職場にいるあざとい女性の特徴8つ!モテるために見習うべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性に笑顔を振りまき楽しそうに談笑する女性。
彼女が仕事を疎かにしても全く咎めないと「あざとい女に騙されて情けない」と、思わず舌打ちしたくなります。

だけど、あざとい女性を鬱陶しく思うだけでは、更にイライラするだけ。
どうせなら、あざとい女性を観察して、「なぜ男性はチヤホヤするのか」を分析しちゃいましょう。

そこで今回は、職場にいるあざとい女性の特徴と見習うべきポイントを解説!
関わると危険なあざとい女性の特徴も教えちゃいます。

あざといの意味とは?

「あざとい」には、以下のような意味があります。

  • 小利口
  • 抜け目がない
  • 押しが強い
  • やり方がどぎつい

「あざとい」とは、自分の目的のために、抜け目なく行動し、時にはズルいやり方、強引なやり方も辞さないことを意味しています。

ちなみに、漢字では「小聡明い」と書きます。
漢字が表すように、あざとい人は賢いのです。
そこにズルさが加わります。

自分の目的のためならズルく立ち回り、人を陥れることもあるのがあざとい女性の特徴。
あざとい女性が同性から嫌われやすいのは、女性だからこそあざとさの裏にある「ズルさ」に気付くからです。
あ、男性は気付かない人ばっかりです。
男性は女性に比べて観察力も洞察力も弱いので、あざとい女性の罠を見抜けません。

職場にいるあざとい女性の特徴8つ

職場では仕事が最優先されるため、学生時代のようにただただ自分の可愛さをアピールして、何人もの男性を勘違いさせるクラッシャーみたいなタイプのあざとい女性はいません。
そんなことをしたら、職場では危険人物に認定されてしまいます。

職場にいるあざとい女性は、一見仕事に真面目で、好感度の塊のような感じです。
ですので、見分けるのは意外と難しい!
そこで、職場にいるあざとい女性の特徴を解説します。

誰に対しても笑顔で対応

職場にいるあざとい女性は、誰に対しても笑顔で対応します。
先輩、後輩、上司、同僚、男性だけではなく女性にも感じ良く笑顔なのが特徴です。
もう、笑顔の大盤振る舞い!
いつでも笑顔なので、多くの人から「彼女はとても感じの良い人」と思われています。

あざとい女性は、職場で敵を作るリスクを知っているため、とりあえず平等に笑顔を振りまきます。
そして、自分の好感度をガンガン上げていき、男女問わず味方を増やしていくのです。

人を頼るのが上手い

甘え上手はあざとい女性の常とう手段。
職場も例外ではありません。
人を頼るのがとっても上手です。

以下のような方法で、職場にいる人をどんどん頼ります。

  • 仕事でわからないことがあれば人に聞く
  • 仕事の判断が難しいときは相談する
  • 忙しくて大変な時は周囲に手伝いをお願いする

「それって仕事がデキない人じゃないか」と思うかもしれませんね。
だけど、職場での報告・連絡・相談は、むしろ歓迎されるべきこと。
1人で抱え込まず周囲に頼るので、大きなミスもありません。

更に、あざとい女性は一方的に頼るだけではなく、感謝の気持ちを言動で表します。
そして、コミュニケーションを深めて、相手と親しくなってしまうのです。

頼る→感謝する→仲良くなる

これが、職場にいるあざとい女性の基本スタンスです。

雑談力があり誰とでもすぐ親しくなる

秀でた雑談力で、誰とでも短い時間で楽しく盛り上がれるのも、職場にいるあざとい女性の特徴です。
職場は仕事第一ですが、適度な雑談は相手との距離を縮めます。
それを良く理解していて、仕事の関りの中に雑談を入れて、自分の好感度を一気に上げてしまうのです。

