ネガティブ男子の性格や行動の特徴10個!付き合い方とうざいときの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人当たりがいいのに話をすると違和感がある男性は、もしかしたらネガティブ男子かもしれません。
一昔前に女性に毛嫌いされたマザコン男子は影を潜め、今はネガティブ男子が増速中。
関りを増やさないとネガティブ男子の困った部分に気づかないので、仲良くなってから「しまった!」と後悔してしまうことも…。

そこで今回は、ネガティブ男子の特徴を徹底解説!
ネガティブ男子と上手に付き合う方法と、うざいときの対処法も伝授します。

ネガティブ男子とは?

ネガティブ男子とは、言葉の通りネガティブ思考の男性を意味します。
彼らはネガティブなので、人に嫌われないように細心の注意を払っているのが特徴です。
そのため、第一印象は好青年、知人程度の浅い付き合いなら、特に困った事態にはなりません。

しかし、一旦親しくなると、ネガティブ男子は自分の本性を表します。
「この人は自分の味方」と認識すると、ネガティブさを隠さなくなるのです。
そして、ネガティブ男子は自分の不安を取り除くため、味方に大きく依存します。
ネガティブで自分の思考や決断に自信がないので、友達や恋人に判断を仰ごうとするのです。

依存された方の負担は大きくなる一方。
深い愛情や友情がなければ、ネガティブ男子の重さに辛くなってしまうでしょう。

ネガティブ男子の特徴5個【性格編】

ネガティブ男子の性格はネガティブですが、具体的にはどのような性格的特徴があるのでしょうか。
詳しく解説していきましょう。

基本的な性格は優しい

ネガティブ男子の基本的な性格は優しく穏やかです。
人を責める前に、自分を責めてしまうタイプ。
自分に自信がないので、相手への攻撃性はほぼありません。
心根が優しく、人のためになりたい気持ちが強いです。

ただし、積極的な優しさを見せるのは苦手。
「自分なんか役に立たない」というネガティブ思考なので、自分から手を貸すのをためらってしまいます。

表向きは礼儀正しく社交的

ネガティブ男子は「嫌われないように」と考え、人付き合いに対して注意を払っています。
「感じのいい人」と思われるために、礼儀正しくマナーを守り、気まずい空気にならないように、沈黙を避けて相手に話しかけるのが特徴です。

日々人間関係について勉強しているので、マニュアル的な会話は割と得意。
そのため、一見明るくて社交的で、ネガティブとは無縁だと誤解されやすくなります。

ものすごく繊細で傷つきやすい

ネガティブ男子はガラスのハートの持ち主です。
ものすごく繊細で、ちょっとしたことで傷ついてしまいます。

例えば、相手が深く考えずにノリで発言した内容に「否定された!」と傷つき相手を避けてしまうのは、ネガティブ男子あるあるです。
「え!?そんなことで?」と周囲がビックリするような些細な出来事で、ネガティブ男子は容易に傷つきます。

心配性で警戒心が強い

超心配性な性格も、ネガティブ男子の特徴です。
最悪の事態を常に考えています。
特に、新しいことへの警戒心は強く、自分が納得するまで調べなければ、なかなか飛び込めません。
失敗するのが何より怖いのです。

急な誘いや初対面が多い場も苦手です。
「自分は上手くできるだろうか」と心配なので、断りたいのがネガティブ男子の本音。
しかし「断ったら嫌われる」と同時に心配になるため、渋々引き受けて大きなストレスを受けます。

落ち込むと立ち直るまで時間がかかる

ネガティブ男子は簡単に傷つき落ち込みますが、小さな傷でも立ち直るまで非常に時間がかかります。
傷が癒えて立ち直る前に新たに傷つき、どんどん自己肯定感を落としてしまうのは、ネガティブ男子が陥りやすい負のスパイラルです。

悪いことが続くと「自分はダメだ」と自己嫌悪を繰り返します。
そして、ネガティブ思考に磨きをかけてしまうのです。
ネガティブ男子とは、失敗を恐れるあまり、小さなミスでも大きく可能させ、回復できずに自分に自信を失った男性と言えるでしょう。

