付き合ってないのに嫉妬する男性心理とは?性格的特徴と対処法も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

付き合ってないのになぜか嫉妬する男性がいる場合、「よくわからないけど、放っておこう」と、軽く考えるのは危険。
もしかしたら、取り扱い注意の男性かもしれません。

今回は、付き合ってないのに嫉妬する男性心理を解説。
付き合ってないのに嫉妬する男性の性格的特徴と正しい対処法もお話します。

付き合ってないのに嫉妬する男性心理6つ

付き合ってないのに嫉妬する男性には、さまざまな心理があります。
まずは、付き合ってないのに嫉妬する男性の心理状態から解説していきましょう。

あなたのことが好き、または気に入っている

付き合ってない状態でも、男性があなたのことを好きだと、思わず嫉妬してしまうケースがあります。
「自分の彼女ではない」とわかっていても、好きな女性が別の人と親しくしていると、つい嫉妬が表に出てしまうのです。

明確な恋愛感情まで至っていない「お気に入り」程度の気持ちでも、嫉妬してしまう男性もいます。
どちらにしても、嫉妬心をコントロールできない情緒が未熟な男性です。

嫉妬がアプローチだと思っている

あえて嫉妬している様子を見せることが、恋愛のアプローチだと思っている男性もいます。
どこかで「好きな女性には、ちょっとした嫉妬心を見せて、あなたを意識してもらいましょう」的な情報を入手してきたのかもしれません。
確かに、好感度の高い男性が少しだけ嫉妬心を見せたら、女性はドキッとするかもしれませんね。

しかし、これは非常に高度なテクニック。
女性とある程度信頼関係があり、さらに嫉妬のさじ加減と、「嫉妬しても素敵」というイケメン度が必要です。
それに気付かず、「効果的なアプローチ」として、あえて嫉妬心を見せているのでしょう。
嫉妬する姿を見せたことが原因で、あなたが怪訝に思っていることに気付いていない可能性が高いです。

あなたが自分を好きだと勘違いしている

付き合ってないのに嫉妬する男性は、もしかしたら、あなたが自分を好きだと勘違いしているかもしれません。
「オレのこと好きなくせに、なんで別の人と仲良くしてんだよ」という心理状態です。
思い込みの激しい男性は、女性が少し自分に優しくしただけで「オレに惚れてるな」と受け取ることがあります。

場合によっては、既に彼氏の気分に浸っている可能性も…。
恐ろしいですが、男性が既にあなたと付き合っているケースもあるので、嫉妬以外にも問題行動がある場合は確認した方が良いでしょう。

自分は女性から人気があると思っている

超ポジティブシンキングな男性は、自分は女性から人気があると思い込んでいます。
小さな嫉妬は演出で、女性を喜ばせるサービスかもしれません。
元々ナルシストっぽい男性で、嫉妬する様子が芝居臭いならば、稀に起きる現象です。

この場合、あなた以外にも付き合ってない女性に嫉妬するそぶりを見せます。
天然不思議ナル男くんですが、あなたに対する執着はないので害もありません。

あなたにライバル心を抱いている

何かと張り合う形で嫉妬するなら、男性はあなたにライバル心を抱いているのかも。
この場合、恋愛感情はありません。
何かのジャンルであなたをライバルとして強く意識し、「負けたくない!」という思いから、突っかかってくるのでしょう。

嫉妬にもさまざまな種類がありますが、男性から恋愛感情が感じられないならば、性別関係なく「似ている立場」として、比較対象にしている可能性があります。
あなたの調子が良かったり、ラッキーなことが起ったりすると、「自分と変わらないのになぜあいつだけ」と嫉妬心がメラメラしてしまうのです。

あなたを逆恨みしている

男性が嫉妬心をむき出しにして、あなたに辛く当たったり評判を落とすようなことを言ったりするなら、いつの間にか逆恨みされている可能性があります。
前述した「男性があなたを好き」「あなたが自分を好きだと思っている」と思って勝手に期待し、勝手に裏切られた気分になっての逆恨みです。

もしも逆恨みならば、付き合ってないのに嫉妬する男性の中で最も気を付けなければならなりません。
恨みつらみをいつの間にか膨らませ、一方的に復讐を企てる危険性があります。

