管理人の独り言(コラム)

ザ・ノンフィクション婚活漂流記から読み解く結婚相談所で婚活地獄に陥る女性の特徴

ザ・ノンフィクション「結婚したい彼女の場合」~コロナ禍の婚活漂流記~が話題だ。
30歳の女性(番組中に31歳の誕生日を迎える)の婚活をリアルに追っている。

彼女は大学時代にキスまでした男性がいたが、正式な交際はしておらず、いわゆる「彼氏いない歴=年齢」の30代。
思い切って結婚相談所に登録し、本気で結婚しようと頑張りながらも、さまざまな壁にぶつかる姿は実にリアルだった。

過去、彼氏いない歴=年齢でこじらせていた私だから、彼女の葛藤や周囲から突っ込まれる弱さが良く分かる。
それと同時に、「彼女のようなタイプは、婚活地獄に陥りやすい」と強く思った。
まだ前編を観たばかりだが、これから婚活を考えている女性のために、婚活地獄に陥る女性の特徴を解説しよう。

続きを読む

こりゃダメだ~!全労連最低賃金時給1500円主張に反対の人の言い分【無知は罪】

2021年5月31日、全労連(全国労働組合総連合)が最低賃金を時給1500円に引き上げるべきと発表した。

私はこの意見に大いに賛成である。
真面目に働いているのに、生活保護より生活が貧しいワーキングプアが発生する社会は何かが狂っている。
労働には正当な対価を。
その時給が1500円というのは、非常に妥当な数値だと思う。

しかし、世間では「最低賃金1500円なんて無理!」「そんなことしたら返って状況が悪くなる」と考える人は多いようだ。
反対意見に注目すると、「特権階級意識」「職業差別」「前例主義の現状維持法則」「すっかり企業に飼いならされた奴隷意識」など、ドロドロとしたものが見えてきた。

今回は、全労連最低賃金時給1500円以上に断固反対する人たちの意見をまとめよう。
これでは日本が不況に陥り貧富の格差が広がるのも必然だと思わざるを得ないだろう。

続きを読む