結婚を考えているなら
ゼクシィ縁結びで無料相談
ゼクシィ縁結びエージェント

ネガティブ男子の特徴5個【行動編】

ネガティブ男子はネガティブ思考によりネガティブな行動を普段からしています。
本人がネガティブさを隠していても、行動にネガティブな性格が表れてしまうのです。
次は、ネガティブ男子が良くする行動を解説していきましょう。

過剰に空気を読み異常に気を使う

ネガティブ男子は空気が悪くなるのを過度に恐れてします。
ギスギスした空気になると、自分に非がなくても責められているような気持になるからです。
そのため、過剰な程空気を読み、異常に気を使います。

仕事では空気を読み、気を使う行動がプラスに働くことも少なくありません。
上司に恵まれると、ネガティブ男子は仕事で高い評価を受けるケースも。
しかし、周囲との相性が悪いと「こんなに気を使っているのに誰も自分を気にかけてくれない。やっぱり自分はダメだ」と、深く悩んでしまいます。

とにかく確認行動が多い

失敗を恐れるネガティブ男子は、とにかく確認行動が多いです。
家を出るときは、しつこいくらい火の元や戸締りを確認。
「〇〇していい?」と、了承不要でも相手に確認せずにはいられません。
友達や彼女との約束は、前日に「明日〇〇に××だよね」と確認の連絡がくるのが特徴です。

仕事でもミス防止のため、確認を怠りません。
スピードはありませんが、納期も死守します。
仕事において、ネガティブ男子の確認行動は、周囲にややめんどくさいと思われつつも、プラスに働きます。

小さなことでも相談する

小さなことでも誰かに相談したいのが、自分に自信のないネガティブ男子の心理。
親しい相手には、どんなに小さなことでもすぐに相談します。
相談というよりも、現状を報告して指示を待つような感じです。
素直で柔順な行動はかわいいと言えますが、一事が万事なので、頼られた方は徐々に負担を感じていきます。

仕事では指示待ち人間になりがちです。
ネガティブ男子は自分で決定できないので、営業など臨機応変な仕事は苦手。
マニュアルがきちっとしたルーティーンが多い仕事の方が、安心して取り組めます。

同じ部屋にいるのにLINEを送ってくる

ネガティブ男子は親しくなった相手にも「怒っているかも」と、根拠なく不安を感じてしまいます。
なんとなく雰囲気が悪いと感じると、たちまち自分から話しかけられなくなってしまうのです。

それでも「場の空気をなんとかしなければ!」と思ったネガティブ男子は、同じ部屋にいるのにLINEでコミュニケーションを取ります。
会話できる環境でLINEを送ってくる男性は、高確率でネガティブ男子です。

褒められると全力で否定する

「自分なんて」という思いが根底にあるネガティブ男子は、褒められると全力で否定します。
謙遜ではなく、本気で否定するのがネガティブ男子の特徴です。

相手が本気で褒めても、自分に自信がないので「社交辞令に決まってる」と思ってしまうのです。
どんなに褒められても「とんでもない」「そんなことない」「自分なんか」と自己否定で返します。

親しい相手には愚痴や弱音を吐く

ネガティブ男子はネガティブ思考のため、毎日強いストレスを受け続けています。
ストレス発散先となるのが、ネガティブ男子にとって親しい相手である友達や恋人です。

「この人は自分の味方で理解者」と心を許すと、とたんに愚痴や弱音を吐き始めます。
親しくなってからネガティブ発言が爆増するなら、彼はネガティブ男子でしょう。

ネガティブ男子との上手な付き合い方

身近にネガティブ男子がいた場合、接し方を間違えるとあなたに嫌われていると誤解されるかもしれません。
刹那的な関係なら放っておけば良いですが、定期的に関わるならば、上手に付き合っていく必要があります。
そこで、ネガティブ男子との上手な付き合い方を解説していきましょう。

ネガティブ男子を好きになって付き合いたいなら、以下の記事を参考にしてくださいね。
ネガティブ男子の恋愛傾向7つと落とし方!ポジティブ女子との相性は?

