ママ友から嫉妬されやすい人の特徴と対処法!嫉妬されないママになるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思わぬことでママ友から嫉妬されて、「え?何?」と戸惑ったことはありませんか?
誰にでも多かれ少なかれ嫉妬心があるものですが、大人になると表には出さなくなるものです。
しかし、中には嫉妬心むき出しにしてくる人がいるんですよね。

嫉妬はママ友トラブルの原因の1つでもあります。
できれば、嫉妬されず穏便にママ友と付き合っていきたいものです。

そこで今回は、ママ友から嫉妬されやすい人の特徴を徹底解説!
ママ友に嫉妬されたときの対処法と、嫉妬されないママになる方法も伝授します。
私がママ友に嫉妬された体験談付きです。

ママ友から嫉妬された体験談

私にも過去に1度、明らかに嫉妬心をむき出しにされた経験があります。

事の発端は小学校の合唱会のピアノ伴奏オーディション。
3歳からピアノを習っていた娘は、意欲的に伴奏オーディションに参加しました。
一生懸命練習して、伴奏オーディションに挑んだのですが、結果落ちてしまいました…。
帰宅後悔し泣きする娘。
頑張っている姿を知っていたからこそ、娘の悔しさが伝わってきて、抱きしめて励ましました。

娘の成長が嬉しくて、この話をママ友にしたのですが、ものすごく嫉妬されてしまったんです。

「あなた、娘さんが受かると思ってたの?オーディションにケチ付けたいんじゃないの?」

私、ポカーン( ゚д゚)

「合唱の主役は歌だからね。伴奏なんて関係ないし。なのにどうして、ピアノを習わせてる人って、こんなに必死なのかしら」

私、更にポカーン( ゚д゚)

急に敵意むき出しにされて、あっけにとられるしかありませんでした。
その場にいた他のママ友たちが、「そんなこと言ってないと思うよ」とフォローしてくれたのですが、プリプリしてその場を立ち去る彼女。

その後、距離をとられるようになりました。

後から、「ピアノを習っているだけでその過程を羨ましく思って嫉妬する人がいる」「ピアノのオーディションはデリケートな問題だから、人には言わない方が良い」と知りました。
まさか、「オーディション落ちた」という話をしただけで、あんなに嫉妬をぶつけられるとは思いもよりませんでしたよ。
いやはや、勉強になりました。

ママ友から嫉妬されやすい人6つの特徴

私は日頃ママ友から嫉妬される存在ではありません。
だけど、前述した体験談には、嫉妬されやすい人の特徴が見事に含まれています。
一体どんな人が、ママ友から嫉妬されやすいのでしょうか。
詳しく解説していきましょう。

子供が優秀

ママ友は子供ありきの関係です。
そのため、ママ本人よりも、子供関連での嫉妬心が強くなります。
子供が以下のように優秀だと、それだけで嫉妬の対象になってしまうのです。

  • 子供の偏差値がとても高い
  • 子供がスポーツの分野で活躍するほど運動神経が良い
  • 子供が芸術面での才能を持っていて注目されている
  • 子供が人気者でいつもお友達に囲まれている

私の娘は平均値タイプですし、人見知りで友達は少ない方です。
それでもママ友は「ピアノのオーディションに挑戦するほどのレベル」「ピアノを習っている」という点に嫉妬心を抱いたのでしょう。

経済的に豊か

経済的に恵まれた環境も、ママ友から嫉妬される原因になります。
旦那の収入が良かったり、実家からさまざまな援助を受けて豊かだったりすると、嫉妬してしまう人がいるのです。

経済的な豊かさは、その人や子供の言動や姿に表れます。

  • ファッションは見るからに質が高くハイブランドもある
  • アクセサリーやバッグなどの小物が高級
  • 子供が明らかに高額の習い事をいくつもしている
  • 世間話に海外旅行などお金がかかる話題がサラッと出てくる
  • 夫の職業がわかりやすい高所得の専門職(医師・弁護士など)

裕福で嫉妬されやすい人は、わかりやすくお金持ちの人が多いですね。
本人は普通に振る舞っているのでしょうが、庶民から見ると「すっご」となるわけです。

ちなみに、私はこれには当てはまりません。
ド庶民ですし、プチプラファッション大好き!