付き合ってないのに嫉妬する男性の性格的特徴

ほんの小さな嫉妬心で、男性も必死に隠そうとしているなら、あなたも「なんで付き合ってないのに嫉妬するの?」とは思わないでしょう。
しかし、付き合ってないのに目に見えるように嫉妬する男性の心理は、女性から見るとホラーですよね。
このような思考や心理になるのは、男性の性格が原因です。
付き合ってないのに嫉妬する男性の性格的特徴を解説します。

プライドが高く自分本位

付き合ってないのに嫉妬する男性は、プライドが高くて自分本位な性格をしています。
プライドが高いため、小さなことでも「無下にされた」と怒り、嫉妬してしまいます。
女性の気持ちなど考えない自分本位な性格なので、「付き合ってないのに嫉妬するのはおかしい」「彼女も嫌だろう」という考えには至りません。

プライドが高い人は、他罰的なので自分を傷つける人に敵意を向けます。
「自分が間違っている」とは夢にも思いません。
付き合ってないのに勝手に嫉妬して迷惑をかけておきながら、「そうさせた彼女が悪い」と、自分の非を認めないヤバイ奴なのです。

感情のコントロールが苦手

常識的な男性ならば、付き合っていない女性に対しては「自分は彼氏じゃないんだから」と嫉妬心にストッパーがかかります。
好きな人に嫉妬するのは良くある心理ですが、あなたが疑問に思うほど感情をむき出しにはしません。
付き合ってない状態でわかるように嫉妬する男性は、感情のコントロールが苦手なのです。

もしかしたら、男性は「嫉妬心を押さえなければ」と思っているかもしれませんね。
しかし、自分の意思に反して、感情はダダ洩れで制御できていません。
怒りっぽかったり、浮き沈みが激しかったりと、恋愛感情や嫉妬心に関わらず、他の感情についてもコントロールが苦手な傾向が強いです。

思い込みが激しく認知が歪んでいる

心理の解説からもわかるように、付き合ってないのに嫉妬する男性は、非常に思い込みが激しいです。
自分の中で勝手に妄想を膨らませ、「こうに違いない」と認知を歪ませてしまいます。
あなたに気持ちの確認をせず、都合の良い状況証拠だけを集めて、自分の理想とする解釈をしてしまうのです。

そのため、人として当たり前の気遣いやマナーを「好意」と受け取ってしまいます。
あなたが他の人と同じように接しているだけなのに、「自分には特別優しい」「あの目が好きだと言っている」と、脳内変換してしまうのです。
曖昧な表現や遠回しな伝え方では、あなたの本意が全く伝わりません。

付き合ってないのに嫉妬する男性あるある行動

付き合ってないのに嫉妬する男性のあるある行動を紹介します。

  • 勝手に拗ねる
  • いらぬダメ出しやアドバイスが多い
  • くだらないちょっかいをかけてくる
  • すぐ不機嫌になる
  • 突然キレる
  • SNSで馴れ馴れしくコメントしてくる
  • 付き合ってないのに周囲に彼氏面する
  • 約束もしてないのに予定を聞いてくる
  • 「おまえってこういうところあるよな」と外れた分析をしてくる
  • 「オレの言っている通りにすれば間違いない」と謎に自信満々

超絶イケメン高ハイスペック男性がすれば、キュンとするかもしれませんね。
また、片思い中の男性がこのような態度を見せれば、「もしかして?」と期待したくなります。

しかし、付き合ってないのに嫉妬する男性の多くは、思い込みの激しい勘違い男です。
やられた女性は、不気味で不快な思いをするでしょう。
それに気付かないのが、付き合ってないのに嫉妬する男性の厄介なところです。

付き合ってないのに嫉妬する男性は彼氏になるとどうなる?

