

 

そこで今回は、就学相談とは具体的に何をするところなのかについて解説します!

続きを読む

放課後デイサービスの探し方!いつから?利用方法は?

高機能自閉症の息子も年長になりました。

来年は就学です。

 

小学校では療育に代わる通級がありますが、息子は言語通級希望で、情緒通級との掛け持ちはできないので、SSTを放課後デイサービスで受けられたらなぁと考えています。

まだ就学まで1年近くありますが、善は急げで放課後デイサービスを探し始めましたよ。

 

そこで今回は、放課後デイサービスの探し方を、現在進行形で探している私が解説します!

続きを読む

年長になった6歳高機能自閉症の息子の様子

しばらくぶりの息子ネタです。

 

3月はWebライターの仕事がたてこんで、そこへ春休みが入ってバッタバタ。

4月もWebライターの仕事がたてこんで、春休み明けは学校も幼稚園も早く帰ってくる日が多くてやっぱりバッタバタ。

あっという間にGWに突入して、鬼の10連休でバッタバタ。

 

GWも終わり、Webライターの仕事が落ち着いて、ようやく自分のブログを更新する時間と意欲ができました。

 

新年度に入り、高機能自閉症の息子は年長になりました。誕生日も迎えて6歳です。

この1年間は、就学前のとっても大事な時期。

 

さて、高機能自閉症の息子は、どんな新年度のスタートを切ったのでしょう?

続きを読む

5歳自閉症の息子、1年間の療育が終わって思うこと…

私の息子は自閉症スペクトラム。4月で年長さんになります。

 

2月いっぱいで、週1回の療育が終わりました。

そして先日、総括として療育の先生との面談がありました。

 

今回は、5歳自閉症スペクトラムの息子の1年間の療育を終えて、私が感じたことを素直に綴ろうと思います。

続きを読む

踊れない自閉症児の息子、幼稚園のお遊戯会の結果は如何に!?

私の息子は自閉症スペクトラム。現在5歳年中さん。

 

息子は踊れない幼児です。

 

思えば、良く行く児童館でも、ダンスや手遊び一切やりませんでした。

ラジオ体操も、当然できません。

 

プレ幼稚園時代も、簡単なお遊戯発表がありましたが、泣きながら棒立ちしていました。

年少時代のお遊戯会は、練習の時から見学が多かったです。

 

息子は、踊らないのではなく踊れないのです。

 

自閉症スペクトラムの特徴でもある凹凸の凹んだ部分がダンス系。

しかも、ものすごーーーーーく凹んでいるんです。

 

今回は、そんな踊れない幼児である息子の幼稚園のお遊戯会についてレポートします。

続きを読む

仰天ニュースで自閉症のピアニストを特集!秀逸な内容を紹介

1月29日の仰天ニュースで、自閉症の天才ピアニストが特集されるって?

これは観ないと!

 

私の息子は自閉症スペクトラムなので、発達障害と関係のある内容は、やっぱりとても興味があります。

で、実際に仰天ニュースを観たら、とっても秀逸な内容でした!

 

今回は、1月29日の仰天ニュースの「自閉症スペクトラムのピアニスト紀平凱成特集」の感想を語らせていただきます。

続きを読む

子供が発達障害かも…と思った時の対処法と相談窓口

最近は発達障害ブームと言っても過言ではなく、ちょっと「あれ?」ということがあっただけで、「子供が発達障害かも…」と思ってしまうご時世になりました。

 

しかし、情報過多の中、本当に正しい情報は何なのかがわからず、ただただ不安な気持ちを抱えながら、「きっと違う」と否定して、だけどやっぱりちょっとしたことで「もしかして」と再び不安になり、普通の子供になって欲しくて、つい厳しくしてしまうという負のスパイラルに陥りやすいのが現状です。

 

実際、身近に発達障害児の育児をしている人がいないと、具体的な話を聞けず、どこに相談したら良いのかもわからず、モヤモヤとした気持ちを抱えて母親の精神が先にダウンしてしまうという話も聞きます。

 

そこで今回は、自閉症スペクトラムの息子を育児中の私が、「子供が発達障害かも…」と思った時の対処法を教えます。

あなたの子供が発達障害と決まったわけじゃないので、どうか気持ちを楽にして読んでください。

続きを読む

自閉スペクトラム症の特性と診断基準とは?息子と比較しながら解説

最近ブームと言っても過言ではない発達障害。

情報が拡散される時、必ず誤解と不安が伴います。

 

特に、発達障害の中でも自閉スペクトラム症で知的な遅れがない場合、親は「あれ?もしかして発達障害?」と思いながら、確信が持てず、「でも、違うかも」と子供の困難さを感じながら、適切な対応をとれずに、親子で辛い状況に陥ることも…。

4歳で自閉症スペクトラムと診断された息子を持つ私ですら、「う~む」と悩んでしまう事があるくらいです。

 

そこで、2018年11月21日に放送された、今日の健康、「全力サポート!子供の発達障害」で、自閉スペクトラム症の特集がありましが、これがものすごーくわかりやすかったので、まとめてみました。

「うちの子、発達障害?」と思ったあなたに、是非読んで欲しいです!

続きを読む

発達障害の子供が七五三で写真撮影する時のポイント6つ

私の息子は自閉症スペクトラム。現在5歳年長さん。

 

男の子の5歳…そう…七五三という一大行事があります。

 

自閉症含む発達障害の子供の親にとって、七五三は最大の難関行事です。

だって、子供に普段とは全く違う服を着せ、写真撮影をし、子供にとっては異様であろうお参りをさせ、場合によっては両家を呼んで食事会も開かなければならないのですからっ!!!

 

特に、自由ではいられないどころか、あれこれと細かいポーズをとらされる写真撮影は、鬼門と言っても過言ではないでしょう…。

 

そこで今回は、発達障害の子供が七五三で写真撮影する時のポイントを伝授!

自閉症スペクトラムの息子の七五三の様子もレポートしちゃいます。

続きを読む

子供が発達障害かも…普通を求めて先送りにするリスク

発達障害の認知が広がりつつある今、「子供が発達障害かも…」という考えが頭を過ぎる人も増えていることでしょう。

 

11月17日にNHKで放送された「ウワサの保護者会」では、「発達障害かも…どうすれば?」というテーマで、小中学生の我が子の発達障害を疑う親たちが悩みを口にしていました。

 

私の息子も発達障害で、自閉症スペクトラムですが、最初は我が子が自閉症だなんて全く思っていませんでした。

診断済みの親でもそうなんですから、具体的に子供が困っていても、つい「大丈夫」と問題を先延ばししてしまう親は少なくありません。

 

だけど、「子供が発達障害かも?」と思ってしまう程問題が露呈している状態で、何もせず先送りにするには大きなリスクが伴います。

 

今回は、「子供が発達障害かも…」と疑念を持った時の親の苦しい気持ちに寄り添いながら、それでも問題を先送りにしてはいけない理由を語ります。

続きを読む