以下のような雑談で、誰を相手にしても楽しく会話してしまいます。

  • 相手の持ち物を褒めて話題にする
  • 職場近くのグルメ情報を共有する
  • 休みの予定などサラッと相手のプライベートを聞く
  • 仕事の話題つながりで雑談のネタを入れる
  • 相手の趣味や興味に合わせて時事ネタを振る

また、聞き上手でもあります。
相手の話題を楽しそうに、絶妙なタイミングで質問を挟みながら会話を繰り広げるため、あざとい女性と話した男性は「楽しい!」「もっと話したい!」となるのです。

人との距離が近く自然にボディタッチする

職場にいるあざとい女性最大の特徴は、人との距離の近さ。
パーソナルスペースが狭いのです。
不自然ではない範囲で、人との距離を近づけます。
女性の方から距離を詰められると、男性は「自分は嫌われていない」「もしかして、ちょっと気がある?」と、思わずドキドキしてしまいます。

更に、ボディタッチがとっても上手。
いやらしさを感じさせず、以下のように自然にボディタッチします。

  • 同僚や後輩は挨拶と一緒にポンと軽く叩く
  • 呼び止める時に軽く腕に触れる
  • よろめいて「思わず」を装いながら相手に寄りかかる

男性だけではなく女性との距離も近いです。
あざとい女性は「男性だけ特別扱いする女」と思われないよう、きちんと計算して行動します。
抜かりがありません。

特に上司受けが良い

職場にいるあざとい女性は、男性全般から受けが良いですが、特に上司からの受けは抜群です。
横声をかけられ、時には食事をご馳走になったり、出張では特別なおみやげをもらったりします。

私の友人にも上司受け抜群のあざとい女性がいます。
彼女と食事の約束をしたとき、彼女が上司に電話しておすすめのレストランを教えてもらい、しかも席までリザーブしてもらい、更にはツケでお支払いまでしてもらったことがあります。
私、ゴチになりました。
別の日は、私まで一緒に誘われで上司のおごりで鉄板ステーキをいただきました。

このレベルは稀ですが、職場にいるあざとい女性は、仕事の出来不出来に関わらず上司のお気に入り率が非常に高いです。
TPOをわきまえながら、時には上司にタメ語だったり、「ちゃんとやってください」と叱ったりします。
それでも上司はニッコニコ。
それがわかって強気に振る舞うのが、あざとい女性の計算高さと言えるでしょう。

誘ってオーラを出すのが上手い

職場は仕事のつながりですが、なぜかプライベートに誘われやすい女性っていますよね。
誘われやすいのは、あざとい女性の特徴です。

なぜ、他の女性よりも声がかかりやすいのでしょうか。
それは、誘ってオーラを出すのがとても上手だから。
以下のように、会話や態度で誘ってオーラを醸し出します。

  • 「楽しそう」「行ってみたい」と言葉でわかりやすく興味を示す
  • 笑いのハードルが低く何でもウケてくれる
  • 「今度連れてってください」「私にも声かけてください」と明るく主張する

今の時代、職場はハラスメントにとっても敏感。
誘いたいと思っても、「セクハラとか飲みハラとか言われたらどうしよう」と慎重になり、プライベートな誘いをためらう男性は多いです。
あざとい女性はそれを良く理解していて、普段から「誘ってOK!」のウェルカムオーラを出しています。
だから、男性は安心して誘えるのです。

ファッションはコンサバ&フェミニン

あざとい女性はファッションにかなり力を入れています。
外見による印象の重大さを良く知っているのです。

職場にいるあざとい女性のファッションは、コンサバ&フェミニンが基本。
コンサバとは「保守的・控えめ」という意味があり、ベーシックなデザインとカラーを基本とした、ビジネスシーンに多く使われるファッションです。
フェミニンとは「女性らしい」という意味で、ファッションではシフォンやフワフワニットなど、女性だからこそのデザインや素材を使ったファッションです。

