クラウドワークスで得た所得は確定申告が必要?状況別に解説します

主婦のお小遣い稼ぎでテレビにもチョイチョイ出てくるクラウドワークス。

「稼げない!」という人も多いけど、中にはお小遣い程度から、副収入を超えちゃう範囲で稼げちゃう人もいます。

 

そこで問題発生!

 

思った以上にクラウドワークスでの所得が増えてしまった場合、確定申告が必要になるケースがあるんです。

 

日本の納税は自己申告制ですが、「意図的に税金を深刻しない」というのは脱税行為にあたります。

だから、クラウドワークスで所得があることを自覚していて、且つ「あれ?確定申告ってどうするんだっけ?」という疑問を持っているのに、「ま、いっか」と確定申告をすっ飛ばすと、場合によっては脱税行為とみなされ、罰金や最悪実刑が下ることも。

 

そこで今回は、クラウドワークスで確定申告が必要になるケースについて徹底解説します!

続きを読む

子供が発達障害かも…と思った時の対処法と相談窓口

最近は発達障害ブームと言っても過言ではなく、ちょっと「あれ?」ということがあっただけで、「子供が発達障害かも…」と思ってしまうご時世になりました。

 

しかし、情報過多の中、本当に正しい情報は何なのかがわからず、ただただ不安な気持ちを抱えながら、「きっと違う」と否定して、だけどやっぱりちょっとしたことで「もしかして」と再び不安になり、普通の子供になって欲しくて、つい厳しくしてしまうという負のスパイラルに陥りやすいのが現状です。

 

実際、身近に発達障害児の育児をしている人がいないと、具体的な話を聞けず、どこに相談したら良いのかもわからず、モヤモヤとした気持ちを抱えて母親の精神が先にダウンしてしまうという話も聞きます。

 

そこで今回は、自閉症スペクトラムの息子を育児中の私が、「子供が発達障害かも…」と思った時の対処法を教えます。

あなたの子供が発達障害と決まったわけじゃないので、どうか気持ちを楽にして読んでください。

続きを読む

自閉症の息子、幼稚園の音楽発表会でがんばる!

私の息子は自閉症スペクトラム。現在5歳年中さん。

 

先日、息子が通う幼稚園で音楽発表会がありました。

年少の時の音楽発表会では、泣きながら自分のいるべき場所に立っているだけで精一杯だった息子。

 

でも、今年の息子はちょっと違うぞ。

 

今回は、自閉症スペクトラムの息子が多いに頑張ってくれた、幼稚園の音楽発表会をレポートします!

続きを読む

幼稚園の勉強系VSのびのび系対決!どっちが子供に良い環境?

私が普段から良く見ているサイトで、「子供の幼稚園は、勉強系とのびのび系どっちが良いですか?」という質問があり、たくさんの回答が並んでいました。

その殆どが「子供にとって良い環境はのびのび系」という意見。

勉強系幼稚園に通わせている人の意見は超少数でした。

 

うちの息子(自閉症スペクトラム)が通う幼稚園は、いわゆる勉強系。

だから、「ふ~ん」という感じで眺めていたのですが、読んでいる内に「もしかして、専業主婦VSワーママみたいに、勉強系VSのびのび系みたいな図式ある?」と感じてきた私。

 

そこで今回は、実は根深い幼稚園の勉強系VSのびのび系について考察します。

続きを読む

僕らは奇跡でできている第8話は発達障害児の母親に観てほしい!

僕らは奇跡でできているの主人公一樹は、設定上は「変わり者」ですが、見る人が見れば、「ああ…発達障害だな…」と思う特性があります。

 

僕らは奇跡でできている第8話は、なぜ母親である山田さんが、家政婦として一緒に暮らしてきたのかの謎が解明されました。

この時、一樹の幼少期と、その時の山田さんの気持ちが、山田さんの口から語られました。

 

私の息子は自閉症スペクトラムと言う発達障害ですが、山田さんの言葉に胸を打たれ、そして第8話のラストの一樹の言葉に号泣してしまいました。

 

今回は、僕らは奇跡でできている第8話を完全ネタバレしながら、感想を語らせていただきます。

タイトルの通り、このドラマは今現在発達障害児の育児で疲れている母親、辛いと感じている母親に観て欲しいです。

続きを読む

オービィ横浜に行ってきた!混雑状況と攻略法を解説します

小学5年生の娘は動物大好き!特に、ふれあい系が超大好きです。

 

ふれあい系といえば、ニューリアルしたオービィ横浜が気になる~!

