デートを断られたのにLINEは続くときの男性心理8つ!脈あり判断チェックと対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勇気を出して誘ったデートを断られたらショックですよね。
それでもLINEが続くと、期待したい気持ちと、勘違いしたくない気持ちのせめぎ合いになるでしょう。

結論から言うと、デートを断られてもLINEが続くなら、諦めるのは早いです。
男性がデートを断ったのは、あなたに恋愛感情がないからとは限りません。

今回は、デートを断られたのにLINEは続くときの男性心理を徹底解説!
脈あり判断チェックと具体的な対処法を紹介します。

デートを断られたのにLINEは続くときの男性心理8つ

一度デートを断られると、次誘う勇気がなくなってしまうもの。
しかし、せっかくLINEが続いているのに足踏みをしていると、関係を進展させるチャンスを逃してしまうかもしれません。

それでも男性の気持ちがわからない状態で、再びデートに誘うのは怖いですよね。
一歩前に進むにしても、男性かの好意を少しは感じたいところでしょう。
そこで、デートを断られたのにLINEが続くときの男性心理から解説します。

デートは面倒だけどLINEは楽しい

男性が出不精な場合、デートに誘われると「わざわざ出かけるのは面倒だな」と思って気が乗らずに断ってしまいます。
あなたの誘いだから断ったのではなく、外に出かけるのが面倒だっただけ。
男性が誰の誘いにもなかなか応じないタイプならば、「デートは面倒、でも家でできるLINEは大歓迎」という心理状態です。

この場合、男性があなたを女性として意識していない可能性大。
あなたが勇気を出して誘ったデートも、「友達に声をかけられただけ。面倒だから断った」という認識かもしれません。

LINEの未読・既読無視はさすがに気が引ける

男性はあなたと付き合う気がないからデートを断ったけど、LINEを無視するほど徹底できない可能性も考えられます。
相手を問わず、自分に向けて送られてきたLINEを未読無視、既読無視するのは、かなり感じ悪い行為ですよね。
男性もデートは断れても、さすがにLINEの未読、既読無視は気が引けるのです。

男性は当然の礼儀として、あなたからのLINEに返信しているだけ。
友人や知人、同僚としての関係は保とうとしています。
しかし、できればこれ以上自分に恋愛的なアプローチをしないでほしいと思っているでしょう。

とりあえずキープしておきたい

あなたとデートするのは面倒だけど、関係を切るのはもったいないと思っている男性もいます。
とりあえずLINEは続けて、いざというときのためにキープしておきたいのです。
あなたへの感情は、「嫌いじゃないけど1対1で出かけるほど好きでもない」といったところでしょう。

女性をキープできる男性はマメな性格をしているので、あなたとのLINEも苦ではありません。
現時点では脈なしですが、今後関係が変化する可能性はあります。

もう少しあなたを知りたいと思っている

恋愛に慎重な男性は、「とりあえず」ではデートに応じてくれません。
女性にある程度の好意を感じるまで、なかなかデートする気にならないのです。
彼がこのタイプならば、あなたがデートに誘うタイミングが早すぎたのでしょう。

それでもLINEを続けるのは、男性があなたに興味がある証拠。
まだデートには応じられないけど、男性はLINEで少しずつ距離を縮めながら、もう少しあなたを知りたいと思っています。
LINEで上手に話を広げて親しくなれば、いつかデートのチャンスが訪れるでしょう。

デートを断ったのは不可抗力で挽回したい

デートを断ったのは本当に都合が悪かったからで、男性はLINEで挽回したいと思っているケースもあります。
「それなら、別の日を提案してくれればいいのに」と思うかもしれませんが、奥手で恋愛経験が乏しいと、そこまで考えが及ばないのです。
デートを断られたときに、あなたがサッと引き下がってしまったのなら、彼は「別の日にしようよ」と言うタイミングを逃してしまったのかもしれません。

この場合、男性はあなたに少なからず好意があります。
そのため、LINEを続けて何とか関係を修復しようとしているのです。
本当は自分から誘いたいけど、「デートを断った自分が彼女を誘うなんてダメだろう」と、なかなか行動に移せないのでしょう。