職場では行き過ぎたフェミニンは、返って印象を損ないます。
あざとい女性はきちんと感を大切にし、誰からも「職場のファッションに適している」という評価を貰えて、しかも女性らしさを随所に取り入れています。

具体的なコーディネート例をいくつか挙げましょう。

  • オフホワイトのシフォンブラウス&紺のアンクルパンツ
  • 淡いパステルのアンサンブルニット&ふんわりミモレ丈スカート
  • 上品ワンピース
  • 細身シンプルジャケット&Vネックニット&レースタイトスカート

アクセサリー率も高いですが、控え目で華奢、上品なデザインが多いです。
清潔感バッチリで女子アナの雰囲気があります。

自分に得のない関係はバッサリ切り捨てる

職場にいるあざとい女性は、一見誰に対しても優しく親切です。
しかし、実は損得勘定でしっかり計算しています。
表立ってはいませんが、「自分に得がない」と判断すると、バッサリ切り捨てる冷酷さがあるのです。

例えば、誘われ上手ですが、誰の誘いにも応じるわけではありません。
「この人の誘いに乗っても得がない」と判断すれば、笑顔でキッパリ断ります。
申し訳なさそうにしながら、しかし社交辞令は入れず、上手に防御線を張るのです。

仕事も同じです。
得があると判断すれば、自分から積極的に手伝いを申し出ます。
しかし、「関わっても損するだけ」と思う相手からの頼まれ事は、他の仕事との兼ね合いを理由にしながら、角が立たないように逃げてしまうのです。

あざとい女性は流されません。
いつでも主軸にいるのは自分です。

職場でモテるためにあざとい女性の見習うべきポイント

あざとい女性にはいけすかない点もありますが、自分を上手に演出して周囲に好印象を与えるテクニックはさすがです。
あなたも良いところは大いに見習うべきでしょう。

職場で万人に適度にモテるメリットは大きいです。
以下の記事では、モテるメリットについて解説しています。
https://kosodate-ouenraita.com/archives/35

職場で好きな人からモテたり、上手に人間関係を渡ったりするために、あざとい女性から見習うべきポイントを解説します。

万人受けする外見

職場にいるあざとい女性の外見は、同じ女性として大いに見習うべきです。
外見を整えるだけで、万人からの印象がアップします。

彼女たちはファッションの研究に余念がありません。
流行をチェックしながら、職場で自分を良く見せるためのファッションを真剣に選んでいます。
メイクやヘアアレンジも丁寧に練習します。
あざとい女性の外見は、努力のたまものなのです。

身長や体格によって似合うファッションは変わりますが、自分と体の輪郭が似ているあざとい女性がいるなら、さり気なく観察しましょう。
そして、「明らかに真似している」とバレない範囲で、あなたに合うものを取り入れましょう。

臨機応変な雑談力とコミュ力

相手に合わせた臨機応変な雑談力とコミュ力も、あざとい女性から学ぶべきポイントです。
彼女たちがどのような話術で相手を喜ばせているのか、耳を傾けましょう。
立ち振る舞いも良く観察してくださいね。

職場であざとい女性のテクニックを盗みながら、マナー本やコミュ系自己啓発本を読みながら、雑談力を磨いていきましょう。
雑談力とコミュ力は、職場だけではなく全てにおいて役立つスキルです。
身近にあざとい女性という最高の師範がいるは大ラッキー。
しっかり研究しましょう。

損得勘定の計算力

仕事では、馬鹿正直に全てに応じていると、パンクしてしまいます。
また、全員が善人とは限らず、利用されてしまうかもしれません。
場合によっては、ミスを押し付けられることも…。
「仕事がデキない人」「何でも言うことを聞く人」など、都合の悪いレッテルを貼られたら大変です。

ここで役に立つのが、あざとい女性の損得勘定と計算力。
彼女たちは人の役に立ちながら、同時に自分の利益のために人を動かします。
取捨選択をしながら、応じたり拒否したりして、絶妙の立ち位置を確立していくのです。
しかも、それを周囲に悟られません。