若くてオシャレで綺麗

いつの時代も、若さは女性の羨望の的であり、嫉妬の対象になります。
ママ友の世界も例外ではありません。

若くて、しかもオシャレで綺麗な可愛いママは、一部の人から強い嫉妬を向けられます。
一部の人とは、若さを諦めない、結婚してもモテたいタイプの人たちのことです。

ちなみに、若くても地味で質素なタイプは嫉妬され辛いです。
オシャレで年齢の高いママも、嫉妬されるより尊敬される傾向が強くなります。

あ、私は若くありませんし、オシャレもカジュアル無難派です。
見た目では決して嫉妬されないタイプです(言い切っててちょっと寂しい)。

旦那がイケメンでイクメン

園や学校での行事では、パパ参加率が高いです。
そのため、旦那がイケメンで、かつ子供とニコニコ活発に遊んでくれるイクメンだと、ママ友の話題に上ることがあります。
そして、結婚しててもモテたいタイプの人たちから嫉妬されるのです。
また、夫に不満が大きいタイプの人からも嫉妬されます。

ちなみに、イクメンだけだと、意外と嫉妬されません。
あ、イケメンだけなら、嫉妬されるケースは割と聞きます。
結局、イケメン好きはイケメンと結婚しているママに嫉妬しちゃうんだろうなぁ…。

うちの旦那はイケメンじゃないです。
「いい人そうね」って言われるタイプです(多くは語るまい…)。

明るくて社交的で人気者

明るくて社交的な人気者は、皆から好かれるイメージですよね。
しかし、目立つ分嫉妬深い人を刺激してしまいます。
「人気者」は、羨望の的で、実はとても嫉妬されやすいのです。

もちろん、嫉妬する人に問題があります。
結局、どんなに素晴らしい人でも、誰にも嫉妬されず万人から好かれるのは無理なのです。

段々自己申告するのが虚しくなりますが、私は社交的でも人気者でもありません。
むしろ、ママ友は無理に作らない派。
一人は気楽でサイコー!

自分の話をペラペラする

嫉妬する要素を持っていても、周知されなければ嫉妬される機会も少ないです。
嫉妬されやすい人は、無防備に自分の話を誰にでもペラペラ話してしまうところがあります。
そして、本人は何気ない世間話のつもりでも、「自慢?」と相手を刺激してしまうのです。

私もペラペラと娘の話をしてしまいました…。
別に何も言わなければ、あんなに強く嫉妬されることもなかっただろうに。
口は災いの元ですね。

ママ友にすぐ嫉妬する人の特徴

嫉妬心の大小には個人差があります。
「羨ましい」と思っても、自慢話と捉えず楽しく話を聞ける人がいる一方で、自分より少しでもいい思いをしている話が許せず、嫉妬心をメラメラさせる人もいます。

周りにすぐ嫉妬するママ友がいるなら、取り扱いには充分注意した方が良いでしょう。
そこで、ママ友にすぐ嫉妬する人の特徴を教えます。

プライドが高くマウンティング大好き

プライドが高く、常に自分が上に立っていたいマウンティング大好きな人は、ママ友にもすぐ嫉妬します。
一番病で、自分より優秀な何かを持っているママ友を見ると、「どうしてあの人が!?」と、嫉妬してしまうのです。

嫉妬した相手を褒めているようで、マウンティングをぶっこんでくるのが特徴です。

「〇〇ちゃん、本当に運動神経良いわよね~。うちの子は勉強しかできなくって」的な感じです。

しかし、プライドが高い分、下衆な行動には出ないので、嫉妬されても被害は小さいでしょう。
具体的な嫌がらせはしてこないケースが多いです。

コンプレックスが強い

嫉妬心はコンプレックスと密接に関係しています。
自分より優秀な人に嫉妬するのは、コンプレックスが強く「自分はダメだ」と突き付けられているような気分になってしまうからです。
そのため、明るい気持ちで羨むのではなく、「なんであの人ばかり…」と、暗い嫉妬心を燃やしてしまいます。

そして、最も気を付ける必要があるのが、コンプレックスが強いタイプです。
人の幸福が許せず、自分と同じように不幸な境遇にしてやりたいと考えます。
嫉妬したママ友の悪い噂を流したり、仲間外れにしたりと、陰湿な嫌がらせをするのがコンプレックスの強い人の特徴。
もちろん、無害なケースもありますが、わかりやすく嫉妬されたら注意が必要です。

もしも、嫉妬深いママ友から仲間外れにされたときは、以下の記事をヒントにしてください。
ママ友から仲間外れにされる原因と対処法

精神的な余裕がない

精神的な余裕がないと、幸せそうな人を見てモヤモヤしてしまいます。
自分の不幸な境遇を呪い、つい嫉妬してしまうのです。
例えば、以下のような状況で精神的な余裕がないと、小さなことでイライラしてしまいます。

  • 育児と仕事と家事の両立が大変で自分の時間が皆無
  • 家庭が上手くいっていない
  • 親の介護などで負担が大きく体力的にキツイ
  • 子供関係のトラブルや悩みで精神的に追い詰められている