駆け引きをしている

デートを断ったのは、男性があなたに駆け引きをしている可能性もあります。
誘いに素直に応じると、自分があなたを好きなのがバレバレで嫌なのでしょう。
そのため、あえてデートを断って、あなたの気を引こうとしているのです。
デートを断りつつLINEには応じて、あなたの関心を引こうとしています。

「なんでそんな回りくどい駆け引きを…」と思うかもしれませんが、素直になれない男性はいるものです。
自分に自信がなく、女性が見せてくれる好意をなかなか信じられません。
そのため、デートを断るという駆け引きをして、それでもあなたが好意を示してくれるか試しているのでしょう。

あなたの好意に自信がなく好き避けしている

自信がない男性が恋愛をこじらせると、駆け引きではなく好き避けに走ります。
好きな女性からデートに誘われても、「冗談に違いない」「鵜呑みしてはいけない」と、ネガティブな受け取り方をしてしまうのです。
更に、「デートしたら自分がダメな男だとバレて嫌われる」と思い込み、デートを断ってしまいます。

それでも、あなたを好きな男性は、LINEがくると返信せずにはおれません。
好き避けしてしまうけど、完全に無視はできず、男性は淡い期待を抱きながらあなたとLINEを続けてしまいます。

実は誘われた自覚も断った自覚もない

ビックリするかもしれませんが、あなたが勇気を出してデートに誘ったのに、男性は誘われた自覚がない場合もあります。
「暇なとき遊びにいかない?」とか「今度飲みに行きたいね」など、日時があいまいで語尾の表現が断定的ではないと、男性はあなたの本意に気づかないことがあるのです。

「暇なとき遊びに行かない?」→「最近忙しいんだよね」
「今度飲みに行きたいね」→「仕事立て込んで難しいな」

一見誘いを断っているように感じますが、男性は会話をしているだけという認識です。
誘われた自覚も断った自覚もありません。

デートを断られたのにLINEは続くときの脈あり判断チェック

デートを断られてもLINEが続くのは、脈ありと脈なしの2パターンあります。
そこで、男性が脈ありかの判断チェック項目を作りました。
以下の項目に当てはまる数が多いほど、脈あり度も高くなります。

  • LINEでのやり取りは盛り上がる
  • 彼は基本的に即既読返信してくれる
  • あなたがLINEを送ると既読返信が早い
  • 彼からLINEが始まることもある
  • あなたのLINEを良く読んでいるとわかる返信がくる
  • あなたが質問すると丁寧に答えてくれる
  • 彼からあなたに質問されることが多い
  • LINEでも会話でも彼から他愛のない雑談をされる
  • 顔を合わせると笑顔で良い雰囲気になる
  • リアルでは話す機会が少ないがLINEになると男性は饒舌になる

男性がよほど気を遣うタイプではない限り、LINEが盛り上がるなら、あなたへの好感は高い状態です。
ただし、友達としての好感の可能性は捨てきれません。

慎重に脈ありかどうかを判断したい場合は、LINEで恋バナや恋愛相談の話題を出してみましょう。
恋愛関係の話題を男性がわかりやすく避けるなら、友達としての好意です。
男性はあなたから告白されて関係が壊れるのを恐れています。
一方、恋愛関係の話題にも積極的ならば、デートを断ったのはタイミングが悪かっただけで、あなたに女性としての魅力を感じている可能性が高いです。

毎日LINEが続く場合も、脈あり、脈なし両方のケースがあります。
以下の記事では、毎日LINEする男性心理を解説しているので、参考にしてくださいね。
付き合ってないのに毎日LINEするのは脈あり?男性心理と見極め方

デートを断られたのにLINEが続くときの対処法

脈なしの状態なのに一生懸命アプローチすると、男性はますます逃げたくなってしまいます。
一方、脈ありなのにあなたがアクションを起こさないと、男性は「デート断ったから嫌われたかも」と諦めてしまうかもしれません。

デートを断られたのにLINEが続く場合、脈ありかどうかを見極めながら臨機応変に対応するのが重要です。
具体的な対処法について、詳しく解説します。

LINEを続けて距離を縮める

男性が律儀に返信してくれるなら、LINEを続けて距離を縮めましょう。
男性が慎重な性格の場合、積極的にガンガンアプローチするよりも、時間をかけてじっくり親しくなるのが正解です。