あなたも、少しだけあざとい女性の小ズルさを見習うべき。
人を陥れるのは良くありませんが、身を守る術は獲得しておきましょう。

関わると危険なあざとい女性の見分け方

職場にいるあざとい女性は、周囲との輪を大切にするタイプが多いので、通常ならばいっしょに働いても問題はありません。
しかし、ときどき「自分のためなら相手を悪者にしても構わない」と本気で思っているような、厄介なあざとい女性がいます。
関わると、トラブルに巻き込まれたり、あなたを陥れたりと、直接的な被害があるかもしれません。

厄介なあざとい女性は、とにかく関わらないのが一番!
そこで、職場で関わると危険なあざとい女性の見分け方を紹介します。

仕事よりモテを優先する

仕事を二の次にして、とにかく男性からモテることを優先するあざとい女性は、職場では危険人物確定です。
男性とのおしゃべりに興じて、納期を破ったり、うっかりミスを連発したりする女性に関わってはいけません。
一緒に仕事を組むと、あなたが何から何まで背負わなければならなくなるでしょう。

もしも、どうしても一緒に仕事をしなければならない場合は、とにかくチームでの情報共有を徹底しましょう。
あざとい女性が大きなミスやトラブルを起こさないように、周囲と協力するしかありません。
「なんで私が…」と思うでしょうが、最初から戦力外と認識してリスク管理した方が、被害は少なく済みます。

相手によってあからさまに態度を変える

「上司や人気の先輩の前では超性格が良くなり、自分より立場が低い相手には横暴」「男性の前ではぶりっ子、女性の前では下ネタガンガン性格キツキツ」など、相手によってあからさまに態度を変えるあざとい女性も要注意。
同じ職場なのに、コロコロと態度を変えて平気なのは、あざとさが中途半端だからです。

恐らく、職場には多くの敵が既にいることでしょう。
あなたが親切に接すると、「あんな人と仲が良いのか。もしや同類?」と誤解されるかもしれません。
しかし、冷たく距離をとれば、裏であなたを悪く言うでしょう。

相手によって態度が変わるあざとい女性とは、可能な限り接点を減らしましょう。
その上で、最低限の礼儀として挨拶や少々の雑談をしておけば充分です。

仕事を押し付け成果を横取りする

もっとも危険なのは、自分の目的のために、仕事を押し付けたり、成果を横取りしたりするあざとい女性です。
非情に狡猾なタイプが多く、狙ったターゲットにのみ酷い仕打ちを繰り返します。
周囲には良い顔しか見せず、被害者が反撃に転じても、逃げ切る気満々です。

不運にもあなたがターゲットになった場合は、とにかく「きちんと仕事をしている」という証拠を保全しましょう。
やりとりはメール等を使って証拠を残し、仕事は直属の上司に随時確認や承認をとってもらいながら進めるのです。
また、あなたも周囲とのコミュニケーションを密にし、「彼女は仕事に真面目で、しかもきちんとこなしてくれる優秀な人材」と評価を得るように努力してください。

ターゲットがあなた以外だったとしても、このような質の悪いあざとい女性には近づいてはいけません。
どんなとばっちりを受けるかわからないからです。
ムカつくでしょうが、仕事に支障が出ないよう、細心の注意を払うしかありません。

職場であざとさは有効だけどやり過ぎは厳禁です

職場では、あざとい女性に見習うべき点が多々あります。
相手の気持ちを考え、行動を観察しなければ、自分のイメージアップは測れません。
あざとい女性の演出テクニックは、大いに学んで取り入れていきましょう。

ただし、やり過ぎは厳禁。
職場は仕事第一です。
そのために、職場の人とのコミュニケーションを丁寧に行うのは良いですが、過度なアピールや利己的な言動は、賢い相手に見抜かれてしまいます。
職場のあざとさは、仕事と自分、両方のためになる点だけを取り入れてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*