療育の効果はどれくらい?5歳自閉症の息子の場合

私の息子は自閉症スペクトラム。現在5歳年中さん。

5月から始まった週1回の通年療育も、早いもので半年が経過しました。

 

私が毎回つけていた療育日記、だんだん更新が滞ってきて、読んでくださっている方は「おや?」と感じているかもしれません(ごめんなさい)。

 

だけど、Webライターの仕事が忙しいから書けないだけではなく、息子にとっても私にとっても療育がマンネリ化し「如いて書くことがない」という状況が続いているんですよね。

 

そこで今回は、5歳自閉症の息子が半年療育に通って、果たしてどれほどの効果があったのかを振り返ってみようと思います。

続きを読む

獣になれない私たちにイライラ!晶は美人なのに大切にされない女性の典型

今、獣になれない私たちの晶にイライラする人が急増しております。

 

私はイライラというより、「あ~、いるいる、こういう女」という目線で観ています。

 

恐らく、獣になれない私たちの晶にイライラする人は、自分で幸せを勝ち取れる人。

そして、共感してしまう人は、自分の弱点をわかっているのに身動き取れずに苦しんでいる人。

 

どっちにしても、獣になれない私たちの晶は、視聴者に重い気持ちを感じさせるキャラクターなのです。

 

そこで今回は、獣になれない私たちの晶に着目し、彼女がなぜ美人なのに大切にされないのか、その理由と幸せになる為のヒントについて考察します。

続きを読む

幼稚園の参観日で5歳自閉症の息子の様子【体育参観】

発達障害の子供を持つ親にとって、幼稚園の参観日は鬼門かもしれません。

 

私の息子は自閉症スペクトラム。現在5歳年中さん。先日、幼稚園の参観日がありました。

今回は体育の時間が参観に含まれています。息子は幼稚園の課外の体操教室に通っているので、張り切って跳び箱を飛んでいましたよ~!

 

もちろん、自閉症スペクトラム故の「あれれ?」な部分はあるものの、昨年と比べるとググっと成長している息子です。

 

今回は、5歳自閉症スペクトラムの息子の、幼稚園の体育参観の様子をレポートします!

続きを読む

5歳自閉症の息子、来年の療育どうする問題【療育クラス担任編】

私には5歳自閉症スペクトラムの息子がいて、今年は週1で通年療育に通っています。

そして、月末までに「来年度療育を受けたいかどうか」の希望調査票を出さなければなりません。

 

ああ~!どうしよーーー!

 

私としては、幼稚園1本にしたいけど、ここはやはりプロの意見も参考にしたい…。

ってことで、昨日行われた療育クラスの担任の先生との面談で、色々聞いてきました。

 

今回は、5歳自閉症の息子、来年の療育どうする問題第2弾です!

続きを読む

5歳自閉症の息子、来年の療育どうする問題【小児神経科の場合】

今年の4月から週1回通年療育に通っている、5歳自閉症スペクトラムの息子。

時が過ぎるのは早いもので、既に半年が経過し、もう来年度の療育についての話が出ています。

 

10月末日までに、来年療育を申し込むか否かを決めなければなりません。

 

実は、息子の来年度の療育について、「療育は行かずに幼稚園を優先したい」という想いが私の中で強まっています。

でも、1人では決められない…ってことで、あちこちに相談をしている次第です。

 

今回は、先日受診した、5歳自閉症スペクトラムの息子の主治医である小児神経科医の先生のご意見についてレポートします。

続きを読む

ママ友という名の呪縛…久しぶりに感じた孤独感

子供も1人目の時は、所謂「ママ友活」というのを結構頑張っていました。でも、2人目が生れて忙しくなると時間に追われ、元々人と仲良くなるのが苦手な私は、特に自分から動くことなく流れに任せていました。

そして、娘が小学1年生の時に同じクラスで役員をしたママグループに属することに。年に数回ランチをする程度の中で、個人的にお付き合いしている人はいません。

 

私としては、気が合うわけでもなく、合わないわけでもなく、流れに任せて誘われるままに参加しているグループですが、きっと私以外にメンバーも「たまたま一緒の役員だったから、成り行きで誘い続けているだけ」なのだろうと思います。

 

今日は、ふとそんなことを考えてしまうような気持ちになりました。

学生時代、クラスで浮いていたあの時の気持ちを久しぶりに感じたのです。

 

今回は、ただただ「ママ友」という名の呪縛に未だ振り回される、弱い私の愚痴を吐かせていただきます。

先に言います。中身ありません。

続きを読む

「僕らは奇跡でできている」の一樹は発達障害?本当に描きたいテーマとは

産後すっかりドラマ鑑賞が趣味になった私。

最近フジテレビ火9枠のドラマは、私の中でヒットが多かったですが、今回の「僕らは奇跡でできている」も、期待を裏切らない素敵なドラマです。

 

ただ、主人公の一樹の人物設定や表現に、発達障害を思わせるような場面が多々あり、ノーマークだったのでちょっとビックリ。

 

私の息子は自閉症スペクトラムという発達障害なので、前期のドラマ「グッドドクター」に注目して観てたのですが、「僕らは奇跡でできている」も違った視点で見る楽しみが増えてしまいました。

そこで今回は、実際に発達障害の息子(まだ5歳だけど)を持つ私から見た、僕らは奇跡でできているの主人公一樹に発達障害があるのかについて考察します。

続きを読む

子供の人見知りの治し方はある?親として心構えを伝授!

子供が酷い人見知りだと、親としては気まずかったりもどかしかったりする場面が多いですよね。

 

「家ではあんなに明るくて元気でうるさい位なのに…」

 

と、人見知りする子供にイライラすることもあるでしょうし、何より我が子の将来が不安になるかもしれません。

きっと、「子供の人見知りの治し方があれば試したい!」と思って、このブログに辿り着いたんですよね。

 

私の娘は超ド級人見知りでしたが、今は小学5年生。

娘の育児経験をもとに、子供の人見知りの治し方はあるのか、親の心構えはどうすべきかを伝授します。

続きを読む

子供の酷い人見知りは発達障害の可能性あり?我が家の場合

子供の人見知りが激し過ぎる…。もしかして、うちの子って発達障害かも…。

私の息子は自閉症スペクトラムで、発達に不安がある子供が通う親子教室や療育に通ってきましたが、子供の酷い人見知りに手を焼き、発達障害を疑うママさんに良く遭遇しました。

 

でもね、「子供が酷い人見知りなの」という話を聞いても、うちの娘を上回る人見知りっ子には、なかなか出会えませんでしたよ。

 

現在小学5年生の娘は、幼少期は超ド級の人見知りでした。でも、定型児です。

一方、娘に比べたら社交的な自閉症スペクトラムの息子の人見知りは程々でした。

 

今回は、子供2人の育児経験から、人見知りと発達障害の関係性について考えます。

続きを読む

子供の人見知りの原因は育て方?いえいえ違います!

子供が人見知りだと、親は何かとしんどいですよね。

 

「子供が人見知りなのは、あなたの育て方が原因なんじゃないの?」

 

なんて、心無い言葉を投げつけられると、本当に自分が原因なのかと落ち込んでしまいます。

 

でも、子供の人見知りの原因は絶対に育て方ではありません!(断言)

 

根拠は私の娘。

私の娘は史上稀に見る程の人見知りでした。今は小学5年生。

 

彼女の幼少期、私の育て方を見て「だから人見知りになるんだ」と言う人はいないでしょう。

今回は、超絶人見知りだった娘の幼少期について語り、子供の人見知りの原因について解説します。

続きを読む