 

ってことで、私、娘、このブログの主人公自閉症スペクトラム5歳の息子、夫の家族4人でオービィ横浜に行ってきました。

口コミでは、混雑が凄すぎて悪評も聞きますが、娘と息子は超満喫してきましたよ。

 

今回は、オービィ横浜の混雑状況と、楽しむための攻略法を伝授しちゃいます。

続きを読む

自閉スペクトラム症の特性と診断基準とは?息子と比較しながら解説

最近ブームと言っても過言ではない発達障害。

情報が拡散される時、必ず誤解と不安が伴います。

 

特に、発達障害の中でも自閉スペクトラム症で知的な遅れがない場合、親は「あれ?もしかして発達障害?」と思いながら、確信が持てず、「でも、違うかも」と子供の困難さを感じながら、適切な対応をとれずに、親子で辛い状況に陥ることも…。

4歳で自閉症スペクトラムと診断された息子を持つ私ですら、「う~む」と悩んでしまう事があるくらいです。

 

そこで、2018年11月21日に放送された、今日の健康、「全力サポート!子供の発達障害」で、自閉スペクトラム症の特集がありましが、これがものすごーくわかりやすかったので、まとめてみました。

「うちの子、発達障害?」と思ったあなたに、是非読んで欲しいです!

続きを読む

発達障害の子供が七五三で写真撮影する時のポイント6つ

私の息子は自閉症スペクトラム。現在5歳年長さん。

 

男の子の5歳…そう…七五三という一大行事があります。

 

自閉症含む発達障害の子供の親にとって、七五三は最大の難関行事です。

だって、子供に普段とは全く違う服を着せ、写真撮影をし、子供にとっては異様であろうお参りをさせ、場合によっては両家を呼んで食事会も開かなければならないのですからっ!!!

 

特に、自由ではいられないどころか、あれこれと細かいポーズをとらされる写真撮影は、鬼門と言っても過言ではないでしょう…。

 

そこで今回は、発達障害の子供が七五三で写真撮影する時のポイントを伝授!

自閉症スペクトラムの息子の七五三の様子もレポートしちゃいます。

続きを読む

僕らは奇跡でできている第7話・一輝の過去から学ぶ居場所の大切さ

僕らは奇跡でできている、第7話では、ついに一輝の過去が語られました。

一輝は子供時代、周囲と考え方や感覚の差で、随分と辛い思いをしてきたようです。

一輝は発達障害という説がありますが、この物語で重要なのは、「発達障害の有無」ではないと私は考えています。

 

今回は、僕らは奇跡でできている第7話で、一樹自ら語った過去について、セリフの全文を載せて、人にとって「心から安心できる場所」がどれだけ大切なのかを話したいと思います。

続きを読む

子供が発達障害かも…普通を求めて先送りにするリスク

発達障害の認知が広がりつつある今、「子供が発達障害かも…」という考えが頭を過ぎる人も増えていることでしょう。

 

11月17日にNHKで放送された「ウワサの保護者会」では、「発達障害かも…どうすれば?」というテーマで、小中学生の我が子の発達障害を疑う親たちが悩みを口にしていました。

 

私の息子も発達障害で、自閉症スペクトラムですが、最初は我が子が自閉症だなんて全く思っていませんでした。

診断済みの親でもそうなんですから、具体的に子供が困っていても、つい「大丈夫」と問題を先延ばししてしまう親は少なくありません。

 

だけど、「子供が発達障害かも?」と思ってしまう程問題が露呈している状態で、何もせず先送りにするには大きなリスクが伴います。

 

今回は、「子供が発達障害かも…」と疑念を持った時の親の苦しい気持ちに寄り添いながら、それでも問題を先送りにしてはいけない理由を語ります。

続きを読む