付き合ってないのに嫉妬する男性=好きな人なら、「脈あり?付き合えるかも?」と期待したくなりますよね。
男性が好意からあなたに嫉妬している場合、ちょっとしたきっかけで付き合える可能性は高いです。

しかし、付き合ってないのに嫉妬する男性は、付き合ってからも嫉妬すると考えるのが妥当。
しかも、平均よりかなり嫉妬深く、強い束縛をするリスクが高いです。
あなたが誠心誠意愛情を示しても、職場など必要に迫られた男性とのコミュニケーションでさえ嫉妬し、場合によっては「仕事なんかやめろ」と言い出すかもしれません。

もちろん、円満に付き合える可能性もありますが、「私の愛が伝われば大丈夫」と楽観視するのは危険。
付き合ってないのに嫉妬する男性のことを好きでも、少し距離を取り、改めてどんな人なのかを観察した方が良いでしょう。

以下の記事では、付き合ってないのに嫉妬する男性の進化系かもしれない「束縛彼氏」について解説しています。
是非参考にしてくださいね。
束縛彼氏の特徴10つ!どんな心理?対処法と別れ方も解説

付き合ってないのに嫉妬する男性への正しい対処法

付き合ってないのに嫉妬する男性に恋心ゼロならば、下手に関わると妙な執着をされる恐れがあります。
一癖ある性格をしているので、取り扱いには気を付けなければなりません。
そこで、付き合ってないのに嫉妬する男性への正しい対処法を伝授します。

できるだけ距離をとる

まずは、付き合ってないのに嫉妬する男性とは、できるだけ距離を取りましょう。
具体的な方法をいくつか挙げましょう。

  • 必要に迫られない限りあなたから話しかけない
  • できるだけ同じ空間にいない
  • 相手が近づいてきたらさりげなくトイレなどに移動して逃げる
  • 無視はせず必要最低限のマナーを守って接する

男性はあなたの何気ない行動で「彼女は自分が好き」と誤解しているかもしれません。
プライドを傷つけないように、あくまでもさりげなく距離を取って、あなたが無関心なことを気付いてもらいましょう。

常に誰かと一緒にいて付け入る隙を与えない

付き合ってないのに嫉妬する男性に対して「嫉妬させないように、他の人とは少し距離を置こう」という発想は間違いです。
「やっぱり彼女は自分が好きだ」と、男性を調子に乗らせるだけです。
むしろ、常に誰かと一緒にいて、男性に付け入る隙を与えないようにしましょう。

「誰か」は性別も年齢も問いませんが、男性が話しかけにくい人と一緒にいた方が、防御力が高まります。
男性がいつどこであなたを見ているのかわかりませんので、できるだけ1人にならないように気を付けましょう。

わざと下品にふるまって嫌われる

付き合ってないのに嫉妬する男性の目の前で、わざと下品に振る舞って嫌われる方法もあります。
目の前で思いっきり鼻をかんだり、靴を脱いで足の裏をかいたり、「え?こんな人だったのか?」と、男性が引くような行動をあえてするのです。
あえていいかげんな発言をするのも良いでしょう。

男性があなたに抱いているのが好意でもライバル心でも、幻滅すると「やっぱり好きじゃない」「こんな低レベルな人は相手にしない」と興味が薄れます。
嫌われて男性が去って行けば直良しです。

付き合ってないのに嫉妬されるのは迷惑と伝える

男性からあからさまに嫉妬された際、「どうしてそういう態度を取るの?付き合ってないのに嫉妬されても、すごく迷惑だからやめてほしい」と、ストレートに伝えるのもあり。
男性が勘違いなナルシストの場合、あなたからハッキリ伝えないと、いつまでも勝手に誤解し続けるかもしれません。

しかし、この方法は男性の性格によっては禁忌となります。
プライドが高く攻撃的な場合、逆ギレして何をしでかすかわかりません。
ストレートに気持ちを伝えるのは、「勘違いの困った奴だけど、話せば通じる」と確信を持っている場合に限ります。

立場が強い人に相談する

一歩間違うとストーカーになりそうな危険な男性の場合、あなた1人で対応してはいけません。
立場の強い人に相談し、力になってもらいましょう。
職場ならば、付き合ってないのに嫉妬する男性やあなたの上司、コンプライアンスを扱う部署の偉い人など、強い権限を持っている人を頼ると良いでしょう。

付き合ってないのに嫉妬する男性は要注意!

付き合ってないのに嫉妬する男性は、感情のコントロールが苦手で未熟な人です。
嫉妬心は自分の不機嫌を相手にぶつける自分勝手な行為。
それを簡単にするような男性とは、距離を取るのが賢明です。

「あれ?なんか嫉妬されてる?」と感じたら、早い段階で対処しましょう。
刺激しないようにさりげなく距離を取り、相手の関心の射程圏内から逃げてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*