基本は笑顔で接する

ネガティブ男子は人からどう思われているかを異常に気にします。
超ネガティブなので、相手が真顔なだけで「何か気に障ることをしただろうか」「もしかして嫌われている?」と不安でいっぱいになってしまいます。

ネガティブ男子と良好な関係を築きたいなら、基本は笑顔で接しましょう。
あなたがいつも笑顔で機嫌が良いと、ネガティブ男子も安心します。

感謝の気持ちをマメに伝える

ネガティブ男子は過剰に空気を読んで気遣いながら、「本当に自分の行動は合っているか」を心配しています。
ですので、小さなことでも「〇〇してくれてありがとう」と、感謝の気持ちをマメに伝えるのが重要です。

笑顔で「ありがとう」と伝えると、ネガティブ男子は自分の行動が正解だったと安堵します。
ネガティブ男子の安心感が大きくなれば、緊張せず円満に関われるようになるでしょう。

なるべく沈黙しない

世の中には沈黙が気になる人と気にならない人がいます。
ネガティブ男子は思いっきり後者。
数秒でも沈黙してシーンとすると、動悸が激しくなるほど緊張し、「え?自分なんかした?」とネガティブ思考でいっぱいになってしまいます。

ネガティブ男子と一緒に過ごす場合は、なるべく沈黙を避けましょう。
どんなに他愛のない話題でも良いので、のんびりした気持ちで雑談を楽しむのがコツです。

できるだけ否定的な表現を避ける

あなたにそのつもりがなくても「でも」「いや」「だけど」など、否定的な接続詞があるだけでネガティブ男子は傷ついてしまいます。
仕事など否応ないケースを除き、ネガティブ男子との会話ではできるだけ否定的な表現を避けましょう。

日頃から「そうだね」「わかる」と共感と肯定を心がけるのも重要です。
万が一否定しなければならないときは、「あなたの考え方(やり方など)もいいと思う」と受け止めた上で「こんな方法もあると思うんだけど、どうかな?」と、意見交換のように切り出しましょう。

うざいネガティブ男子の対処法

ネガティブ男子は一見社交的なので、「気が合う」と思って親しくなってから、「こんな人だと思わなかった」と後悔する可能性もあります。
しかし、「やっぱり違った」と、あなたが突然態度を変えると、依存状態になったネガティブ男子はパニックに陥るかもしれません。
ネガティブ男子が「怒ってるよね?謝るから」と縋ってきたり、自己嫌悪に陥って精神を病んだりしたら、あなたも困るでしょう。

そうならないためにも、親しくなってからネガティブ男子がうざいと感じたときは、少しずつ距離を置きましょう。
具体的な対処法をいくつか紹介します。

  • 話しかけられたら少しだけ会話に応じる
  • 「最近仕事が忙しくて」など、時間がないことをマメに伝える
  • 仕事や趣味など、没頭することができたことをマメに匂わす
  • LINEが来てもすぐに既読をつけない
  • 少しずつ連絡の間隔を空けていく

一番のポイントは、あなたが本当に多忙になること。
ネガティブ男子は異常に気を使うので「忙しそうなのに話しかけたら申し訳ない」と考え、自ら距離をとってくれます。
うざいネガティブ男子への対処法は、あなたが行動で忙しさを示し、彼が「仕方ない」と納得する理由を見せるのがコツです。

ネガティブ男子とは適度な距離を保とう

心根が優しく穏やかなネガティブ男子ですが依存気質。
親しくなるとあなたの負担が大きくなる可能性が高いです。

しかし、彼らは不快な行動はしないので、知人程度の距離感なら快適に付き合えます。
「彼は超ネガティブかも…」と思ったら、深入りしないのが賢明です。
ネガティブ男子とは適度な距離を保ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*