LINEは毎日する必要はありません。
むしろ、中身のないLINEならば、しない方が良いでしょう。
以下のように男性が喜ぶ話題を選びましょう。

  • 男性の趣味の話題に合わせる
  • 男性の得意分野を質問する
  • 共通の友人や同僚の話題で盛り上がる
  • 重くない相談を持ち掛ける

日記のような報告LINEや、挨拶するだけのメッセージは、男性がどのように返信して良いかわからず、めんどくさくなってしまいます。
男性に送るLINEは、考え込まなくても返信メッセージが思い浮かぶ内容を心がけましょう。

もう一度デートに誘ってみる

男性がデートを断った理由は、不可抗力かもしれません。
もしかしたら、「また誘ってほしい」と思っている可能性もあります。
ですので、LINEが盛り上がるくらい男性と親しいなら、思い切ってもう一度デートに誘ってみるのもあり。

この場合、男性がOKを出したくなる誘い方をするのが重要です。
以下の点を心がけて、男性をデートに誘いましょう。

  • 「いつがいい?」ではなく「〇日空いてる?」と具体的日時を提示する
  • 男性が興味を持てるデート内容にする
  • 2時間前後で終わるような、手軽なプランを考える
  • 「気になるお店があるんだけど、1人は入りづらいから一緒に行かない?」など、お願いする形で誘う
  • 「父親の誕生日プレゼントを一緒に選んでほしい」など、ベタな誘い文句も有効

デートに誘う際、男性の都合に合わせたくて「私はいつでもどこでも大丈夫」と言ってしまいがちですよね。
しかし、「何でもOK」という姿勢でいると、男性が決めなければならず、それが面倒で断られてしまうリスクが高まります。
あなたが全てお膳立てするつもりで、具体的な日時や内容を示し、「YES」「NO」で返事ができる誘い方をするのがポイントです。

グループで誘ってみる

1対1のデートの誘いが無理そうなら、集団での遊びに誘ってみましょう。
慎重な男性も、集団での誘いなら、気軽にOKを出してくれるかもしれません。
「皆でカラオケ行くんだけど、あなたもどう?」「今度飲み会があるんだけど、あなたもおいでよ」など、あなたが幹事になって、彼を誘うのです。

ただし、集団で遊んで好きな男性とあなたの女友達が親しくなったら本末転倒。
女性メンバーは信頼できる友達に限定し、「〇〇さんを誘いたいから協力して」と、事前にアナウンスしておくのが大切です。

少しLINEを休んで様子を見る

LINEは続くけど、男性の反応がイマイチ良くないならば、一度身を引いて様子を見ましょう。
1週間ほどあなたからLINEを送るのをやめるのです。

この間に男性からLINEが来るなら、あなたに好意がある可能性が高まります。
LINEの頻度を減らしつつ、男性にあなたを追わせるように仕向けましょう。

一方、LINEをやめた1週間、男性から何のアクションもないなら、現時点では脈なしの可能性が高いです。
今の状態でアプローチを続けても、距離を縮めるのは難しいかもしれません。

しかし、あなたがLINEを送らなければ、このまま関係が途切れてしまうでしょう。
ですので、一旦恋愛アプローチはやめるべき。
彼女候補ではなく、友達として距離を縮める作戦に変更しましょう。

デートを断られてもLINEが続くならチャンスを待とう

「デートを断られた=脈なし」とは限りません。
LINEが続くなら、今後恋愛のチャンスが巡ってくる可能性は高いです。
現時点で脈なしでも挽回できるかもしれません。

勇気を出して誘ったデートを断られると辛いですが、彼を振り向かせたいなら、長期戦を覚悟して頑張ってくださいね。
好きな男性のために頑張ってアプローチするあなたは、とっても素敵です!

あなたから再びアクションを起こしても、結局デートを断られてLINEだけは続く状態ならば、潔く諦める選択肢もあり。
避けたいのは、脈なしの男性にズルズルと引っ張られて、あなたの貴重な時間を消耗してしまうことです。
真剣なアプローチをあいまいに断りながら期待を持たせる男性の行動は、優しさではありません。
さっさと見切りをつけて、新しい恋愛を探してくださいね。
あなたがその気になれば、出会いを増やす方法はいくらでもあります。

ゼクシィ縁結びで無料相談
ゼクシィ縁結びエージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*