人の幸せを心から喜ぶには、自分がまず幸せなのが大前提。
自分が大変な渦中、人の幸せをのほほんと喜べるのは、心が綺麗な善人だけです。

精神的余裕がないと、どうしても八つ当たりしやすくなります。
親しいママ友が苦労や疲労からあなたに嫉妬したなら、1度目は受け止めて励ましてあげるのも良いでしょう。

想像力がない

嫉妬しやすい人は、例外なく想像力がありません。
羨ましい状況を、全て運で片付けようとするのが特徴です。

「本当は裏で大変な努力をしているかもしれない」という発想はありません。
短絡的に「いい思いをしてズルイ」と思ってしまいます。

過程があるから結果があるのに、すぐ嫉妬する人は想像力がないので、結果だけを見てしまいます。
だから、安易に「私だって頑張っているのに」という言葉が出るのです。

暇人

断言します。
すぐ嫉妬する人は暇人です。
忙しい人は、嫉妬する暇もありません。
目の前にある問題解決に一生懸命全集中しているので、そもそも嫉妬心を刺激されるほどママ友に関心がありません。

一方、嫉妬する人はとにかく暇。
時間的に忙しくても、考えることが少なく、思考が暇人です。
そのため、ついつい周囲が気になり、自分と比較してしまいます。
そして、「ズルイ!」「あの人ばっかり!」と、嫉妬してしまうのです。

ママ友付き合いに一生懸命

ママ友にすぐ嫉妬する人は、ママ友への関心が高い人でもあります。
「子供のためにも、ママ友と上手に付き合おう」と、一生懸命な人は、ママ友の世界が大半を占めてしまいます。
そのため、小さなことでも気持ちが大きく揺さぶられて、落ち込んだり嫉妬したりしやすくなるのです。

一所懸命な人は、嫉妬しても「上手く付き合いたい」という気持ちが強いため、トラブルを起こすのは稀でし、表に嫉妬心を出しません。
この場合は、本人が辛い気持を抱えこんでしまいます。

ママ友から嫉妬されたときの対処法

嫉妬する人が身近にいれば、気を付けていても嫉妬されるかもしれません。
また、私のように、思わぬことで嫉妬されることもあるでしょう。

嫉妬されたら、どのように場をやり過ごし、そのママ友とはどんな付き合い方をすればよいのでしょうか。
ママ友から嫉妬された時の対処法を伝授します。

謙虚になり謙遜しまくる

「やば。嫉妬されたかも」と思ったら、とにかく謙虚になり、謙遜しまくりましょう。
周囲からどんなに褒められても、「とんでもない。全然です」と、何はなくとも謙遜です。
ママ友付き合いが上手な人は、謙遜上手でもあります。
腰が低く、いつも謙虚で笑顔です。

あなたが謙虚に謙遜を続けて相手を褒めれば、嫉妬したママ友の気持ちも収まるでしょう。
中には「謙遜しちゃって。嫌味?」など、更に突っかかってくる人もいますが、イラっとしても応戦せず、「いやいや」「まだまだ」「とてもとても」と、謙遜を続けるのがベターです。

自分の話題を出さず相手の話を聞く

自分の情報を出せば出すほど、嫉妬する要素を相手に与えてしまいます。
「あ、この人すぐ嫉妬するタイプだな…」と思ったら、なるべく自分の話題を出さないのが賢明です。
立ち話の話題は、他愛のない行事や季節などの話程度にしておきましょう。

嫉妬深い人は、自分の話を聞いてほしい人でもありますので、相手に話題をふるのも良いでしょう。
あなたが質問上手、聞き上手になって気分良くおしゃべりさせれば、嫉妬心をぶつけられて厄介事を起こされるリスクは低くできます。

さりげなく距離をとる

嫉妬することはあっても、嫉妬心をママ友にぶつける人は少数派。
わかりやすくあなたに嫉妬するママ友は、要注意人物認定です。
可能ならば、距離をとって深い付き合いを避けた方が良いでしょう。

この時、露骨に突然距離を取ると、相手を刺激してしまいます。
いつものように振舞いながら、さりげなく徐々に距離をとるのがポイントです。
距離を取った後も、マナーを守り挨拶をして、大人の付き合いをしてくださいね。

ママ友に嫉妬されない方法

嫉妬する奴は何をしても嫉妬しますが、嫉妬されるリスクを減らすことは可能です。
ママ友に余計な嫉妬をされたくないなら、以下の点に気を付けましょう。

  • 相手の性格がわかるまでは、自分の情報をあまり出さない
  • わかりやすいブランド品や高級品を園や学校に身に付けていかない
  • 積極的に前には出ず謙虚に振る舞う
  • 聞き上手共感上手になり相手の敵意を刺激しない

極端に目立つのが、一番ハイリスクです。
園や学校ではよそ行きの自分でいた方が良いでしょう。

何をしても嫉妬する人はするので気にしないのが一番!

嫉妬するのは仕方がないですが、それをぶつけてくるのは本当に迷惑です。
何より大人気ない。
ママ友は「友」がついても「友達」とは別物です。
子供ありきの関係で、主役は自分ではなく子供。
ママ友に感情をストレートにぶつけるのは、非常に失礼な行為です。

そんな常識もわからず、嫉妬心をむき出しにするママ友はヤバい人に他なりません。
ですので、嫉妬をぶつけられたら「今日は運が悪かった」と、嫌な気持ちはさっさと流してしまいましょう。
気にしないのが一番です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*